喪失のいつまで続く路の果て