« ツイッターで受けた記事 | トップページ | 昔、畏れ多くも早稲田の入試問題に採用された。 »

最近のおすすめ本

★おすすめ本――『古典教育をオーバーホールする』(菊野雅之、文学通信)。今だからこそ読みたい本。古典教育を歴史的に捉え、また教材研究についても詳述。教育史と教材論が噛み合って厚みのある音色を響かせています。特に第二部の教材研究は研究の糸口を示唆して有益。明快な思考を下敷きとするすがすがしい文体が胸を打つ。
菊野先生はこの間の早稲田シンポの主催者です!

★おすすめ本――『傷だらけの光源氏』(大塚ひかり、辰巳出版)。『源氏物語』の登場人物。そこに描かれるリアルな姿を追求。特に夕顔の音の描写、大君の貧乏の様子、末摘花が描かれた理由などがすばらしい。源氏を読み込んでいる筆者の目線は新しく、そして詳細!おすすめです!! 

| |

« ツイッターで受けた記事 | トップページ | 昔、畏れ多くも早稲田の入試問題に採用された。 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ツイッターで受けた記事 | トップページ | 昔、畏れ多くも早稲田の入試問題に採用された。 »