« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

2024年4月

目次通過!!よかったね

おおおおおおおおお。

目次通過。

良かったね。

一八本か。

でも論集よりは薄いよね。

| | | コメント (0)

今日は惟規の歌と

今日は惟規の歌と

格闘。

飛んでますが

うまい歌ですね。

| | | コメント (0)

頼通(新古今歌)

をられけりくれなゐにほふ梅の花けさしろたへに雪はふれども
(雪はふれれど)

| | | コメント (0)

仲人斡旋業

仲人斡旋業。

病院からの帰り。

呉服やさんと仕立屋さんを

結びつける仕事。

仲人斡旋業はうまくいきました。

最近多いのね。斡旋業。

独身なので仲人はできませんが、

いろいろと結びつけております。

少しは社会の役に

立っているかな。

行ったり来たりでつかれたぴ。

| | | コメント (0)

💊

はやくはやく。

トロいな。

薬。

| | | コメント (0)

さすがに眠いね

さすがに

眠いね。

💤😭💤

| | | コメント (0)

中華

ちゅうか

食べたい。


| | | コメント (0)

あと八人

あと八人。

八人だよ。


| | | コメント (0)

スタバ

Dsc_11232

スタバのモーニング高い。

駅前のカツ丼の方が

安いよ。

今から病院なのね。


| | | コメント (0)

病院に持っていく

病院に

持っていく

資料を

集める。

写真トル。

ファイルを

取りに行くこと。


| | | コメント (0)

今日はメールを

きょうは、メールを

書くこと。


| | | コメント (0)

量が

自分の論文かさばり

ますね。

そうでもないか。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

今日は病院ですね。

雨かな。

| | | コメント (0)

馬鹿馬鹿しい

何かと量がかさばりますね。


| | | コメント (0)

五月ですか

もう五月。

こいのぼりですか?

はやすぎる。

ただ過ぎに過ぐるもの(『枕草子』)。

ですね。

 

| | | コメント (0)

五月の計画

★五月の計画

割とらくらくかな。
■一日 本の打合せ
■十三日 同窓会
■十五日 病院検査
■二十二日 東京銀座ロータリークラブ講演
■二十五日~二十六日 中古文学会

 

| | | コメント (0)

今日のブログ訪問者数って

今日のブログ訪問者数、クリック数。
★416→クリック数 230→訪問者数
もしかして私の書いた物で最も読者数が多いかな。

| | | コメント (0)

今日は断念陰陽師

今日は断念。陰陽師0。

疲れてね。

夕方だからパスでした。

校正の時間がないのね。

毎日時間がないのね。

 

| | | コメント (0)

最近

最近

配信をたくさんしているので、

本業がおろそかに、などと言う人ありて、立腹す。

来年の十一月まで書いたよーだ。ふふ、ふふふ。

ケンキュウケンキュウという人ほど(後は言わない)

Kenkyu

 

| | | コメント (0)

白菊

■ドラマで出てきた白菊オマージュ拾遺和歌集の歌か拾遺はあの花山院が選んだ歌集。花山院も道隆もはかない、そして中関白家も…「今日か明日か、いつ死ぬかわからない命。白菊も長寿だけどわからない。我身も…わからない」(今日かとも明日ともしらぬ白菊のしらずいく世をふべきわが身ぞ#光る君へ

| | | コメント (0)

おおお詮子出した

詮子出した。連載校正。

ふふふ。

和泉式部日記と関係ありなのだよ。

歌ね。和歌が読めないとね。

 

| | | コメント (0)

一応和歌文学大辞典でアリバイ証明を

Photo_20240429211301

最近、研究者じゃないみたいに言われるので

存在証明。和歌文学大辞典より。

両方やるのは大変なんだよ。

締め切り守るからね。ふふ。ふふふ。

 

| | | コメント (0)

まひろの書いた歌はなんと深養父の歌

■まひろが書いた重ね書きの和歌は、なんと清少納言の曽祖父の歌。「私が恋死にしたら、あなた以外の評判はたちません。この世は無常なものだと言い張ってみても…」「こひしなばたが名はたたじ世の中のつねなきものといひはなすとも」(『古今和歌集』恋歌二、六〇三、深養父)
深養父歌の特徴は「誇張表現」。→「清原深養父」(川村裕子『一冊の講座古今和歌集』所収、有精堂、一九八七年)ああああ書いたの忘れてましたね。
ちなみにこの歌は和歌文学大系の古今和歌集によると源氏の竹河に影響があるとか……。

Photo_20240429211001

 

| | | コメント (0)

きのうからつづいているのでおはようがなかったね

今日はもう夕方になってしまいましたね。

詮子の話の校正がまだできませんね。

あとは昨日の反省ですね。

そうか、という点が多いのね。

これは即日開票、即日配信がポイント。

昨日のことは忘れます。

何食べてかもおぼえてない。

なるべくドラマの瞬間が良いですね。

とはいえ、右腕がめっちゃ疲れます。

ううううう。

 

| | | コメント (0)

ぶらっくじゃっく

Skm_c250i24042918351

いこう 一条朝が待ってるぞ

| | | コメント (0)

さすがに

さすがに

ちょこっとつかれ。

図書館でレファレンス。

論文頼む。

夕飯。

ちょっと今日は

陰陽師0はあきらめる。

図書館で自分の本の並べ替えを

売り上げ順にしようと思い

出て来ないのが不思議、

といった失態になりました。

 

| | | コメント (0)

Wi-Fiにつながらない

Wi-Fiにつながらない。


| | | コメント (0)

掲載論文名執筆者名一覧―『平安朝の文学と文化―紫式部とその時代―』

★昨夜のトップポスト→

これを読まないと大河は語れない。
→★『平安朝の文学と文化 紫式部とその時代』(川村裕子編、武蔵野書院)としてブログに飛ばしたポスト
→ブログ訪問者174、クリック数257。
ありがとうございます(泣)
掲載論文名執筆者名一覧

https://www.musashinoshoin.co.jp/shoseki/view/3014/

| | | コメント (0)

昨日の追加

★『拾遺和歌集』(一二五七)雑恋
■白菊が象徴する歌はこれ(川村推測)。拾遺和歌集はあの花山院が選んだ歌集。花山院も道隆もはかない、そして、そして、中関白家も……。「今日かそれとも明日か、いつ死ぬかわからない命。白菊も長寿だけれどわからない。いくつの世を生きながらえる我身なのだろうか。命ははかない、はかなすぎる」(今日かとも明日ともしらぬ白菊のしらずいく世をふべきわが身ぞ)(『拾遺和歌集』一二五七、雑恋、よみ人しらず)#光る君へ

★『拾遺和歌集』一二五七、雑恋、よみ人しらず「女の許に菊ををりてつかはしける」です。白菊のはかない、はかなすぎる歌……。#光る君へ


■長徳元年(995)2月23日条の長毒について。→藤相公、示し送りて云はく、「長徳、俗忌有るに似る。長毒と謂ふべきか」の藤相公については諸説あり。公任とする説、道兼とする説(「改元部類」大日本史料第二編の二、二七四頁)

| | | コメント (0)

★第十七回目大河ドラマを100倍楽しむ方法


★第十七回目大河ドラマを100倍楽しむ方法

無料配信のはじまりですね。
筋には直接関係はない
王朝ミニ知識などが入っております。
どうかお許しを~

★九九四年
■乙丸(まひろの従者)はまひろに道長の看病のことを語ります。このように従者の役割は大切です。#光る君へ

■まひろは何もおぼえてない。せつない、せつなすぎる……#光る君へ

■道隆さまの後ろは漢詩衝立ですかね。#光る君へ

■喉がかわくのは糖尿病の症状。ただ「水をのみきこしめす」人々(伊尹、道隆、伊周)がすべて糖尿病ではなかったようです。道隆の死因は糖尿病と言われていますが、当時はやっていた疫病という説もあります。→『病悩と治療 王朝貴族の実相』#光る君へ

……明子と頼宗
■チビは頼宗(よりむね)さまでしょうか。苦労人俊賢さまですね。俊賢さまは源高明の子どもで苦労したのね。明子さまの兄上です。#光る君へ

■頼宗では明子は哀しい思いをしました。詮子の四十賀。倫子の子・頼通との舞の話。二人とも童舞を舞いました。頼宗が上手だったので、師匠が褒美を貰います。怒った道長は立ち去ったのです。頼通が正妻の子で頼宗より可愛いからですね。ひどい。#光る君へ頼通はむかひ腹(正妻の子)、頼宗は外腹(ほかばら)(正妻でない人の子)

……悲田院
■悲田院(ひでんいん)のような施設を作ろうとする道長。土御門家なので倫子さまの方がお金持ち。倫子さまが補助するのね。#光る君へ

■荘子(そうし)。人間が自己の知性にふりまわされるむなしさを説いた本。すべてをありのままに受け入れる。#光る君へ
→老子・荘子 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫 124 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典) https://amzn.asia/d/d033Ch8 #Amazon @Amazonより

■先週道綱がまひろのことを道長に話してドッキリする場面がありました。実は道綱は道長の妻(倫子)の妹と結婚しているのですよ。道長と道綱、姉妹と結婚。好きな女子のタイプが似ていたのかも。そう、源氏の大君と中君は似てましたよね。#光る君へ

……偵察する百舌彦
■道長は百舌彦をまひろの偵察に行かせます。和泉式部には有能な小舎人童(こどねりわらわ)という従者が出てきます。この人は帥宮(そちのみや)に仕えていて、和泉式部のことを偵察にきました。#光る君へ

■当時は百舌彦(道長の従者)と乙丸(まひろの従者)みたいに従者どうしが仲良くなりました。『和泉式部日記』に出てくる小舎人童(こどねりわらわ)〈和泉式部側〉と樋洗童(ひすましわらわ)〈帥宮(そちのみや)側〉は、情報交換しています。#光る君へ

…………斉信さま
■斉信(なりのぶ)さまと清少納言。『枕草子』のなかでも仲良しですね。前の夫は橘則光(たちばなののりみつ)。#光る君へ

……晴明と道隆……
■目のかすみ、喉の渇き、手のしびれ。「ご寿命が尽きようとしております」安倍晴明は見離したか。#光る君へ

……改元……
長徳(ちょうとく)

★九九五年
■年号を長徳に。九九五年。長徳は長毒に通じるという俗忌(ぞっき=忌嫌うこと)がありました。「長徳は俗忌ありて長毒というべきか、また日本の年号、徳の字、只天徳なり。彼年(天徳年間には)、疫癘(えきれい=伝染病)あり、また内裏の焼亡ありてへり」(「改元部類」『大日本史料』二篇の二、二七四頁)。#光る君へ

……政治的対立
■内覧は、摂政関白に準ずる職。定子は伊周を内覧にしたい。政治家定子。

■詮子は道兼を関白にしたい。道兼注目度高し。道兼は九九五年四月二十七日に関白となります#光る君へ

■ロバート実資さまは、例によって、いろいろな政治的な動きに「往古未だかくの如きことを聞かず」(昔からこんなこと聞いたことない!→実資さまの口癖)でした。(『小右記』九九五年三月八日)#光る君へ

……女友だち……
■まひろの女友だち(さわ)が登場。紫式部は女友だちが多いので有名。『百人一首』に入っている「めぐりあひて見しやそれともわかぬまに雲がくれにし夜半の月かな」(ようやくめぐり逢えたのに、あなたかどうか分からない。そんな短い時間で、あなたはあっという間に帰ってしまったのね。まるで、雲に隠れしてしまった夜中の月みたい)も友だちね。#光る君へ

■昔も今も名文を書き写すのが文章上達法なのですね。「ただそなたの」末尾は「かしこ」ですね。#光る君へ

■紫式部の女ともだちについては『紫式部女房たちの宮廷生活』(福家俊幸、平凡社新書)が最新にして詳細。#光る君へ

■「書くこと」の何かがまひろに乗り移ったようです。#光る君へ

……月……
■いつも二人を照らす月。どんなに離れていても月の光は二人をいつも照らし続けます。#光る君へ

■九九五年三月二十日に没。藤原朝光。公卿ですからみんなと一緒にいたんですね。#光る君へ

……道隆没……
■道隆さま没。四十三歳。九九五年四月十日。とうとう道隆さまが亡くなってしまいました。ここから中関白家の凋落がはじまってしまうのです。#光る君へ

■「忘れじの行く末まではかたければ今日をかぎりの命ともがな」(『百人一首』五四番)「忘れない、と言われても将来までは信じられないのです。だから今日、「忘れない」と言われた今日が最後の命であってほしいのです」。貴子の後半生は哀しいものでした。幸福のなかで死にたい、ということばはつらい、つらすぎる。#光る君へ

■【拡散希望】道隆さまについてはこちらをどうぞ(涙)
https://kadobun.jp/serialstory/oucyojiten/entry-92077.html

【道隆】兼家は「今来むよ」(『蜻蛉日記』上巻)が口癖(これは道綱が真似してました)。そして、息子の道隆も「あてにさせながら来ない」(頼めてまうで来ざりける)(『後拾遺集』六八〇番)。やること似てる。二人とも冗談(猿楽言=ギャグ)ばかり言っているところもそっくり。#光る君へ

【道隆】道隆は鳴滝と都を行ったり来たりしてすっかりやつれた道綱を心配してます。そして鳴滝に道綱母を迎えに来たのですね。優しい所のある道隆さま。今考えると不思議かもしれませんが、母が違えど、子どもたちは交流あります。(『蜻蛉日記』中巻)#光る君へ

【道隆】『枕草子』一〇一段「淑景舎、東宮にまゐりたまふほどの事など」は、はなやかな雰囲気に包まれ、定子さま、原子さま(定子さまの妹)、そして明るい道隆さまが描かれています。これは道隆さまが亡くなる約二ヶ月前のことでした。つらすぎる……。→『新訂枕草子上』一八二頁#光る君へ

【道隆】道隆さまは兼家の息。だから舞は得意。九条一門は舞の家。「中関白(道隆)御舞、宇治殿(頼通)、大二條殿(教通)みな秘曲をしろしめさす」(『文机談』)#光る君へ

■『枕草子』は哀しい出来事を書かず明るく書いている、と言う説と敦成親王が産まれるまでは敦康親王(定子の子ども)が東宮の可能性があるのでサロンのアピールで明るく書いたのだ、という説が昔から対立してますね。#光る君へ

■参考文献
これを読まないと大河は語れないのね★
http://kageyuko.cocolog-nifty.com/blog/2024/04/post-621410.html

■さわが書き写したまひろの文の一部→(…)いみじうあはれにおもはるる ただそなたのをらぬことをばおもふにつけていとわびしきここちぞするらむ(ひどく悲しく思われます。ただあなたのいらっしゃらないことを思うにつけてもとてもわびしい気持ちがするのです)

■道隆さまご乱心です。寿命が短かったのでさぞご無念であったことでしょう。
ちょっと短いですね。明るい中関白家の描写ね。#光る君へ
■参考文献
■『紫式部伝』(上原作和、勉誠社)■『新訂枕草子上』(河添房江・津島知明、角川ソフィア文庫)■『蜻蛉日記Ⅰ』(川村裕子、角川ソフィア文庫)■『病悩と治療 王朝貴族の実相』(瀬戸まゆみ、臨川書店)■『紫式部女房たちの宮廷生活』(福家俊幸、平凡社新書)■『大日本史料第二編之二』(東京大學史料編纂所) #光る君へ
…………

| | | コメント (0)

終わりましたね

終わりましたね。

来週の予習が大変。

 

| | | コメント (0)

■これを読まないと大河は語れない。

 

■これを読まないと大河は語れない。
→★『平安朝の文学と文化 紫式部とその時代』
(武蔵野書院、川村裕子編)
★立ち読みあり
https://www.musashinoshoin.co.jp/shoseki/view/3014/


推薦のことば 原岡文子


序 川村裕子

『三条右大臣集』試論             荒井洋樹
紫式部の歴史認識─光源氏の人生にそくして   今井 上
古典文学における性的同意
   ─紫式部とその時代と、私たちの時代のために─
                       大津直子
『源氏物語』橋姫巻の和歌解釈─大君は落涙したか─
                       岡田貴憲
紫式部における漢籍女房と歌人女房
   ─『紫式部日記』の消息文から─     河添房江
『紫式部日記』十一日の暁の記の表現について
   ─「紫式部日記絵巻」との相関から─   川名淳子
文付枝という文化─『蜻蛉日記』の「うつろひ菊」を中心に─
                       川村裕子
下田歌子と『源氏物語』─女子教育黎明期の平安文学─
                       久保貴子
藤原賢子三題─転換期の摂関家と王家─     栗山圭子
皇太后藤原姸子の正月儀礼         東海林亜矢子
『源氏物語』において揺り戻される時間     陣野英則

対峙する「光源氏」─平安朝後期物語にあらわれた源氏物語─
                       須藤 圭
紫式部の三つの著作              高木和子
紫上の死地
  ─『源氏物語』「御法」巻における即日葬送をめぐって─
                       竹内正彦
『紫式部日記』首欠説をめぐって─中世からの視野─
                      田渕句美子
『夜の寝覚』における女房たちとの恋      千野裕子
寺院空間としての法成寺
   ─その混沌と、女房たちの「その後」をめぐって─
                       中村成里
小袿における時代性
   ─色彩・かさね色目の表現を中心として─
                      畠山大二郎
平安文学と遣唐使─物語に寄り添う制度と文化─ 原 豊二
『紫式部日記』の藤原道長─硯・召人・『源氏物語』など
                       福家俊幸
解釈と注釈そして文学としてあることの狭間で
   ─源氏物語英訳における文学的美意識─ 緑川眞知子
『夜の寝覚』の故老関白─記憶・予言・言説─  宮下雅恵
平安期の女房装束─〈禁色〉をめぐって─    諸井彩子
『栄花物語』における藤原道長最晩年期の造型
   ─光源氏の投影について─        山本淳子
モノから読む『和泉式部日記』
   ─「木の下闇・青草」「築土」「小舎人童」攷
                       渡辺開紀

終わりに                   川村裕子
本書掲載論文の概要
執筆者紹介

 

| | | コメント (0)

心内語の苦労→ソフィア文庫『蜻蛉日記』

Photo_20240428110501

今日は『蜻蛉日記』分科会。美しい山本さんの資料。

他の注釈書と違いまして、

角川ソフィア文庫(新角)のみ心内語を「」でつけてあります。

二十一年間の日記に心内語を指定するのが

どれだけ大変だったか、

思いやっていただければ、

幸甚にございます(泣)。

 

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️


| | | コメント (0)

明日は

かげろうにっき

分科会

お昼ですね。

| | | コメント (0)

池袋は嫌いなので

池袋は混んでてきらい。

西日暮里にきた。

なんで南浦和どまりなのだ。

ひどすぎる。

| | | コメント (0)

いつもまよう高田馬場

いつもまよう。

いやだな。

高田馬場。

西武線乗り換えに行ってしまう。

方向ダメ。

駅から家もダメ。

池袋から母校なんてもっとダメ。タクシーだ。

うっ。

| | | コメント (0)

美容院に行った。

美容院に行った。

やったー。

今日は録画なのでね。

原稿かかないでいいのね。

やったー。

 

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

今日は録画。YouTube。

早稲田です。

| | | コメント (0)

少しね

少し

眠れました。

朝方ね。

美容院ね。

| | | コメント (0)

くもり

くもりかな

寒いかな。


| | | コメント (0)

睡眠

すいみん

不足かな。


| | | コメント (0)

テレビの仕事、その推移

テレビの仕事、その推移

昔は電話で「××をクイズに出すけどいいですか?」

ダメダメダメダメと言う私。

が繰り返されましたね。

時間がないので、有料とか無料とか言ってる悠長な時間なく

無料。

その後、プロダクションからの依頼が多くなりました。

途中で消えてしまうプロダクションあり、

有料といいつつ、ない場合もあり、

名前を載せる、といいながら、見えない場合もあり、

何度も直すシナリオのこともあり。

最初から自分がやった方がはやい、

と思いましたが…………。

それを言うと職業の尊厳が。

というわけで、トホホ状態でした。

その後は、だいたい編集の方々に

話がいった場合は、編集の方々に判断して

いただきました。

今度はNHKのプロディューサーからの

直接の依頼でした。

僭越ですが、今までのこともあったので二回面接しました。電話でね。

すごい知識。うかがったら、

卒業論文が源氏物語!!

よって、二回分のシナリオは直す必要全くなし。

ほんと、楽しい仕事でした。

打ち合わせの時には机の周りに

スタッフがいて、質問の嵐でした。

ゼミのような雰囲気のなかで、

いろいろと調査すべき所が出てきました。

そして次の日までに「カット」を願い出た所もありました。

出たのはほんの二分(撮影は二時間弱)でしたが、いろいろと勉強になりました。

と思ったら、今度はまたすごいのが来ましたね。

「ホントは過酷な平安時代」とかいうクイズ。

なんか人選間違ってませんか。

ドカーンとシナリオとんできて、

監修してくれ、とだけ。

条件は全くなし。

めちゃくちゃな内容でしたね。

ごはん食べたら離婚になる、とか。

こちらからメールは二回まで、と限定したら、

じゃあ、いいです、ということでした。

なかなか判断がつかないのが

テレビの仕事ですね。

さすがに活字の場合は、

判断はつきますよね。

 

 

 

| | | コメント (0)

やったー、出しましたね。

ヤッター。出しましたね。

目次ですね。

今年は本が少ないな。

まだ三冊ぐらいね。

本の季節は終わったか。

本→雑誌→講座に

うつってきたか。

 

| | | コメント (0)

今日の失言

作者というと怒られ、

登場人物というと古い、

と言われ。

→ここらあたりから

文学がつまらなくなりましたね。

 

| | | コメント (0)

お疲れ

Dsc_1142

 

| | | コメント (0)

電話で聞いたらないといわれた

電話で聞いたらないと

言われた。

まあゆっくり聞きましょう。

無料ダウンロードすると

すぐに有料に行けとか

言われるのね。

| | | コメント (0)

おおおあつくなりました。すごいですね。

Photo_20240426175801

| | | コメント (0)

パルコに行こう

パルコに行こう。

今日は伊勢丹ではないのね。

でんきやさんね。

パソコンでDVDが見られない。

| | | コメント (0)

そうか

そうか。

ウィンドウズでは

むりだったのね。

DVDですね。

 

| | | コメント (0)

講座

6月講座。

資料。

四十枚~パワポ

二時間はきついな。



| | | コメント (0)

目次終了

目次作ったよ。

今度は単著。


| | | コメント (0)

サラダ

Horizon_0001_burst20240426132629376_cove

サラダ。

写真が大きいかな。

 

| | | コメント (0)

情熱的な本

Hhh

| | | コメント (0)

『平安朝の文学と文化―紫式部とその時代―』(武蔵野書院、川村裕子編)できました!

Photo_20240426100901

ありがとうございます(泣)

最後はバタバタで大変で

ございました。

しかし、当初の予定どおり、

四月中にできました!

関係された方々に心より

御礼を申し上げます。

川村裕子

| | | コメント (0)

一日おきに

一日おきに

眠れなく

なりますね。


| | | コメント (0)

一応

一応、喫茶店ノルマ達成。

帰ろ。


| | | コメント (0)

焦りまくり

自分の方が違ってると思った。

違う。

あーよかった。

今日は献ぽんリストと

原稿一つ送る。

疲れたね。

焦ったね。

ストップかけてたけど、連載校正再開オウケイを出した。

| | | コメント (0)

今日は大変

スマホのカバー

買った。

紫式部日記の注釈書買った。

週刊文春買った。

間違ってなかったね。

赤染ね。


| | | コメント (0)

よしよし一つ終わり

よしよし一つ終わり。

提出した。

ちょっと外に行こうね。

今日は晴れてますね。

 

| | | コメント (0)

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

昨日はぐっすり。

講座のおかげ。

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます。

スマホカバーが

壊れました。


| | | コメント (0)

大修館の

大修館の許可がとれたのね。

麻田さんの力。

| | | コメント (0)

夕顔流すことができました

再現の日本語。

夕顔流すことが

できました。

めでたい。良かったね。

 

| | | コメント (0)

眠いね

眠いね。

午前三時の怪。


| | | コメント (0)

なかなか大変そう

なかなか

大変そう。


| | | コメント (0)

美容院

美容院だ。


| | | コメント (0)

毎日☂️で

毎日☂️で

いやですね。

😖⤵️😖⤵️ですね。


| | | コメント (0)

明日も寒い

あしたも

☂️で寒いようです。

いやだな。


| | | コメント (0)

血液取られて

きょうは、血液とられて

ふらふらになりました。

くらくら😵💫

| | | コメント (0)

ムリムリ

ムリな仕事は

断る。断った。

でも、後味が悪いな。

ただ、体力を考えるべし。

テレビの監修はきつい。

きつすぎるのね。



| | | コメント (0)

へたれ

きょうは、

血液検査で

ガックシ。

あさぬき。

カーブス

行ったらふらふらになりました。


| | | コメント (0)

うわー名刺

名刺を取りに行く。

忘れてた!


| | | コメント (0)

スリムでイケメン

スリムでイケメンの

文使いはどこに

行ったか。


| | | コメント (0)

メンズメイク

メンズメイク

について

プラス

すること。


| | | コメント (0)

血液検査

血液検査終わり。

あとはメイクアップを

書く。

メール二通書く。

伊勢丹行く。

黒酢買う。

すごーくお腹すく。


| | | コメント (0)

カセットテープ

ふるいものなので

カセットデッキが必要。

大変なことであった。

でも、ラジオも聞けるように

なって良かった。


| | | コメント (0)

今日は

今日は寒かったな。

睡眠不足だったけど

それなりにおもしろく。

復元の源氏、

とても怖い。

特に歌が。


| | | コメント (0)

もう何も食べてはいけない

もう何も食べてはいけない

のであった。

明日は採血なのであった。

大変だ。

| | | コメント (0)

明日はまた

明日はまた採血

でしたね。

大金を払って

怒られるのね。

眠いな。

 

| | | コメント (0)

もう疲れた

ねむい。

もう疲れた。

帰ろ。

今伊勢丹なのだ。

あーあ。

たくさん資料持ってきたのに、

眠くて駄目だ。


| | | コメント (0)

サラダ買った

サラダ買った。

明日採血。

高いのねー。

自動おろしき。

今なんていうのか。


| | | コメント (0)

ようやく

ようやく

夕顔のテープいれた。

平安朝復元のやつ。

怖いよー。

特に和歌が。


| | | コメント (0)

生協に行く

せいきょうに

いった。

今日はのんびり。

横になったり、

明後日の講座の用意したり

ですね。

腕が取れそうね。


| | | コメント (0)

大変なのだ

まあまあ

ですが、

明後日の講座の

予習しないとね。

明日は採血なのでね。

| | | コメント (0)

眠いので

ねむいので

午後はゆっくり

そのためメール5。

チビ校正1

チビ原稿3

出す。

といっても原稿は出典を

取ったりしただけ。

眠いね。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

とはいいつつ

寝不足だね。

| | | コメント (0)

眠れないね

眠れないね。

昼間うとうと。


| | | コメント (0)

★第十六回大河ドラマを100倍楽しむ方法


★第十六回大河ドラマを100倍楽しむ方法

★平安時代へようこそ!!★
無料配信のはじまり、はじまり~
推測して作るので時間が
少しずれるかも。
許してね。
よろしくどうぞ。
#光る君へ

■この間の石山ですね。『蜻蛉日記』ですね。さわは、のけものになったのかな。確かに道綱はまずいことをしました。空蝉を思い出しましたね。#光る君へ 

■まひろのおじいちゃん(為信)の兄弟(為雅)は道綱母の姉婿。だから親戚モードばっちり。まひろは『蜻蛉日記』を読んでます。なお為雅は花山天皇側。つまり、まひろの父と同じ政治的立場でした。#光る君へ #蜻蛉日記

■書くことで己の悲しみを救う。だから言葉に強い響きが宿っているのです。『蜻蛉日記』。#光る君へ #蜻蛉日記
★新版 蜻蛉日記I(上巻・中巻)現代語訳付き (角川ソフィア文庫 44) https://amzn.asia/d/0W4cpH9 #Amazon @Amazonより

 

九九四年

■行成の『古今和歌集』の写し!春歌が見えますね。写真は伝行成筆古今集切の一筆箋。#光る君へ

■斉信の献上品の時にちらっと清少納言が映りましたね。斉信とせいちゃんはあやしいのね。#光る君へ
平安男子の元気な!生活 (岩波ジュニア新書 930) https://amzn.asia/d/7oo6JHa #Amazon @Amazonより

■香炉峰の雪ですね。これは有名。『白氏文集』の「香炉峰の雪は簾を撥ねて看る」を清少納言はすかさず使いましたね。定子は雪を見たかった→『新訂枕草子下』172頁(角川ソフィア文庫)。#光る君へ

■香炉峰。ここでは定子さまは笑っていらっしゃいます(笑はせ給ふ)。いつもいつも定子さまは明るく笑っていらっしゃいます。#光る君へ
平安のステキな!女性作家たち (岩波ジュニア新書 976) https://amzn.asia/d/9dWNh6W #Amazon @Amazonより

■雪山の段も『枕草子』で有名。十二月十日あまりに降った雪で作った雪山。それがいつまでもつかどうか。清少納言は一月十五日と言いました。それなのに十四日に雪山がなくなりました。それは定子さまの仕業だったのです。悔しがる清少納言。ここでも定子さまと一条天皇は笑っていらっしゃいます。→『新訂枕草子上』400頁

■行成様は道長様と帝の両方が好き#光る君へ

■伊周は直衣だったのですね。公任さま(町田啓太さま)が怒っている。ただ直衣参内もありました。
#光る君へ

■この当時はある程度の地位になると直衣で参内できました。「雑袍(ざっぽう)の宣旨(せんじ)」を受けるとOK。あまり知られていないことかもしれませんが、藤原兼家は九六三年の二月二日に「雑袍の宣旨」を受けています(『元享四年具注暦裏書』)。#光る君へ

■兼家は直衣で参内できるので、この姿に「寝間着」のような注釈を付けるのは間違っています。→『装いの王朝文化』参照。#光る君へ

……音楽
……音楽と詮子……
……音楽……
■正暦四年(九九三年)一月三日。東三条院に行幸。この時の音楽会はなんと詮子の所だよ。一条天皇は笛、実資さまは琵琶!お腹の上にかっこよく琵琶が乗りそうです。見たい!ですね。#光る君へ

■琵琶の実資さまはあいかわらず「この月は詮子さまの忌月(きげつ)(=命日のある月)なのに、音楽会あるはいかが」と言ってますね(『小右記』)。誰の忌月か?それは、詮子さまの母・なんと時姫さまの忌月。だから通常は自粛モードなんですね。#光る君へ

■王朝の演奏は基本ライブ演奏。だからうまくなりたいですね。楽器やってると痛切に思います。「琴や笛など習う場合もまた、それほど上達しないうちは、上手な人のように早くなりたい」と思われるようです」(『枕草子』「うらやましげなるもの」→『新訂枕草子下』一五三段30頁)#光る君へ

■詮子が女院になったのは九九一年(正暦二年)。東三条院(とうさんじょういん)。と呼ばれます。#光る君へ

■詮子はすっかり悪役になってますが、彼女は身体が弱かった。四十歳で亡くなります。亡くなったのは行成さまのお邸でした。倫子や明子の年れい。その半分にもいかない生涯でした。かわいそう。#光る君へ

■【おまけ】詮子は道綱母と歌関係でつながってます。『道綱母集』によれば一条天皇の五十日に道綱母は歌を贈ってます(『道綱母集』二七一)。また、なんと兼家の正妻・時姫の法華八講(時姫は九八〇年没)にも道綱母は歌を詮子に贈ってます(『道綱母集』二九〇)。この法華八講は九九〇年。兼家没の年でした。#光る君へ

■彰子さまはまだかわいい。彰子さまは八十七歳で没。土御門女系は長生き。穆子(ぼくし)(八十六歳)→倫子(りんし)(九十歳)→彰子(八十七歳)

……疫病……
■貞観政要→帝王学の教科書です。唐の太宗が群臣と政治上の得失を問答したもの。
★貞観政要 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫) https://amzn.asia/d/d0uulvi #Amazon @Amazonより

■疫病については次の論文無料ダウンロードどうぞ→河添房江「『源氏物語』と王朝の疫病」より。J-STAGE Articles - 『源氏物語』と王朝の疫病 #光る君へ
https://doi.org/10.34492/bungakugogaku.231.0_88

■このころは疫病(伝染病など)がすごいことになってました。『蜻蛉日記』の石山詣でにも「河原には死者が転がっていると聞いたけれど(河原には死人も臥せりと見聞けど)」とあります。(★『蜻蛉日記』Ⅰの152頁)#光る君へ

■道綱も九七四年に疱瘡になります。疱瘡は天然痘のこと。八月の二十日ごろから九月初旬まで。兼家はそっけない対応でしたが、道綱は治りました。またこの時は兼家の家の人々も病気になりましたが、みんな治りました(『蜻蛉日記』下巻)。強運。#光る君へ

■紫式部の伯父さんの代表歌「この世に生きていて欲しい、と思う人ほど亡くなってしまうものなのだ。どうしてだ、どうしてなんだ」(世の中にあらましかばと思ふ人なきがおほくもなりにけるかな)という歌も、長徳元年(九九五)疫病のために亡くなった人々に対して詠んだ慟哭。死別の哀しさに苦しんでいます#光る君へ

■道隆の後ろは漢詩屏風ですね。#光る君へ

■悲田院(ひでんいん)は救済事業と遺骸の処理をやったそうです。都の東西に悲田院が置かれました。施薬院(せやくいん)の方は、貧しい病人を治療した施設です。医家の丹波氏が担っていたということです。#光る君へ

■いつも紙燭の灯りと月の光が、変わらない光で二人をあたたかく、くるんでいます。
#光る君へ


……火事……
■正暦五年(九九四年)だとすると、二月十日、二月十七日に内裏放火事件がありました。#光る君へ ★『一条天皇』259頁の年表

■平安時代、内裏の火事は十四回ぐらいあったと言われています。放火や自然発火(明かりが直火だったため)が原因のようです。なお、消火方法は桶で水をくんで火にかけたそうです。#光る君へ

■番組前に配信【おまけ】初めて職場に行くのはとっても緊張しますよね。清少納言も泣きそうになってます。(「宮にはじめてまゐりたるころ」『新訂枕草子下』一七八段五五頁)、紫式部もつらさを嘆き(『紫式部集』九一)、孝標女(たかすえむすめ)などはビビって早退しました(『更級日記』★ビギナ更級124頁)。#光る君へ

………
■参考文献
■『紫式部伝』(上原作和、勉誠社)■『新訂枕草子上下』(河添房江・津島知明、角川ソフィア文庫)■『一条天皇』(倉本一宏、吉川弘文館)■『装いの王朝文化』(川村裕子、角川選書)■『蜻蛉日記の表現と和歌』(川村裕子、笠間書院)■『大日本史料第二編之一』(東京大學史料編纂所) #光る君へ
…………
■こまろだ、久しぶりに登場ですね。倫子様。恐い。

| | | コメント (0)

ようやく

ようやく

まともに

なります。

よくある

発作。

自律神経のね。

 

| | | コメント (0)

グロッキー

今日は

昼間。

疲れてダウン。

少し腕が痛くなりました。

少し横になってました。

時々なるのね。

それでも連載11回目

彰子完成しました。

和歌がたくさん入ります。

 

| | | コメント (0)

腕が

うでが

痛いな。

といいつつ

お昼ね。


Dsc_11362

| | | コメント (0)

二つが

ふたつが

重なったからね。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

暑いのかな

寒いのかな


| | | コメント (0)

眠いよ

戻りました。

眠いよ。


| | | コメント (0)

カーブス&喫茶店

Dsc_11342

@モンテス。


| | | コメント (0)

うつらうつら

きょうは、うつらうつら。

一つ終わったのですごく眠いよ。

眠いのは💊のせいか。

眠くなるのよね。

糖尿病の💊。

やめよう。


| | | コメント (0)

軽いタッチで新資料

軽いタッチで新資料。

説明するわけですね。

人間性は歌にでますよね。

歌というのは和歌です。

彰子の和歌はやさしいです。

このような歌風は、はやらない。

そうですか。

人間学ではないですかね。

 

| | | コメント (0)

眠い眠すぎる

一つ本ができそうなので

ぐったりですね。

腕がとれそうになってきました。

今度の論集は

日記がはいってますね。

やはり紫日記が多いかな。

 

| | | コメント (0)

『平安朝の文学と文化―紫式部とその時代―』(武蔵野書院)

★『平安朝の文学と文化―紫式部とその時代―』(武蔵野書院)
絢爛豪華な執筆者一覧(順不同敬称略)
●原岡文子(推薦文)●河添房江●福家俊幸●久保貴子●宮下雅恵●山本淳子●高木和子●陣野英則

●川名淳子●岡田貴憲●大津直子●畠山大二郎●荒井洋樹●中村成里●渡辺開紀 ●今井上●竹内正彦

●田渕句美子●諸井彩子●千野裕子●須藤圭●原豊二●緑川眞知子●東海林亜矢子

●栗山圭子●川村裕子(編)

 

| | | コメント (0)

平安朝の文学と文化 紫式部とその時代

編集をいたしました

『論集平安朝の文学と文化ー紫式部とその時代ー』(武蔵野書院)ができあがりました!!

当初は5月になるかもしれない、と言う危惧がありましたが、無事出版となりました。今後ともなにとぞよろしくお願い申し上げます。

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️


●彰子か。どうするか。



| | | コメント (0)

今日は5通ぐらい

今日のメールは

5通ぐらい。

書きました。

 

| | | コメント (0)

おおお訪問者100超える。クリック数302ですね。

302 PV
昨日: 189 PV
122 Visit
昨日: 82 Visit

今日の訪問者と

クリック数でした。

| | | コメント (0)

サニーレタス

サニーレタスを

電子レンジで

ふかした?

すごく小さくなったので

一束たべてしまいました。

ポン酢です。

朝イチではベーコンとコンソメでした。

ラップをパッチリかけないのが

コツでした。

 

| | | コメント (0)

足の

あしの

治療終了。


| | | コメント (0)

皮膚科行く

ひふか

行くこと。


| | | コメント (0)

今後の社会活動。何か忘れてるような気が。

4月24日(水曜日)角川講座3回目
4月27日(土曜日)早稲田のユーチューブ録画
5月22日(水曜日)銀座ロータリー講演
5月25(土曜日)、26日(日曜日)中古文学会
6月1日(土曜日)富士見市市民講座

何か忘れているような気がする。

→連載五回分作成

→これをハヤクハヤクですね。

 

| | | コメント (0)

今日はメールびより。また2通きた。

今日はメールびよりですね。

2通きましたね。

ああああ、

6月1日講座。忘れてゐた。

富士見市民大学。

ああああ。

| | | コメント (0)

今日はメール11通でした。

今日はメール11通でしたね。

書いたのね。

薬のせいで眠い。

書道行きました。

墨を買わなければね。



 

| | | コメント (0)

明子から倫子方へ

明子から倫子方へという

解説をもう一度見ること。

香炉峰クイズを作ること。

 

| | | コメント (0)

急激に寒い

急激に寒い。

寒くなってきましたね。

時姫方に薬玉を贈るのはいつだ。

→『蜻蛉日記』下巻

47頁です。

あたり前ですが、道綱は兼家邸に出入りしてますね。

当たり前田と変換れました。あたりまえだのくらっかー。

この時は道綱母は詮子方に贈ってます。詮子の居る時姫方に

贈ってますね。(下巻一五七段)

道綱が運んでます。大夫の参るにつけてものす。

詮子は十一歳。道綱は十八歳。兼家四十四歳。

天禄三年ですね。

 

 

| | | コメント (0)

薬で

薬、糖尿病の薬で

眠い。

これはまずい。

タリーズでずっと寝てましたね。

なんだか寒くなってきました。

 

| | | コメント (0)

★所属のご報告

★所属のご報告
川村は本年(2024年年)4月1日より武蔵野大学
日本文学研究所客員研究員を委嘱されました。
昨日大学より委嘱状が届きました。病気で大変ご迷惑を
お掛けしたにもかかわらず、このたびのご高配、
大変ありがたく存じます。深く深く感謝申し上げます。
これからも古典の普及に邁進していきたいと
存じます。なにとぞ日本の古典文学を
よろしくお願い申し上げます。

| | | コメント (0)

たくさんやることが

たくさんやることが

ありすぎて

ぼんやりただすむ。

 

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

今日は書道ですね。

間に合わない。

宿題ね。

硬筆ですね。


| | | コメント (0)

すまほが

すまほが熱くなってきた。

もうだめだ……………………。

 

| | | コメント (0)

おくすりたくさん

おくすりたくさん。

足がしびれ。

道隆よりもひどいかも。

糖尿病。

すごくしかられる。

 

| | | コメント (0)

やめたら?

おしえることを

バカにする

研究なんて、

やめたら?

不要。

| | | コメント (0)

4月16日

4月16日。

八時半~

採血。

夜十時以降は食べてはだめ。


| | | コメント (0)

歩きながら

あるきながら、

どいてどいて、

と言っているそうだ。

妹に言われた。

ハヤクハヤク

にしようね。


| | | コメント (0)

あと少し

さくいん、

あと少し。

彰子のね。


| | | コメント (0)

うおー

おこられ。

すごい。

糖尿病ね。

カーブス行く。


| | | コメント (0)

いくら言っても

いくら

言ってもですね。

DOCOMOの

メッセージ

なくせ。

メールね。

うるサーイ。

それでなくてもメールが多いのだ。

メッセージRとかSとか、

うるさいぞ。


| | | コメント (0)

病院

病院到着。

伊勢丹行かなきゃですね。


| | | コメント (0)

病院

病院は二時からになった。

お皿は半分に割れるしな。

いやだな。

今から食べたらまずいよね。

昼ナシ。

お腹空いた😵

| | | コメント (0)

土佐日記、教育関係で最高の論文!ダウンロード可

古典学習入門期の高校生へ向けた授業に関する一考察

―「日記文学」のリライトを通して―(宮澤宏枝)

https://cir.nii.ac.jp/crid/1050006120693018880?lang=ja #CiNii

そもそも日記文学は「公開されたつぶやき」なのでSNSと相性が良い。

リライトは読み込まないとできない。「日記系女子」のアカウントで

(本垢→kino_kajin)(内緒)、フォロワーは紀友則さんがリツイート。

タグは#近所トラブル#私の松の木どこ?、最後は「この投稿は消すかもしれません」

→最高ですね!

表現形態が違うと感情に差異が出るという本質に生徒が気付く。これは言葉の

本質ですね。論文中の「人生最後の古典の授業」という言葉に涙する。

 

| | | コメント (0)

カノン

日記文学はカノンだそうだ。

だからどうしたら良いのか。

そもそもカノンか。

研究者少ないから継承でき

ないよ。

昔は日記やってると

就職できないって言われたよ。

どこがカノンか。

| | | コメント (0)

病院午後から

病院午後から。

眠い。

昨日は土佐日記の教育系の論文

読んで感激!

眠れなくなった。

糖尿病の検査だ。

足が痛い。

もうだめだ。

| | | コメント (0)

出身校の絵


工事現場に絵をはる。

文化都市ですね。

これ、出身校の絵。

受験校で嫌だったけど

ユニークな先生がいて面白かった。

社会の先生、半年間沖縄のお話でした。

Dsc_11282


| | | コメント (0)

明日は

あしたは

糖尿病の検査だ。


| | | コメント (0)

明日は伊勢丹行く。

明日は伊勢丹行く。

→明日も。

洗顔石けんですね。

買わなくてはね。

 

| | | コメント (0)

彰子さまの歌集めも

彰子さまの歌集めも

ちょっと途中ですね。

うたあつめ。

歌風。

こんなことがいつごろから

なくなったのかなあ。

昔からか。

 

| | | コメント (0)

●「芸能きわみ堂」(Eテレ)再放送情報

●「芸能きわみ堂」(Eテレ)再放送情報
だそうです。よろしければどうぞ(泣)
■第一回目(前編)
再放送 4月12日(金)13:10~13:40
第二回目(後編)
再放送 4月19日(金)13:10~13:40

| | | コメント (0)

靴はなんとか

靴はなんとか

昔の大きな靴で

クリア。

靴擦れは痛いですね。

| | | コメント (0)

今日は二度寝で

今日は二度寝で

疲れましたね。

病院も混んでいて

がっくりでした。

十時から二時までかかった。

来週はやすみだよん。

| | | コメント (0)

今日の夕飯など

Photo_20240416212501

星乃のミニパフェ。

太り過ぎ。

夕飯も食べる。

太り過ぎ。

Osushi_20240416212401

ちらし寿司。

京樽でした。

 

 

| | | コメント (0)

靴擦れが

靴擦れがひどいな。

太ったせいだ。

痛いな。

腕は昨日ジムに行ったので

痛くなるのね。

 

| | | コメント (0)

病院は

病院は時間がかかる。

頭に来る。

ハヤクハヤク。

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

二度寝して病院いった。

靴がきつい。

腕が痛い。


| | | コメント (0)

DOCOMOの

DOCOMOの

メッセージRとか

Sとかうるさいぞ。

DOCOMOに言ったが

停められないそうだ。


| | | コメント (0)

マスク

ますくが

暑すぎるね。

あとは💊。


| | | コメント (0)

御堂関白集

御堂関白集

を見ること。

しょうし

ですね。

お腹空いた。


| | | コメント (0)

咳をしたら

咳をしたら、

みんながよけた。

待合室ね。

乾燥してるのね。


| | | コメント (0)

ハヤクハヤク

あとは💊ですね。

マスクが暑いよ。

ハヤクハヤク。


| | | コメント (0)

病院着いた

病院着いた。

二度寝したのね。

大変だ。

| | | コメント (0)

閲覧地図の衆議院って

ここには閲覧地図(企業)が出ます。

なぜだか

名前ではなく地図ね。

だいたいいつもの出版社とか

大学とかですが。

おお、天下の東大からも見られてますね。

そのなかに衆議院ってあるんだけど。

何かまずいこと言ってますかね。

まあ、いいや。

少子化対策はおやじばかり。

とか書きましたね。

でも、本当のことなんだから仕方ないよね。

 

| | | コメント (0)

唐絵屏風

たった三分のために、

この唐絵屏風はすごい。

東三条邸。

兼家さまのお邸に

あったものですね。

右下は清少納言さまです。

1_20240416045001

| | | コメント (0)

久しぶりの文房具新情報、おすすめ(250円)

Photo_20240415201401

フリクション新製品。細字。0.3からある。

細字なのに色が濃い。

ペン先に秘密が。

シナジーチップという細いペン先ですね。

おすすめ!パイロットです。

| | | コメント (0)

苦手な歌論

Photo_20240415165801

赤染和泉優越論。俊頼髄脳は和泉の話だけですね。

苦手。歌論。歌見てた方が好き。

歌論って論理国語みたい(失言)。

| | | コメント (0)

本文をさきにみること。

Photo_20240415140601

一条天皇の笛の先生高遠の家集は、

花山院との贈答歌から始まります。

ちゃんと敬語使ってますね。

注釈書や論文を先に見ないで、

作品をちゃんと見ましょうね。

発見のよろこびがありますよ。

参考文献は後で見ようね。

 

| | | コメント (0)

道長絶倫

明子と倫子の

高年齢出産

四十越え。

を書いたら、

道長も絶倫という

リプライが。

さもありなむ。

英雄色を好む。


| | | コメント (0)

眼科

痙攣のため眼科へ。

目薬もらう。

パソコン🖥️は

控えよ、ということでした。

それは無理ですね。


| | | コメント (0)

絶滅危惧種を救ってね(涙)――教員採用試験に出た日記文学――

絶滅危惧種を救ってね(涙)――教員採用試験に出た日記文学――

★教員採用試験と日記文学
■■■二〇一一年 鳥取県『土佐日記』
→『土佐日記』最終部分
問題、見し人の松のちとせに見ましかば遠く悲しき別れせましやの歌に詠まれている心情を十字以内で簡潔に説明しなさい。
→娘を亡くした悲しみ。
『土佐日記』の最終部分、そして本質部分が問題文になっていますね。
→『王朝文学入門』135頁

■■■二〇一一年 奈良県『更級日記』
そのかへる年の十月二十五日・・・・・・。
→初瀬詣で。
■■■二〇一一年 鳥取県『土佐日記』
→『土佐日記』最終部分
問題、見し人の松のちとせに見ましかば遠く悲しき別れせましやの歌に詠まれている心情を十字以内で簡潔に説明しなさい。
→娘を亡くした悲しみ。
『土佐日記』の最終部分、そして本質部分が問題文になっていますね。
→『王朝文学入門』135頁

■東京都『更級日記』二〇〇八年
(東京都)とどめおきてわがごと物や思ひけむ見るにかなしき子しのびの森
→子しのびの森の所ですね。
■長野県『更級日記』二〇〇三年
★『更級日記』と同時代に書かれた日記文学作品を四つすべて漢字で書き、
四作品に共通する特徴を二つ書きなさい。

★『和泉式部日記』出題一覧
■埼玉県(高校)二〇〇三年七月
■香川県(高校)二〇〇三年七月
■茨城県(中学)二〇〇八年七月
■栃木県(中学・高校)二〇〇八年七月

日記文学をよろしくね(涙)。

| | | コメント (0)

久々の300超え

昨日: 323 PV 昨日: 142 Visit

昨日は久々の300超えですね。

ブログね。

ありがとうございます!

| | | コメント (0)

また一週間の予習が

また一週間の予習が

大変ですね。

おはようございます。

今日は寝坊のため

コンピュータからです。

 

| | | コメント (0)

★第十五回目大河ドラマを100倍楽しむ方法

★第十五回目大河ドラマを100倍楽しむ方法
★今回は九九三年にできごとが美しくまとまっておりましたね。■九九三年、道隆独裁/■九九三年、清少納言初出仕/■九九三年三月十三日、弓の試合/■九九三年、雅信没

★平安時代へようこそ!!★
無料配信のはじまり、はじまり~
今日は石山中心になるかも。
どうかお許しくださいませね~。
#光る君へ

★ああ篇つぎですね。漢字の高度な遊び。旁(つくり)(漢字の右側)を示して、それに偏(へん)(漢字の左側)をつけて漢字を作りました。
#光る君へ

★公任さま(町田啓太さま)の家から出ない道兼。圧迫していた父・兼家が亡くなって放心する道兼。道長の黒袍がきれいね。最初は緋色の袍でしたね。#光る君へ
→道長カップ

★九九三年。道隆独裁。実資は心配していますね。なお、この回は九九三年で、できごとのつじつまがあってますね。#光る君へ

★惟規(のぶのり)は大学寮の試験パス。定員四百人程度。最終試験に残るのは二〇名程度。試験も難しいのね。だから惟規は頭悪くない。「擬文章生」→「文章生」。夕霧の話を思い出してね。夕霧が試験に受かるまでの勉強は大変でしたね。#光る君へ

★琵琶は単調にきこえるけれど、弾く人の思いがこぼれ落ちているのですね。#光る君へ

★おお。一条天皇は笛の名手で有名。文化人の一条天皇は家集も集めていたみたいです。『権記』一〇一〇年六月十九日〈後撰集、行成が書いたもの〉、『紫式部日記』〈拾遺和歌集〉などなど。ただいま調査中。#光る君へ

★九九三年。清少納言が定子の所に初めて行った時のことが『枕草子』の「宮にはじめてまゐりたるころ」に出てきます。(一七八段)→『新版枕草子』下の269頁。定子の御手は「薄紅梅色」。定子登場の場面でも定子は梅の扇を持ってましたね。#光る君へ

★中宮大夫は中宮職。#光る君へ

★弓の話(『大鏡』)。九九三年三月十三日の『小右記』の記事によると言われていますが……。道長いわく「私の家から帝やお后さまが出るはずなら、この矢よあたれ」「私が摂政関白になるのが当然ならこの矢よ当たれ」びしばし当てる→『平安男子の元気な!生活』二〇四頁#光る君へ

★おお、倫子は最後の出産が四十四歳高齢出産、明子は四十二歳!倫子は九十歳まで、明子は八十五歳まで長生きしました。子どもの数も同じ。二人は似てる。そう、道長は健康女子が好き。健康は子孫繁栄には欠かせないファクター。#光る君へ

★源雅信、九九三年没。雅信はなんでもできるナイスガイでしたね。#光る君へ

……石山寺

★物詣では最初に局を予約します。三、四日以上続くからね。それから持って行くものは灯明(とうみょう)と願文(がんもん)です。願文にはお願いごとを書きました。そう現世利益。また、物詣でのなかで夢を見て、それを占ったりもしました。源氏フリーク孝標女が書いた『更級日記』にたくさん出てきますよ。#光る君へ

★石山寺は、有名な物詣のメッカですね。藤原道綱母、清少納言、紫式部、和泉式部、菅原孝標女の作家女子たちも行ってます。また詮子も行ってます。ほとんどの貴族が行ったと言えますね。『石山寺縁起絵巻』には、なんと孝標女、道綱母が描かれてます。今はイベントで賑わっているとか。#光る君へ

★お寺でばったり。これは『源氏物語』でもありますね。玉鬘たちと右近が海石榴市(つばいち)でばったり会いますね。この時は長谷寺(はせでら)でした。#光る君へ

★道綱母が亡くなったのは兼家没の五年後です。六十歳。九九五年。#光る君へ
だから九九三年には生きています。五十八歳くらいか。まひろは二十一歳ごろ。
年齢的にはおかしくない。

★おおおおお、「嘆きつつ」ですね。日記を書くことで自分を救う。書くという行為は平安女性たちにとってどういう意味を持っていたのか。#光る君へ

★紫式部集のなかには心と身体の相克が描かれる歌がありますね。

★九九三年まひろは二十一歳ごろ、道綱は三十八歳ごろ。だから会っていてもおかしくはない。ちなみに清少納言は、二十八歳ごろ。まひろと清少納言も年齢的には会っていてもおかしくはない(あくまでも年齢のみ)。→ジュニア新書『王朝のステキな!女性作家たち』の年表は全員ありますので便利です。#光る君へ

★男子が忍んでいくと二人女子がいて、一方の女子が逃げる。源氏のオマージュですか。そう、空蝉と軒端(のきば)の荻(おぎ)。空蝉は小袿を残して逃げました。軒端の荻は可哀想。#光る君へ

★道綱は和泉式部との贈答歌などもあり、風流貴公子。歌合も主催(長能〈道綱母の弟〉出席)。妻はなんと倫子さまの妹です。#光る君へ

★道綱は和泉式部と贈答歌あり。「泣き濡れて和泉式部という名は絶えたと聞きました。でも最近はたくさんの人が泉を汲んでいるとか……〈袖ぬれていづみといふ名は絶えにきと聞きしをあまた人の汲むなる〉」(道綱詠『和泉式部集』二三五)道綱母はすでに没。ママ代作の可能性なし。#光る君へ

★『蜻蛉日記』の石山詣で。道綱母は王朝女性の物詣でとしては珍しく石山寺に徒歩で行きます。下巻によると『蜻蛉日記』の物詣では子宝祈願。自分の力ではどうにもならない子宝を求めて、道綱一人であった道綱母はたくさんのお寺を回ります。悲しみを通り越して残酷ですらあります。#光る君へ

★石山寺関係でよく解釈の問題になる『和泉式部日記』の「仏の御前にはあらで」。
これは当然ですよ。前立観音の前にいたからね。ご本尊は隠れているのでね。今もこの前立観音は石山寺にあります。年代的に古いので和泉式部は見ています(断言)。
だれも言わないけどね。#光る君へ

………
■参考文献
■『紫式部伝』(上原作和、勉誠社)■『新訂枕草子下』(河添房江・津島知明、角川ソフィア文庫)■『道長ものがたり』(山本淳子、朝日新聞出版)■『蜻蛉日記Ⅱ』(川村裕子、角川ソフィア文庫)■『平安男子の元気な!生活』(川村裕子、岩波ジュニア新書)■『蜻蛉日記の研究』(上村悦子、明治書院)#光る君へ
…………

| | | コメント (0)

パワポ終わった。赤染終わった。アマゾンで本三冊買った。

久しぶりのパワポでしたね。

だいぶできました。

あとは印刷ね。

| | | コメント (0)

今日は十二時ですね。記事の公開ね。

今日は十二時ですね。

記事の公開ね。

そうか。

赤染終わり。

歌論集みつからないので

買った。高いね。

| | | コメント (0)

違う読みを普及させるのは

違う読みを普及させるのはまずい。

特に研究者がインチキ書くのはまずい。

 

| | | コメント (0)

まとめ方が違うポスト

まとめ方が違うポスト

いんちきポストには注意しましょう。

 

| | | コメント (0)

また足の腫れ物が

また足の腫れ物が

痛くなってきた。

薬をのんだり、

塗ったりしました。

寒いじゃないか。

| | | コメント (0)

おはようございます

おはようございます。

今日はコンピュータなので

遅くなりました。

大河の設定年数は

いったい、いつになっているかな。

寒いね。

| | | コメント (0)

今日は

今日は赤染を書きおえる。

ちょっと和泉式部と比較されるのは

かわいそすぎるね。

紫式部や和泉式部が同僚なのは

きつい。

大村はまさんが同僚に

いたらきつい。

| | | コメント (0)

寒いじゃないか

寒いじゃないか。

ヒートテックをやめたら

寒いじゃないか。

まだまだですね。

 

| | | コメント (0)

眼科

眼科は

いつ行く。

ひー。

目が痙攣

| | | コメント (0)

今日は

きょうは、

メール3。

資料2送付。


| | | コメント (0)

二回目きわみ堂

二回目きわみ堂。

ここでは青海波の話など。

音楽の話でしたね。

Photo_20240414000201

| | | コメント (0)

変な説明文

ウィキペディアの冒頭に変な

文言が追加されましたが、

無視して下さいませ。

 

| | | コメント (0)

自治会にて。

あしたの予習終わった。自治会へ。

■桜の花を誘う嵐。その庭には嵐によってはらはらと桜が散っています。でも、ふっているのは、花ではなく

私自身……。(百人一首、藤原公経)

 

Horizon_0002_burst20240413153811815

 

| | | コメント (0)

あと二つね

あと二つね。

プロフィールと

連載ね。

昨日のまとめね。

 

| | | コメント (0)

中古文学会振り込み終了

振り込み終了。

昔は当日参加にて

「名簿にのってないよ~」

と言われていました。

郵便局に行く時間がない。

伊勢丹には行くけどね。

 

| | | コメント (0)

間違いだらけの

間違いだらけのポスト

が多すぎる。

ウィキペディアのまるうつし。

道綱はボンクラではない。

困ったね。

 

| | | コメント (0)

おわりましたあしたのだけ

終わりました。

明日のだけ。

大変でしたね。

石山中心になります。

 

| | | コメント (0)

内閣府

昨日は内閣府の

方もいた。

改革案つくるときの

プロセスも聞いた。

敵は足下にいる。

またそれを通す時は

黒幕必要とも。

黒幕は政治家。

政治家は何も考えない、

とも。

| | | コメント (0)

仲間内

蔵人に決定権がないとすると、

国語の改革は

バツバツ審議会ですか。

なんだ仲間内じゃないか。

敵は足下にいるというわけですか。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

寝坊ですね。

連載ですね。


| | | コメント (0)

足がつる

足がつる。

昨日あるいたからかな。


| | | コメント (0)

テレビ

てれびは

勉強に

なりましたね。


| | | コメント (0)

寒いね

今日は寒いね。

上野で打合せ。

そうか。黒幕がいるのね。

論理国語ね。

蔵人には決定権ないよね。

| | | コメント (0)

これからロータリークラブの

これからロータリークラブの

打ち合わせなのだ

| | | コメント (0)

イチゴ

いちご

三パックが九百円は安い。

生協ね。

今から電車に乗るのだ。

やはり雨が降ってきた。

ひー。


| | | コメント (0)

遺影がとんでるみたい。

Koko

スマホが勝手に作った。

遺影が飛んでるみたいですね。

| | | コメント (0)

関係ない

糖尿病と

腫れ物は

関係ないって。

腫れ物は十年前から

通っているということでした。


| | | コメント (0)

今日もよろしくお願いいたします!

芸能きわみ堂 (Eテレ 21:00〜)

『大河ドラマ「光る君へ」連動企画!愛と嫉妬の能「葵上」(後編)』

| | | コメント (0)

Wi-Fiが入らない

どこもWi-Fiが

入らない。


| | | コメント (0)

病院着いた

病院の優先順位が難しいね。

原稿の優先順位も難しいけど。

きょうはね。

腫れ物ですね。

眼科は明日にしようね。

今日は打ち合わせなの。

ロータリークラブね。


| | | コメント (0)

無料

むりょうで

配信して

無料で質問に

答えてたら、

講座に

来るわけない。

講座は有料。


| | | コメント (0)

今日は

きょうは、

時間が

飛び飛びに

なるのでね。

予習系列ね。


| | | コメント (0)

ビギナーズ

ビギナーズなのに

売れないよ。


| | | コメント (0)

今日は

きょうは、

明日の資料つくり。

その他

なにもしてない。

まずい。


| | | コメント (0)

この写真

Center_0001_burst20240410180114313_cover

| | | コメント (0)

終わった

おわった。

明日の資料つくり。


| | | コメント (0)

今日はここらへん

今日は

ここらへん病院

やすみなのね。

木曜日は医師会ですね。

 

| | | コメント (0)

きのうのこうざ

Photo_20240411135001

| | | コメント (0)

大変だ明日打ち合わせだ

明日打ち合わせだ。

資料つくらねば。

忘れてた。

今日は書道だ。

予習の時間がないよね。

ううう。

 

| | | コメント (0)

ようやく

ようやく

食べた。


| | | コメント (0)

できもの

あした病院。

足に腫れ物。

糖尿病で腫れ物って

まずいような。

道長を思い出すなど。


| | | コメント (0)

間に合った

まにあった。

トンカツ。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

しょどうですね。

連載のストックが

なくなってきました。

ひえー。


| | | コメント (0)

何が

なにが

目的?

ツイッターでは

名前売れないよ。


| | | コメント (0)

当分

連載が

切れてきました。

当分は連載の仕事。

あと十人。


| | | コメント (0)

連載が足りないのだが

連載が足りないのだが。

こういうのが困るのね。

明日は書道だぜ。

 

| | | コメント (0)

出版社や大学を

出版社や大学を

ルーズだと言いますが。

一般会社もルーズだよ。

ほうれんそうもないわけね。

| | | コメント (0)

連載が間に合わない

おおおお、

連載が間に合わない。

ひー。

| | | コメント (0)

美容院行った

美容院行った。

大変だ。

ユンケル飲んだ。

打合せ終わりました。

これからですね。

| | | コメント (0)

講座

こうざ。

ユンケル買う。


| | | コメント (0)

寒すぎ

さむすぎ。

ゴミ出し。


| | | コメント (0)

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

少し寒いね、

赤染。

の次は誰にするかな。


| | | コメント (0)

眠い。

ねむいね、

明日は講座だね。

寒い。

| | | コメント (0)

★おすすめ本―『紫草紫屋文集 往きて往かざる日々』(神野藤昭夫、花鳥社)

★おすすめ本―『紫草紫屋文集 往きて往かざる日々』(神野藤昭夫、花鳥社)
著者のエッセイ。といっても研究上貴重なエッセイを含みます。
特に第九章は研究者の横顔がいきいきと描かれています。どんな人たちが
研究の礎を築いてきたか、動きのある文体で書かれています。
厚いけど、あっという間に読めてしまいます。おすすめ!

Kanto

| | | コメント (0)

あらしですね。

ぼろぼろ。


| | | コメント (0)

💊の処方箋

はやくはやく。

💊の処方箋。


| | | コメント (0)

大雨

きのう

買った傘。

パラソル⛱️の

形なのでアウト。

風をはらむのね😭


| | | コメント (0)

病院到着

病院到着。

雨がひどすぎ


| | | コメント (0)

明日の

あしたの

準備

ですね。


| | | コメント (0)

仕事が

仕事が中途半端。

一応、文字バージョンだけでも

送るかな。


| | | コメント (0)

今日は病院

きょうは

病院ですね。

雨だー。

昨日伊勢丹で傘買いました。

高いのね。

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

雨ですね。


| | | コメント (0)

誰にするか

あと四人。

誰にするか。

来週は誰にするか。


| | | コメント (0)

びぎなしゅういしゅうが売れない

びぎなしゅういしゅうが売れない。

ビギナーズ文庫企画者としては、いたたまれない。

おいおい、困りましたね。

 

| | | コメント (0)

★日販図書館選書センターの2023年年間図書ランキングセット部門 5位(ありがとうございます泣)

★日販図書館選書センターの2023年年間図書ランキングセット部門 5位(ありがとうございます泣)

ほるぷ出版の

『紫式部と源氏物語』(監修川村裕子)

『清少納言と枕草子』(監修川村裕子)

『紀貫之と土佐日記』(監修川村裕子)

『兼好法師と徒然草』(監修中野貴文)

 

| | | コメント (0)

四月の講座計画

★四月の講座計画
■四月十日(水曜日) 角川講座
■四月十二日(金曜日) ロータリークラブの打合せ
■四月二十四日(水曜日) 角川講座
■四月二週目 角川サイト連載(登場人物辞典)二回分。
■四月二十七日(土曜日)早稲田大学ユーチューブ打合せ

ただいま最後の二つをさくせいちゅう。

 

 

| | | コメント (0)

ブログが

ブログだけでないのでね。

ブログ少ないね。

😩😢😩

| | | コメント (0)

ジムに行った

ジムに行った。

混んでましたね。


| | | コメント (0)

星乃

まにあった

Horizon_0001_burst20240408123737116_cove

| | | コメント (0)

まさか、『蜻蛉日記』が

 

Photo_20240408090201

まさか、『蜻蛉日記』がね。

良かったね。

| | | コメント (0)

もう一匹と言ったら

Photo_20240408084401

甘ったれになったシルビィしゃん。

もう一匹、といったら

獣医さんに止められました。

一匹になって甘ったれになったシルビイちゃんと

うまくいかない、という理由でした。

猫関係も難しいね。

 

| | | コメント (0)

世の中の真実

無料配信すると本が売れなくなる。

顔出しすると本が売れなくなる。

| | | コメント (0)

今日は外に

今日は外に出なければね。

寒いね。

昨日は『蜻蛉日記』が出たので

予習ならびに配信が大変で

ございましたね。

まさかテレビで「嘆きつつ」の歌が

放映されるとは……。

 

| | | コメント (0)

★第十四回目大河ドラマを100倍楽しむ方法(ポストまとめ)

★第十四回目大河ドラマを100倍楽しむ方法
★平安時代へようこそ!!★
無料配信のはじまり、はじまり~
ムックなどのあらすじで予習をしています。
よって、はずれることもあるのね。
どうかお許しくださいませね~。
#光る君へ
■先週、定子さまが奪った伊周さまの手紙の歌は拾遺集!「おとにきく人に心をつくばねのみねとこひしき君にもあるかな(拾遺集巻十一、恋一、よみ人しらず、六二七)」(まるで筑波山の「峰(見ね)」ように、噂には聞くけど見たこともないあなたが恋しくて恋しくてならないのです)#光る君へ
■彰子さまだ。「集まってみんなが藤壷(彰子)の戸口でがやがやお話している時に」(集まりて藤壷の戸口に居て物語などするほどに)。ここで頭中将が詩を朗詠するのね。えっ、『枕草子』ですかね?いやいやこれは彰子さまサロン。ひえーそっくり。『御堂関白集』五番。#光る君へ
■さきのポスト。彰子サロンが定子サロンのまねっこしたのか、それともサロンってみんなこんな感じだったのか、どっちかな?考えてみてね。#光る君へ
■硯だ。この当時の硯も硯箱もかなり大きな物でした。#光る君へ
■兼家出家。五月五日関白、五月八日出家。かわいそうに関白の日数が少ない。#光る君へ
■道兼激怒。とうとう父親からの愛は得られず。それにしても、顔の演技がすばらしい。怒ると左右の目の大きさが違うのね。#光る君へ
■藤原尊子(ふじわらのそんし)は藤原道兼の長女。母は藤原師輔の娘で一条天皇乳母の繁子。尊子は、一条天皇女御ですね。暗戸屋女御(くらべやのにょうご)と呼ばれました。ただ、この部屋にめぐってはいろいろな説あり。#光る君へ
■双六をする一条天皇と定子。双六は二人でやるゲームでした。さいころを二つだして、その目をすすめるゲームだといわれています。『蜻蛉日記』のなかでは、兼家と道綱母が双六を、なんと賭け事に使っております。#光る君へ
■実資さま。日記、日記。日記に書いて。『小右記』の口癖は「往古不聞事也」ですね。「そんなことは昔から今まで聞いたことがないぞ!」です。#光る君へ
■実資様の今度の奥様は婉子さま。花山天皇の女御だったけど、天皇が出家したため実資と結婚。二七歳で亡くなります。若いですね。身分高いね。#光る君へ
■定子立后。十月五日。
■兼家は東三条邸ではなく法興院(ほこいん)で亡くなります(六十二歳)。#光る君へ
■おおおお「嘆きつつ」ですね。→この「うつろひ菊」の新説についてはビギナーズクラシックス『拾遺和歌集』の127頁をどうぞ。「私の蜻蛉日記」→そうですね。兼家さまは、割とよく書かれてます。冗談好き。#光る君へ
■兼家は九九〇年に亡くなり(六十二歳)、道綱母は兼家よりも長生きして、九九五年に亡くなります。六〇歳ころかな。そしておなじごろに道隆さまも亡くなってます。
→『蜻蛉日記』以降の年表は『新版蜻蛉日記Ⅱ』(角川ソフィア文庫)が詳細。
#光る君へ
■【追悼】兼家は歌はうまいです。兼家像を書くのであれば、歌は、はずせませんよね。『蜻蛉日記』最初の歌は「ほととぎすの声だけを聞くように君のうわさばかり聞くのは悲しいよ。今度はぜひ君と会って話がしたいなあ」→『蜻蛉日記』最初の歌。(川村監修『朝日ジュニアシリーズ 週刊しゃかぽん 平安の女性文学』朝日新聞社より)#光る君へ
■明子のリベンジに関して安和の変の時は幼いので記憶にない、というポストが散見されますが、『蜻蛉日記』では明子の母の愛宮が出家した記事があります。いくら幼く(五、六歳)とも安和の変は打撃であった。(九六五ごろ生年、安和の変は九六九年)→詳細は『蜻蛉日記』Ⅰをどうぞ。#光る君へ
■宣孝よかったね。筑前守。おおらかな宣孝。「うれしくても悲しくても涙はでるのよ」そう、人間の感情は揺れ動き、自分でも制御できず、定まることがないのですね。さすが、まひろ。#光る君へ
■直接の歌合に関する資料はないですが、高階貴子(たかしなのきし)は、前に漢詩の会も催していました。高階家は家格の高い家。なお伊周(これちか)には『儀同三司(ぎどうさんし)集』という家集があったらしいです(散逸)。#光る君へ
■この歌は「あきかぜのうちふくごとにたかさごのおのへの鹿のなかぬひぞなき」です。(『拾遺和歌集』秋、一九一、読人不知)→「秋風の吹くたび、そのたびに高砂の尾上の(播磨)鹿が鳴かない日はありません」この歌は名歌とされて『定家八代抄』『井蛙抄』にもあります。#光る君へ
■元輔没。清少納言は父親の歌才にいつもおびえていました。歌の天才。#光る君へ
■道隆一家はみんな出世。伊周蔵人頭。中関白家が一番華やいだ時代ですね。伊周はなんでもできるイケメン超越男子。#光る君へ
■清少納言は目的のない人がきらいみたい。「将来がなく、本気で見せかけの幸いなどを目指しているような人は、ほんと、うっとうしく軽蔑したいな、と思われて(おひさきなく、まめやかに、えせさいはひなど見てゐたらん人は、いぶせくあなづらはしく思ひやられて)」(『枕草子』二十二段)「えせさいはひ」ってすごいことば。見せかけの幸い。→参考文献『新訂枕草子上巻』(313頁)#光る君へ
■文字を教えるまひろ、清少納言は自立するために離婚。それぞれ違うけれど、平安女子も将来を考えて苦しんでいたのですね。バックミュージックがすごい#光る君へ
■清少納言の夫・橘則光は風流ではないけど実務官僚タイプですね。文字を必要とする人々が少なかった時代ですね。#光る君へ
■道隆さまの後ろは漢詩屏風ですかね。#光る君へ
■【兼家追悼】道綱母は妻の一人。OK。妾ではない。長谷寺で兼家が迎えにくるのは上巻。まだ熱々のころ。この時、なんと道隆も兼家といっしょに来てますよ。「人心うぢの網代にたまさかに寄るひをだにも尋ねけるかな」(道綱母)、「帰るひを心のうちに数へつつ誰によりてか網代をも訪ふ」(兼家)#光る君へ
ソフィア『蜻蛉日記』Ⅰの一〇六頁
■【兼家追悼】また鵜飼いは中巻に出てきますね。道綱母はかなり行動的なんです。
一七八(道綱母)うへしたとこがるることを尋(たづ)ぬれば胸のほかには鵜舟(うぶね)なりけり→ソフィア『蜻蛉日記』Ⅰの218頁#光る君へ
■紫式部も読んでた『蜻蛉日記』。その作者の道綱母についてはこれをどうぞよろしくお願いいたします。
https://kadobun.jp/serialstory/oucyojiten/
…………
■参考文献
■『紫式部伝』(上原作和、勉誠社)■『新訂枕草子上・下』(河添房江・津島知明、角川ソフィア文庫)■『平安朝歌合大成二』(萩谷朴、同朋舎)■『大日本史料第二編之一』(東京大學史料編纂所)■『蜻蛉日記Ⅰ・Ⅱ』(川村裕子、角川ソフィア文庫)■『蜻蛉日記の表現と和歌』所収「兼家と和歌」(川村裕子、笠間書院)■『ビギクラ小右記』(倉本一宏、角川ソフィア文庫)#光る君へ
…………

| | | コメント (0)

やはり写真が

やはり

写真が

入りません。

ブログね。


| | | コメント (0)

和歌をディスる人たち

★和歌は心の雫(しずく)です。和歌なくしては王朝人の気持ちはわかりませんよね。特に詠作年時が分かっている場合は、和歌の資料を使いましょう(何か見た)

| | | コメント (0)

注釈本の扱い

注釈本の扱い。

昔は「その他」にいれたのね。

審査のない紀要の論文が業績として

認められていた。読者は5人ぐらいでもね。

なんでそんなことになっていたのか。

ひがみか(失言)。

 

| | | コメント (0)

Dsc_11102

櫻。つきのみや神社。

回覧板出したのね。


| | | コメント (0)

忌みの方角

こちらは忌みの方角。

O駅。

高島屋に来た。

三越は岡田社長。

高島屋の栗原小巻は道長?

コマキストの先生多かったから、

椅子ごとひっくり返されます。

案の定、ここのジュンク堂には本がない。


| | | コメント (0)

顔出しすると本が売れなくなる

顔出しすると

本が売れなくなるような

気がしますね。

がっくし。

| | | コメント (0)

『はじめての料理辞典』を出してね

料理は不得意科目。『はじめての料理辞典』を望む。

●鮭と塩鮭の差が分からない。

→鮭の料理を塩鮭でして大変な目に。

→塩鮭と鮭の違いをちゃんと説明して欲しい。

これは「塩鮭ではなく鮭の料理」と書いて欲しい。

●塩少々の「少々」が、どの程度かわからない。

●買物の時、マヨネーズの棚をさがせない。

→とても時間がかかる→時間がないのに→食品買いたくない

(料理なんかしたくない)、となる。

ここでつっかかると料理が嫌いになる。入門者の心理がよくわかる。

 

 

 

 

 

| | | コメント (0)

年の差

Karae

庭木アナウンサーはウィキペディアで

三一歳。私はウィキペディアで六八歳。

子どもというより、孫か。

それにしては年の差がないと

思うが……。

ただね。鋭い質問が多かったのね。

今でも決着付かない。

→うはなりうち、は暴力でなくとも

言葉で成り立つのでしょうか。

とかね。

頭脳明晰、当意即妙でした。

アナウンサーは大変だ。

私の出身校はこの人脈だけは

団結してますね。

ただ、図書館裏の

発声練習は勘弁でした。

(失言)

| | | コメント (0)

太り過ぎ

太り過ぎで

ぜいぜいですね。

あと20キロ痩せないとね。

 

| | | コメント (0)

六八歳でスカウトされるの巻

799回視聴!中古文学会は400人ですよね。早稲田のシンポ。ビギクラ拾遺集。菊野先生の神編集!なんとNHKの方もこれをご覧になったそうです。だから私はこのシンポでスカウトされました!スカウト!また、次の楽しい企画も用意しておりますよ。ビギクラ拾遺集をよろしくね!

https://www.youtube.com/watch?v=N_TG1Mcq2NI&t=3172s

 

| | | コメント (0)

和フタタヌーンティー

和フタヌンティーでした。

先輩と。

お料理の方法を教えて

いただきました。

ありがたい。

先達はあらまほしき。

Photo_20240405154602

| | | コメント (0)

今日よろしくEテレ夜9時ですね。

今日よろしく

Eテレ夜9時ですね。

数分間ですけどね。

よろしくね。

 

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

今日は寒いかな

雨かな。

今は曇り。


| | | コメント (0)

写真が

ブログでは

写真が

ぅまく

入らない。

| | | コメント (0)

道長カップでした

かったかな。

Dsc_11052

道長カップ

| | | コメント (0)

よしよし

よしよし

寒いかな。


| | | コメント (0)

疫病

えきびょうも

火事も。


| | | コメント (0)

デスクトップ

デスクトップ

がぐちゃぐちゃ。

あちこちのしごと。

ガツンと終わらない。

まるでバイキングの食事みたい。

ガツンとこない。

ひー。

| | | コメント (0)

マリネサラダ

Dsc_11072

@中村屋

| | | コメント (0)

お腹空いた

Dsc_11062

| | | コメント (0)

寒いじゃないか

さむいじゃないか。


| | | コメント (0)

おすすめ論文―「歌語「ほととぎす」の再検討―「初声・初音」の変奏―」(吉海直人、同志社女子大学大学院文学研究科紀要第24号、二〇二四年三月三十一日)。

Photo_20240404074201

何気なく使っていた鳥なのに、多くの問題点が。忍び音、カッコウの考察に新見あり。高階貴子の札、

「宇治十帖百首葉書」など、貴重な物をいただき、ありがとう

ございました!!

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

大変❗️

今日はおともだちと合うので

あった。


| | | コメント (0)

ビビる

いつもの伊勢丹より大きいので

ビビる。ここね、万年筆。



| | | コメント (0)

到着

Dsc_1097

| | | コメント (0)

これから

校正一つ出した。

クリーニング屋さんは九時から。

十時からズーム打合せ。

 

| | | コメント (0)

こまるな

こまるな。

住所が見えない郵便物。

中古文学会も和歌も入ってない。

ひー。つとめさきにお礼状送る。

 

| | | コメント (0)

腕が痛い

うでが痛い。

ハヤクハヤク🍀

💊。

| | | コメント (0)

お礼のメールとハガキ

お礼のメールと

ハガキ書くこと。

今日は病院でしたね。

 

| | | コメント (0)

朝は寒いね

朝は寒いね。

 

| | | コメント (0)

ビール

止められてるビール

Horizon_0001_burst20240401180609880_cove

| | | コメント (0)

二冊本の国歌大観

二冊本の国歌大観しか

みつからないのは情けないことで

あった。

| | | コメント (0)

今の所尾張国の話が。

今のところ、

尾張が一番人気。

それにしても

閲覧者がへったな。

 

| | | コメント (0)

お待ちを

道長さまは本当に倫子さまに歌を

贈っていないのか。

Photo_20240401163701

| | | コメント (0)

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »