カテゴリー「携帯・デジカメ」の記事

★東のエデン 1/1 ノブレス携帯、あっという間に完売

★東のエデン 1/1 ノブレス携帯、あっという間に完売

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100725_wf2010_s_eden_of_the_east/

| | | トラックバック (0)

新潟県の皆様、たけしのニッポンのミカタ!放映されます。

★新潟BSN
2009年6月6日(土)
16:00  たけしのニッポンのミカタ!今さら戻れない!ケータイと上手く付き合う方法 
※文付枝見てくださいな。最後の方、チラッと映っております。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

たけしさん、国分太一さんに提出した文付枝(ふみつけえだ)

PhotoPhoto_5 

「たけしのニッポンのミカタ!」で

放映された文付枝たち。桜襲(さくらがさね)の

文付枝(ふみつけえだ)三種。

(クリックすると大きくなります)

都合、三回作りました。苦労したのは

植物を買い求めること(梅を出したかったのですが

もう終わっていました)、和紙を結ぶこと、そして、

色で「白色」を出すことでした。桜襲がなぜ

緑系、もしくは青系なのかわかりました。

普通の白を重ねても茶色系になってしまうんです。

昔の桜は白。下地に色をひかないとはっきり

写らない白。微妙な色です。

まんなかは紅系(蘇芳に近い)+白色の桜襲。

下はひねり文風。

Photo_3

★榊の文付枝(クリックすると大きくなります)

スタジオ収録の前日。夜中にテレビ局の方が

取りに来てくださいました。とても熱意ある

方々でした。

でも、花は生花、そして切ったの

でより命が短く・・・・・・。水も付けられず(和紙が駄目になるので)

大変でした。

意外なことに、当日、榊の文付枝が枯れてしまった、

という連絡が携帯に。御息所の怨霊でせうか。

神様の植物、おごそかな榊に付けられた

手紙。その格式ばった文付枝のなかに、光源氏と六条御息所の

哀しみがそっとこぼれ落ちているようです。

→『王朝の恋の手紙たち』

Photo_4

★山吹の文付枝

クリックすると大きくなります。

山吹は花びらが散ってしまうので没となりました。

だから花びらをくるんだのでせうか。→言はで思ふぞ(『枕草子』)

三月収録なので人文学部最後(最期)の大仕事。

花屋さんを何軒もまわり、和紙を買い求め・・・・・・。

『蜻蛉日記』(かげろうにっき)の書陵部本(しょりょうぶぼん)

も映りました!「こころ」と「ころ」で問題になるところ。

すごくきれいに映りました。現代語訳も大きく映りました。道綱母、見てますか―。

『蜻蛉日記』、あまり読まれず、ごめん・・・・・・。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ビートたけしさんと王朝のメール

Tv

――テレビピアより――

クリックすると大きくなります。

ビートたけしさんが手にしているのは、

王朝の文付枝(ふみつけえだ)です。

ちょこっと映ります。

雪のついた松。がんばって作りました。

徹夜で作りました。

→詳細は『王朝の恋の手紙たち』(角川選書)。

作り方は『三條中山口傳(さんじょうなかやまくでん)』などによります。

■たけしのニッポンのミカタ!

(ビートたけしさん、国分太一さん)

http://www.tv-tokyo.co.jp/mikata/

■四月二十四日(金曜日)十二チャンネル(テレビ東京)
夜十時~十一時

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

新刊『王朝の恋の手紙たち』のお知らせ

もうそろそろ(十日)出版。

ドキドキです。

Photo

手紙の話もメールの話も入っているよ。

【冒頭にびっくり】

 メールがどこか別の所に行ってしまったらしい、そんな経験をしたことはありませんか。

 私の所には学生から「あの川村だって風邪ひいたんだってさ」というメールがくることがあります。たぶん、友だちに送ろうとして彼(彼女)は宛て先を間違えてしまったのですね。

・・・・・・さてさて続きは?本屋さんで見てね。

【『源氏物語』のなかで大好きな手紙をあげました】

 でも、二人は最後になって、現実的な距離を超え、心を通わせました。そして、別れの苦しさを二人でじっと耐え忍んだのです。妄執や苦悩でふさがれていた暗く長いトンネル、闇のトンネルを抜けて・・・・・・。

・・・・・・さて、この二人はいったい?

【モバイルも登場?】

★瞬間必殺技とモバイル

ここには、かの『源氏物語扇面散屏風』をあげています。フフ。

【写真も千年前?】

「内容も千年前だけど写真も千年前?」と私の写真

を見た同僚がよくいうわけですね。

『王朝生活の基礎知識』

の時とかね。違います!

いつも1年以内に撮っております。

今回も去年の一月に撮りました。

ただ、今回は少しメタボになって、私自身としては、

本来の「はかなさ」が不足しているかなあ、といった

感じです。

須貝さんの挿絵、きれい!

各章ごとの扉絵!かわいい。

私の本では使ったことがない

道綱母の絵もあるよ。

本体1400円です。

『王朝生活の基礎知識』より

安くなりました。

ぜひぜひ読んで下さいませ。

また、このなかには入試問題になった

所がたくさんありまする。フフフ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)