カテゴリー「旅行・地域」の記事

★天地人ニュース

★天地人ニュース

天地人博に聚楽第行幸図屏風 上越、複製を追加展示 /新潟県
2009.12.10 東京地方版/朝日新聞新潟 
 上越市で発見され、全国から注目を集めた「御所参内・聚楽第(じゅらくだい)行幸図屏風(びょうぶ)」の複製が、同市の直江津屋台会館で開催中の「越後上越 天地人博」に追加展示された。
 9月12日から10月4日まで同市内で公開された本物は、現在、調査・研究中だ。期間中に見られなかった人などに天地人博と一緒に見てもらおうと、同博の主催団体が写真から90%の大きさで複製した。
 ドラマの「天地人」は完結し、天地人博も20日まで。主人公の直江兼続が活躍した時代の作品ということもあり、終盤の魅力アップにつなげたい考えだ。
http://www.tenchijin-haku.net/about/

| | | トラックバック (0)

「週刊マンガ日本史 紫式部」(朝日新聞出版)見本到着!

Photo

監修した「週刊マンガ日本史 紫式部」(朝日新聞出版)の

見本が到着!

きれいにできましたね。

★紫式部、清少納言のほかにもちろん、道綱母(みちつなのはは)も登場します。

このような本にあまり
登場しない歌人の伊勢大輔(いせのたいふ)が
カワイイ。伊勢ちゃん。

Photo_2

■その他、藤原カムイさんの
日本史人物カードで
陰陽師の阿倍晴明、村上天皇など珍しい
人が登場してます。
この村上天皇はさすがですね。
お楽しみに!!!

■桐壺の更衣、藤壷、紫の上、葵の上、

六条の御息所、夕顔、女三の宮、朧月夜、浮舟、

そして、あのかわいそうな末摘花も・・・・・・。

みんな出てくるよ。装束の色、大変でしたね。

何度も何度も駄目出ししてすいません。

【伊勢大輔情報】

★ここにも伊勢ちゃんが・・・・・・。
→「冷泉家 王朝の和歌守展」
十一月二十五日から後期なのであると思います。

★104 ◎ 伊勢大輔集 定家監督書写本藤原定家監督
書写       鎌倉時代前期1帖

http://www.asahi.com/reizei/

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

★素晴らしい温泉――柏崎のソルト・スパ

★素晴らしい温泉――柏崎のソルト・スパ

お湯がでないので逆上して行ってきました。
きれいですねえ。
売店で『文藝春秋』の新刊だけではなく
『歴史読本』の新刊も販売されていて、
びっくり。柏崎には文化力がありますね。
霰降る日本海でした。
http://www.salt-spa.co.jp/

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

桜色の庭―和風喫茶

Rafu

桜のお庭。地面が桜色。

ここは埼玉県。旧家を改造して

喫茶店(和風)にしたおうち。

楽風(らふ)といいます。

今月のメニューは「くき茶」

でした。

今日は草木染めの展示・販売。

すごい。桜の色で何色も何色もありました。

藍+桜で染めたマフラー買いました。

自然の植物で染めたものは、ほんわか

しますね。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

★『源氏物語』千年紀裏話、道長の悲願、道長の灯明皿発見か!?

★『源氏物語』千年紀裏話、道長の悲願、道長の灯明皿発見か!?

http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is60529a.htm
藤原道長(九六六~一〇二七)が日記「御堂関白記」で、一〇〇七年に同寺に参拝し「御明百万燈」を奉納したと記しており、関連が注目される。
――――――――――――――――――――――――

絵が入ると重くなる。そうか、文字だけなら軽いのか。

じゃあ、書こう(頭きれてる)。

前のニュースだけどね。
はっきり断定はできないけどね。
国宝の経筒は知ってたけど。今度は灯明皿。
経筒は今も残っているんだよ。道長の一〇〇七年の
御嶽詣での時の。経筒に「寛弘(かんこう)四年八月十一日」
って書いてあるの。すごいことだねえ。ワクワクするね。
一〇〇七年は寛弘(かんこう)四年。
一〇〇八年は寛弘(かんこう)五年
で、敦成(あつひら)誕生の年。
前年の悲願の子宝詣で。
彰子(しょうし)になかなか子どもが
生まれなかったからね。
一条天皇と結婚して九年も
たってるのにね。
(そういえばこの間、一条天皇出産場面の絵という
珍しいもの見た)
だいたいねえ、『御堂関白記(みどうかんぱくき)』
(道長のブログだよーん)
によると道長は「子守三所」(『御堂関白記』では「小」)
に行っているからねえ。
金剛蔵王様の所よりさきに行っているからねえ。
負けたくなーい、はやく産めー、
ってな感じですね。
お供の人もぞろぞろ行くわけですよ。悲願の御嶽詣で。
雨が降っているのに、ガンガン行くわけですよ。
敦成(あつひら)誕生は金峰山(きんぷせん)の御霊験かもね。迫力だ。
『栄花物語』では彰子懐妊、と聞いて
道長は涙ぐんじゃうのね。そして「御嶽(みたけ)の験(しるし)にや」
とか思っちゃうわけ。
敦成が生まれなかったら、源氏千年紀なかったかもね。
道長のお父さんの兼家なんか、御嶽詣でに行ったんだけど、
「なへぐなへぐ」道綱母の所に戻って来るのね(『蜻蛉日記』中巻)。
疲れ切ってる。でも、やっぱこういうとこ、日記は人間ぽいね。
それほど大変な道のりだったんだ。御嶽詣でって。

ついでに彰子(しょうし)もあるんですね。お経がね。
残っているのよ。金峰山じゃないけどね。
これ、ちょっとこれキナくさい話なのね。
(続きは講座で)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

菅原孝標女(たかすえのむすめ)も生誕1000年を記念

★更級日記情報

更級日記の著者で、少女期を現在の市原で過ごしたとされる菅原孝標女(たかすえのむすめ)の生誕1000年を記念し、歴史や演劇の好きな市原市民有志が、孝標女を主人公に平安時代の市原を描いたオリジナルの野外音楽劇を11月1日、同市国分寺台中央の国指定史跡「上総国分尼寺跡」の回廊で上演する。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/chiba/news/20081025-OYT8T00685.htm

| | | コメント (0)

★★和泉式部情報――性空上人坐像内に遺骨! 本人のものか

★★和泉式部情報――性空上人坐像内に遺骨! 本人のものか
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/080815/acd0808152059007-n1.htm

★性空上人のもとに詠んでお送りした歌・・・・・・和泉式部
★私は情念の暗闇からさらに深い闇へと迷い込んでしまいそうです。どうか、山の端の月よ、はるかに照らして私をお導き下さいませ。(『拾遺和歌集』一三四二)
■性空上人のもとに、詠みて遣はしける  
■冥(くら)きより冥(くら)き道にぞ入りぬべきはるかに照らせ山の端(は)の月

| | | コメント (0)

瀬戸内さんとともに

Photo

三越ミッツの目次。

瀬戸内さんとともに写真が

載りました。

私が手にしているのは、

『蜻蛉日記全注釈』です。

| | | コメント (0)

新潟三越のインタビュー記事から

Mitu

新潟三越のインタビュー記事から

| | | コメント (0)

「えんま市」中越沖地震の被災地復興、がんばれ柏崎

「えんま市」中越沖地震の被災地復興、

がんばれ柏崎
http://mainichi.jp/area/niigata/news/20080615ddlk15040047000c.html

柏崎東本町でえんま市がはじまりました。
66666

えんま堂の前。

333333

| | | コメント (0)