« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年3月

★第十三回目大河ドラマを100倍楽しむ方法(ポストまとめ)

★第十三回目大河ドラマを100倍楽しむ方法(ポストまとめ)

★平安時代へようこそ!!★
無料配信のはじまりはじまり~
ムックなどのあらすじで予習をしています。
よって、はずれることもあるのね。
どうか御寛恕くださいな。
#光る君へ

■一条天皇の元服は正暦元年(九九〇年)正月五日。元服は成人式のこと。兼家が加冠。土御門の雅信さまが理髪。外孫の天皇元服には、太政大臣が加冠または理髪の役をするのですね。(『平安人物志』(山中裕、東京出版会、91頁)兼家が偉いわけではないのか。そうか、そうだったのか。#光る君へ

■天皇の元服の時は「くうちょうこくさく」という不思議な帽子みたいなものを加冠以前に着けてます。三つの山があるような額隠し。後で結ぶのですね。
https://www.ndl.go.jp/kaleido/entry/31/1.html

■手紙を破かれましたね。王朝の手紙は破かれる。「人が破って、捨てた手紙をつなぎ合わせてね、読んでいる時に何行も何行も読み続けることができるのは、超うれしい!」(『枕草子』「うれしきもの」二六〇段)

■この年はいろんなことがあって、大変。定子(十五歳)入内は(九九〇年)正月二十五日。一条天皇は十一歳。#光る君へ

■定子はやはり梅の扇。梅は定子のイメージグッズですね。#光る君へ

■現在の日本の識字率は一〇〇%に近いと言われています。「近い」ですから一〇〇%ではありませんよね。#光る君へ

■たぶんこの時代、文字を扱う人は少ない(50パーセントもないか)と思われます。まひろは文字という物を教えようとします。文字に生きる意味をみつけるまひろの造形は後につながっていくと思われます。#光る君へ

■やはり、二人を結びつけるのは空の月。月は二人の行く末を見守っています。いつまでも、いつまでも……。#光る君へ

■国司の横暴。というと尾張国解文(おわりのくにのげぶみ)。国守の藤原元命(もとなが)が農民たちに訴えられました。九八八年。なお、あの赤染衛門さまの夫・大江匡衡(おおえのまさひら)は元命の後任でしたが、こちらは評判が良かったようです。#光る君へ

■兼家は危なくなってきた。

■公任は道兼さまにすり寄ってます。頼忠さまがいないからね。#光る君へ

■宣孝は「御嶽の権現様は質素な服で来い、などと言ってないよ」ということで、御嶽詣でに派手な格好で行きました。それでみんなから大顰蹙。でも、御嶽の験があったのでしょうか。筑前守が辞任したあとに、彼は筑前守になったのでした(『枕草子』一一六段)。『枕草子』は、別に宣孝のことを悪く書いてないよ。→参考文献の『新訂枕草子上』457頁参照。#光る君へ

■明子は安和の変のリベンジをしようとしています。扇には独特の呪性があると言われています。もしかして夕顔の扇にも何かが……。#光る君へ

■冷泉天皇が即位して、だれが東宮になるか。守平親王(円融)になるか為平親王になるか。為平の方が年長。ただし、為平は高明の娘が妃。為平が東宮になったら、大変。源高明が外戚になって摂関になってしまう。これを藤原実頼や藤原伊尹(兼家の兄)たちが恐れて、守平親王を東宮としました。安和二年(九六九)三月、高明は為平親王を擁立して謀反を起こそうとしたとして、九州に配流#光る君へ

■兼家と安和の変。最近は『蜻蛉日記』の安和の変周辺の記事が「世間の非難から兼家を守ろうとしている」という見解が出てますね。筆の力で兼家を守るわけです。
#光る君へ

■安和の変前後の兼家を救う記事配列については↓が詳細。無料ダウンロード可
『蜻蛉日記』安和の変直後の長精進と病臥 : 正五月と閏五月の対応 | CiNii Research https://cir.nii.ac.jp/crid/1390858397090364928?lang=ja #CiNii
(斎藤菜穂子)#光る君へ

■(おまけ)『蜻蛉日記』の安和の変についての記事はルポとして良くできてます。「西宮へと人々はあわてて走って行く」「愛宕にいらっしゃる」「清水だ」「お流しもうした」…。人々のセリフで激しく動く状況を表します。まるで土埃が舞っているのが見えるようです。ポリフォニー。#光る君へ

■(おまけ)藤原×源の争いと言われていましたが、現在は違う説も出てきているようです。#光る君へ

■『蜻蛉日記』(1の114頁)のなかで「あまたの御子どもも、あやしき国々の空になりつつ、行く方も知らず、散り散り別れたまふ」とありますが、このなかに俊賢は入っているかな。どうかな。調べてみて下さいね。#光る君へ

■一家一門の継続は兼家の命。『蜻蛉日記』にもそのような兼家の姿がしばしば描かれてます。#光る君へ

■明子の子どもは頼宗、顕信、能信、寛子(小一条院女御)、尊子(源師房室)、長家。ただし、倫子の子どもたちの方が出世したということです。子どもの数は倫子と明子、同じですか。まさか月の半々……。#光る君へ

■結婚の順番は、先週、拾遺集の襪(したうず)の歌で見たように、明子→倫子と思われます。#光る君へ

■倫子のみつけた紫式部の漢詩。それは次のようなものでした。既に自ら心を以て形役(けいえき=精神が肉体に支配されること)と為す 奚(なんぞ)惆悵(ちゅうちょう)として独(ひと)り悲しむ(陶淵明 帰去来辞)(自分の心は身体の犠牲となっているのだから、くよくよとして悲しんでどうするのか)#光る君へ

■おお、彰子が人見知りしてますよ。『紫式部日記』に書かれた彰子みたいですね。#光る君へ

■藤原彰子の年齢は三歳(正暦元年(九九〇年))。十二月二十五日に着袴(ちゃっこ)。着袴は、袴をつける儀式です。七五三ですね。#光る君へ

■詮子と定子は微妙ですね。#光る君へ

■まひろの手紙を捨てないで持っていた道長。透渡殿(すきわたどの)が二人の間に橋のようにかかっています。これからさき、二人の心に橋が架かることはあるのでしょうか。どうでしょうか。
#光る君へ

xスラー
■兼家さまがつらすぎる。#光る君へ

■参考文献
■『紫式部伝』(上原作和、勉誠社)■『新訂枕草子上・下』(河添房江・津島知明、角川ソフィア文庫)■『はじめての王朝文化辞典』(川村裕子、ソフィア文庫)■『新装版 蜻蛉日記新考』(斉藤菜穂子、武蔵野書院)■『平安人物志』(山中裕、東京大学出版会)■『藤原彰子』(服藤早苗、吉川弘文館)■『一条天皇』(倉本一宏、吉川弘文館)
■一条天皇の春日詣については『一条天皇』(倉本一宏、吉川弘文館)参照。

 

| | | コメント (0)

東京新聞ウエッブ記事。参加いたしました。よろしければどうぞ。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/302501

 

| | | コメント (0)

宮﨑莊平先生の訃報

上原先生に教えていただきました。
宮崎莊平先生がお隠れになったそうです。
かなしいです。日記ではずいぶんと
お世話になりました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

| | | コメント (0)

さっき印刷すんだ

さっき印刷

すんだ。

寒いな。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

二度寝しますね。


| | | コメント (0)

夕飯

Dsc_11013

| | | コメント (0)

終わった!

しがつぶんは

終わった。

あとは5月分だ。


| | | コメント (0)

老けてるというより

老けてるというより

顔色悪い。

病気のデパートだからね。


| | | コメント (0)

ほしのは

ほしのは

こんでる

Dsc_10963

| | | コメント (0)

おうちの庭。

Photo_20240330081201

すずらん。おうちの庭。

| | | コメント (0)

NHKのスタジオで(写真あり)

Nhk

NHKのスタジオで。

庭木アナウンサーと。

几帳の前で。

つかれてるな。

というより老けてる。

もうすぐ七十だしね。

ビギナーズが出る前から

生きているのであった。

| | | コメント (0)

今日は

今日は妹がいるので

うるさい。

だから外に出てました。

でも道でばったり妹に会いました。

ちっ。

ついてない。

| | | コメント (0)

ミステリマガジン

ミステリマガジン

売り切れ


| | | コメント (0)

あと四人か

五人まで

あと四人。

倫子のつぎは誰に

するかな。


| | | コメント (0)

カメラ

かめらが

動かなくなってきた。

すごく熱い。

スマホね。



| | | コメント (0)

そろそろ

そろそろ

音の講座資料ね。


| | | コメント (0)

寒い

寒いじゃないか。


| | | コメント (0)

シャワー

シャワーと

お薬ですね。


| | | コメント (0)

昨日のヒット、閲覧回数多し。

だから、御堂関白妾というのは紫式部が「妻の一人でもない」ということです。ゼミで「紫式部は妾ですね」なんていうと紫式部愛のおじいちゃん先生に椅子ごとひっくり返された、という説話があります

| | | コメント (0)

世の中で信じられないもの

世の中で信じられないもの。

◼️今来んよ(すぐいくからね)、という兼家の手紙。

◼️明日はポカポカという天気予報。


| | | コメント (0)

妾という字が良い、という記事を見た。信じがたい。

ルポライターは信用ならん。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

それぞれ

倫子。

音。

を書き上げ。


| | | コメント (0)

あぶない

ブログがあぶない。


| | | コメント (0)

血液検査

貧血だ。

食べる。

| | | コメント (0)

病院

病院混んでるね。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

病院にいます。

寒いね。



| | | コメント (0)

無料配信も考え物

ちょっと方法を

考えます。

労力が

かかりすぎますね。

原稿用紙15枚。

三行ずつ違う主題。

| | | コメント (0)

手書き索引

Photo_20240327112301

手取り索引らしい。

昔作ったの。

上に書いてあるのは勅撰集の名前。

ちょっとこれ小さくしないと

載らないのはまずいね。

ニフティのブログね。

 

| | | コメント (0)

眠いね

ねむいね。

メール書こう。


| | | コメント (0)

少ない

去年の11月に

日にちだけおさえてあった

講座が始まります。

その後、大河関係となりましたが、文化的なこともお話しますね。

明日は道綱の話になります。

どうしてあんなにメンタルが強い子に育ったのか、その秘訣を母親に聞いてみましょうね。


| | | コメント (0)

自分の勉強になるからね

ただ無料配信は

自分の勉強に

なるからね。

安和の変と兼家はここらへんでだいたい

OKか。

Annna

| | | コメント (0)

すごく少ない

講座、すごく少ない。

無料配信がよくない、

と同業者からは

言われました。

内容は違うけどね。

 

| | | コメント (0)

無料配信のせいか?本は売れない、講座はカラカラ。

311317 

| | | コメント (0)

講座がカラカラ

★【拡散希望】★講座がカラカラです。すいません。拡散して
いただけますと幸甚です。一回目の絵画資料は書陵部本や
木簡、そしてもちろん源氏の資料も入ってます。音声も
よく入るようコンピュータを買いました。宣伝をよろしく
(涙涙涙涙涙)締め切り延長しました。
大河ドラマを100倍楽しむ 王朝文化講座(全3回) | カドセミ
https://studywalker.jp/seminar/detail/850/

締め切り延長

カートを本日2359までの予定でもういちどオープンしました!

 

| | | コメント (0)

和歌は

和歌は詠作年次がわかります。

歴史の人は文学を仮想敵に

するけどね。

| | | コメント (0)

後は💊

あとは

💊ですね。

ハヤクハヤク。

トロい。


| | | コメント (0)

病院着いた

病院着いた。

冷たい雨。

ひー。

困りましたね。

寒いの駄目。

腕が取れそう。



| | | コメント (0)

今日雪❄️?

きょうは

雨雪?

真冬の寒さ。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

今日はどうかな😃


| | | コメント (0)

美顔

美顔→新聞持って本屋さんへ。

営業活動。

→食事。

アクセク。

デザート🍨いらない、

と言いそうに。


| | | コメント (0)

営業

この間の新聞持って

本屋さんへ。

営業ですね。


| | | コメント (0)

腕がとれそう

腕がとれそう。

メール4、添付3。

校正1。

腕が痛い。

寒すぎる。

外に出よう。

寒すぎる。

安和の変。

 

| | | コメント (0)

青海波マステ

最近は校正をメール添付で

出すことが多くなりました。

青海波のマステ。

繊細。角度によって色が違う。

使わないで眺めてようね。

 Seigaiha

| | | コメント (0)

やはりどうしても雑誌買う

手書きの醍醐味

とかいう雑誌買う。

万年筆使いたいから

書くわけですね。

昔はワープロが使いたくて

論文まとめてた。

「書院」対「文豪」ですね。

 

| | | コメント (0)

校正提出

一つ校正提出。

今日は美顔だ。

老けているのだ。

ビギナーズが出る前から

紹介文書いているので

老けているのだ。

エステと言わないところが哀しい。

 

| | | コメント (0)

★早川圭子画伯、院展入選!!

★早川圭子画伯、院展入選!!

おめでとう!!

いつも本の挿絵並びに変体仮名(!)を

描いて下さる早川画伯が院展入選。

すごいですね。

伊勢丹カードでも入れるそうです。

よろしければどうぞ。

https://nihonbijutsuin.or.jp/exhibitions_detail.php?id=218

 

 

 

 

| | | コメント (0)

昨日の仕事

論文7

メール9

大河予習10枚



| | | コメント (0)

★第十二回目大河ドラマを100倍楽しむ方法(ポストまとめ)

★第十二回目大河ドラマを100倍楽しむ方法(ポストまとめ)
★★★今日のポストで「いいね」が多い順★★★
■一言で言うと俊賢は苦労人
■紫式部と実資の関係(紫式部日記)
■道綱と道長はかなり仲が良いのです。
初登場俊賢に集まりました!!

無料配信のはじまりはじまり~
今回はポイントをしぼって
配信いたしますね。俊賢(としかた)が多いかな。
あと、ご質問がすごく多いのですが
講座の方でご質問くださいね。♯光る君へ

https://studywalker.jp/seminar/detail/850/

■病気の平癒を求めてまた成仏するために得度します。出家。髪を切ります。
病気ではないけれど、浮舟の出家は悲愴ですね(親の御方拝みたてまつりたまへ)。
#光る君へ

■まひろとさわの友だち関係、これはフィクションですね。ただ、紫式部は女友だちとの歌がありますね。有名な百人一首に採られた歌「めぐりあひて見しやそれとも分かぬ間に雲隠れにし夜半の月かな」(めぐりあって見たのが月かどうかわからない、それと同じようにはっきりと見分けられないまま、あなたは夜半の月のように姿を隠してしまったのです)♯光る君へ

■そう、楽器は伝えるのです。それを「相伝」と言いました。ここでは琵琶の相伝。琵琶で有名なのは正倉院の螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)ですね。琵琶は通常四本ですがこれは五絃です。ただ琵琶の音色は時代によって変遷するようです。まひろの琵琶は平家琵琶とは違う。♯光る君へ

■『紫式部集』のなかには「箏(そうのこと)しばし」と言った人が「参りて御手より得む」といった説明のある歌がありますね。箏は今のお琴。それを借りたいと言った人が、こんどは「あなたの家に伺って奏法を教えてね」と言ってます。この人も女性という説が強いですね。♯光る君へ

■まひろは働いています。前回もでましたが主婦として働くのですね。『更級日記』のなかには「父は、ただわれをおとなにし据(す)ゑて」と出てきます。「おとな」というのは、一家の主の立場。そんな時に宮仕えの話が舞い込んできたのです。彼女にとっては願ってもないチャンス。物語は宮仕えで手に入れることができ、宮仕えで書くことができるから。パパは猛反対。♯光る君へ

■ロバート実資が候補者に!♯光る君へ

■ロバート実資はお腹の病気に。永延元年(九八七年)五月二十九日の『小右記』には「瀉する所、十度」で医者は「白痢」(白い下痢・水下痢)と言ったそうですが、本人は「赤痢(血便)といふべきか」と記してますね。実資はお腹をよくこわしてます。働き過ぎか。♯光る君へ

■巻物は紙か。♯光る君へ

■紫式部と実資の関係は結婚はしないものの、良好かもしれません。『紫式部日記』のなかでも紫式部が声をかけたところ「すごく今風を気取っている人よりも実資さまはずっとご立派でいらっしゃるようなのね」と書いてあります。これは敦成親王の五十日の祝いの宴会の時ですね。♯光る君へ

■絵は五節の舞姫か
■実資は後年、紫式部をよく伝達係りの女房として使っていた、という説もあります。太后宮女房として出てくるといわれています。太后宮は彰子のことですね。
♯光る君へ

■道綱と道長はかなり仲が良いのです。また兼家は道綱母のところに頻繁に通っていたことが上村悦子先生によって証明されています。そして『蜻蛉日記』上巻末までは正妻になる可能性ありでした。道綱はメンタル強いです。その理由は講座で。
♯光る君へ

■倫子はついに道長と結婚か。パパの雅信は、倫子を一条帝と結婚させたかったのです。倫子の思い強し。ただ穆子(ぼくし)(雅信の妻、倫子の母)が道長との結婚を推し進めたといわれています。
♯光る君へ

■実際は明子との結婚が先で倫子の方が後らしいです。それは「道長さまが雅信さまの婿になってから、襪(したうず)の型を取りに使いを寄こしたので」というような詞書を持つ歌が『拾遺和歌集』(四九八)にあり。作者は明子(明子の母か)。襪は足袋のようなもの。♯光る君へ

■俊賢(としかた)で有名なのは『枕草子』で「少し春ある心地こそすれ」(公任)という句に清少納言が「空寒み花にまがへて散る雪に」と付け、それを俊賢が聞いて内侍に推薦しよう、といったお話ですね。#光る君へ

■ロバート実資は例によって俊賢について「貪欲・謀略、その聞こえ、ともに高き人なり」(『小右記』寛弘八年(一〇一一年)七月二十六日)などと言ってます。ロバート実資は活躍する人がきらいなのかな。その時の感情が出るね。日記は事実だけではなく文脈のなかで読み解くのが肝要。だから面白い。♯光る君へ

■安和(あんな)の変で源高明が失脚しました。高明の娘が源明子です。また源俊賢
(としかた)は兄ですね。四納言の一人。一言で言うと俊賢は苦労人。父親が失脚して独力で生きた。大学寮に行っていたようです。当時はね、最高級の貴族は行かないのね。そこから俊賢は『源氏物語』の夕霧のモデルとも言われてます。♯光る君へ

■俊賢母(師輔の三女)の歌は『新古今和歌集』(恋歌一、一〇〇〇)に入ってます。高明との贈答歌。「もろともにあはれといはずは人しれぬ問はず語りもわれのみやせん」(あなたもいとしいと言ってくれなければ、人がしらない苦しい独り言、それをたった一人で私だけがするところだったのですね)。この歌を見ると有名な二首が思いつくよね~。さて、どんな歌?→♯光る君へ

■「★もろともにあはれ★と思へ山桜花よりほかに知る人もなし」(『百人一首』六六・行尊)「呉竹の世々のふるごと思ほゆる★昔がたりは我のみやせん★」(『和泉式部日記』和泉詠)これらは「もろともにあはれといはずは人しれぬ問はず語りもわれのみやせん」と似てるよね。難しいことは抜きにして発見するとドキドキするね。
俊賢母(としかたのはは)の歌は上手。♯光る君へ

■源明子は高明の恨みをはらすのか。藤原一族を呪うのか。♯光る君へ

■道兼の株が上がる。兼家に認められ道兼喜ぶか。

■庚申待(こうしんまち)については『ビギナーズ・クラシックス拾遺和歌集』(角川ソフィア文庫)の四五一番を見てね。庚申は六〇日に一回。♯光る君へ

■道長の手紙は、縹色(はなだいろ)の折文(おりぶみ)ですね。
縹色の手紙が、はやるのはもう少しあとかな。♯光る君へ

■妾になることを決心しているまひろ。ところが道長は倫子と結婚することを言う。絶望するまひろ。なんというすれ違い。心内語によるすれ違いはつらい、つらすぎる二人。♯光る君へ

■いきなり倫子の所にくる道長。通常のあり方とは違います。通常は手紙を何度も出して求婚をするのですね。♯光る君へ

★今週の参考文献#光る君へ
■『紫式部伝』(上原作和、勉誠社)■『新訂枕草子上』(河添房江・津島知明、角川ソフィア文庫)■『紫式部日記 紫式部集』(山本利達、新潮日本古典集成)■『病悩と治療』(瀬戸まゆみ、臨川書店)■『はじめての王朝文化辞典』(川村裕子、ソフィア文庫)■『紫式部』(増田繁夫、和泉書院)

■源氏物語読者の書いた更級日記、16刷りになりました!紫式部とみなさんのおかげです(泣)♯光る君へ

■惟規は姉宛の手紙を取ってしまいますが、人に手紙を取られてしまうことは『枕草子』九一段「人の取りて、庭におりて」とあります。また人が破った手紙を見る話は『枕草子』二六一段に。なんと、紫式部自身も斎院の中将の君という人の手紙を横から手に入れて見てます(『紫式部日記』)。#光る君へ

 

| | | コメント (0)

星乃コーヒー店

星乃コーヒー店

に行きました。

サラダが280円というのは

すごすぎる。

 

| | | コメント (0)

どこも混んでるね😵😢

比較的✨☀️✨暖かいのでしょうか。

どこも混んでますね😭


| | | コメント (0)

予習

よしゅうを

しなければね。

後は資料作り

連載数チェック。

 

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

論文まとめ

あと二本。

寒いかな。


| | | コメント (0)

タリーズ

きょうは、

タリーズで爆睡の巻

でした。

| | | コメント (0)

もうぐちゃぐちゃにしている新刊

Rrrrrrrerrrrrr

いただいた論文には

感想を書いて御礼書いてる。

まだまだ。最近こういうの

ちょっと得意になりました。

フフ。

| | | コメント (0)

エライ先生の本『文章は形から読む』(集英社新書)

★『文章は形から読む』(安部公彦、集英社新書)
エライ先生の難しい本だと思ったら、
ぜんぜん違う本でした。わかりやすいね。

論理国語の分析だぜ。

論理国語と文学国語、作った人もどこで

わかれるかわからないんだって。

そんな~

そんなものおしつけるなよ。

| | | コメント (0)

寒いさ

さむさ

😖💦つかれ

| | | コメント (0)

おすすめ本―『言葉から読む平安文学』(室城秀之編、武蔵野書院)

★おすすめ本―『言葉から読む平安文学』(室城秀之編、武蔵野書院)。言葉を大切にする室城先生の研究姿勢が貫かれた論集。真摯に言葉に向き合っている論考が並んでいます。注釈の根本は言葉による解釈。その深さが溢れている御本です。おすすめ!

Muroki

 

| | | コメント (0)

マウス

いまから

マウスを買いに行きますね。

バンバン机に叩きつけるからね。→コンピューターがトロい。

壊れるのね。

| | | コメント (0)

ジムで

トレーニング中は、他のことを考えないようにしましょう。

と書いてあった。

そんなのは無理だ。


| | | コメント (0)

いろいろ

いろいろ。

メール

三回目講座の資料


| | | コメント (0)

寒いのは

寒いのはいつまでも。

寒いのは苦手。



| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

寒いね。

| | | コメント (0)

今日の反省

きょうは

校正のみ。

あと、やることはあるのにな。

外に行ってたね。

伊勢丹。


| | | コメント (0)

Eテレ川村出演情報

Eテレ川村出演情報

★「芸能きわみ堂」(Eテレ)
私の出演は数分ずつですが二回になりました。
■第一回目(前編)
初回放送4月5日(金)21:00~21:30(Eテレ)
 再放送 4月12日(金)13:10~13:40(Eテレ)
海外配信4月12日(金) 00:30~01:00(ワールドプレミアム)
  ※初回放送後1週間「NHKプラス」でも配信予定   

■第二回目(後編)
初回放送4月12日(金)21:00~21:30(Eテレ)
 再放送 4月19日(金)13:10~13:40(Eテレ)
海外配信4月19日(金) 00:30~01:00(ワールドプレミアム)
  ※初回放送後1週間「NHKプラス」でも配信予定

後の調度をご覧下さいね。調度!

したは十二単のどーも君です。

Domo

 

| | | コメント (0)

さすがに

昨日校正。

さすがに疲れた。


| | | コメント (0)

ドコモショップ

ドコモショップ。


| | | コメント (0)

眠い

ねむいな。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

川村裕子

| | | コメント (0)

寒い

さむすぎる。

冬か

⛄️🎅🎁✨か。

| | | コメント (0)

なんで南浦和

ちっ。

| | | コメント (0)

今日の読売新聞夕刊にインタビュー記事出ます。よろしくね。

【緊急告知】★今日の読売新聞夕刊★に川村のインタビュー記事でます。

私は外の仕事で出てしまいますがよろしかったら御覧下さいね。

なお大きな事件があると紙面が変わることがございます。

ちょっと変わったインタビュー。

失言しなかったかな。#光る君へ

| | | コメント (0)

としかた

としかた

まとめる。

マンガなど

封筒に。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

寒いね。

いつまでもね。


| | | コメント (0)

今日は推薦者の先生と

今日は推薦者の先生と

長く話していましたね。

久しぶりでした。

大河の話、源氏の話、

みやびの定義など……。

やっぱり北の方には引っかかる

というお話でした。

 

| | | コメント (0)

だいたい終わり

予習だいたい終わり。


| | | コメント (0)

駄目だな

睡眠不足は

駄目だな。

今日は、

ゆったりね。


| | | コメント (0)

二度寝

二度寝するのだ

眠いのだ


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

眠い

| | | コメント (0)

Wikipediaでは

Wikipediaではなさそう。

道綱馬鹿説は

Wikipedia。

サネスケの

逆恨み。

官位を越された

逆恨み。

バイアスかかっている。


| | | コメント (0)

どこから

どこから

高階家が低いという

噂がでたのか。

貴子は円融の

内侍。

家格として

まひろの家などとは

違う。差がある。

むしろこのような噂が

どこで作られたか、という点が問題となる。

| | | コメント (0)

ダーシュ二字分を一字分に

いつのころからか

ダーシュ二字分を

一字分にかえられてしまう。

あの、題名の副題ですね。

二文字の人も一文字の人もいるのだから、

意味があるものと判断いたします。

 

| | | コメント (0)

文学通信様にリポストされました

四月五日の

出演情報を

文学通信様に

リツイートされました。

ありがとうございます(泣き)。

| | | コメント (0)

ゲラ

ゲラがきれいに切れない。

トンボの位置がちがうのね。

最初とかね。

途中もグチャグチャ。

カッター買いたい。


| | | コメント (0)

💊の処方箋ですね。

はやくはやく

ですね。😀

💊ですね。


| | | コメント (0)

ボケ

仕事道具などは

たーくさん

持ってきた。

お薬手帳も忘れた。


| | | コメント (0)

診察券など

診察券など

一式忘れる。

病院到着。


| | | コメント (0)

ビギナーズ更級日記 16刷届く

Photo_20240319083601

ビギナーズ・クラシックス更級日記

16刷になりました。

源氏の読者が書いた日記文学。

たくさん読まれて幸甚です。

みなさまと大河のおかげですね。

ありがとう存じます。

 

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

病院だね。

まだ寒いね。


| | | コメント (0)

一つ終わり

ひとつおわり。

講座の資料。

後一つだね。

これが終わると

少し楽かな。

いやいや。

後十人です。

| | | コメント (0)

川村の出演情報

Photo_20240318195101

| | | コメント (0)

断捨離おわり

断捨離おわり。

すごくはやいのね。

あっという間に

終わったのね。

廊下カラカラです。

 

| | | コメント (0)

風が強すぎる

風が強すぎる。

立っていられませんね。

 

| | | コメント (0)

校正してたら別の校正

校正してたら

別の校正が

来た。

帰ろ。

| | | コメント (0)

断捨離なのだ

前にも書いたけど

断捨離なのだ。

すごいことになって

いるのだ。

| | | コメント (0)

無料配信はやめるかな

あんまり読者もいないようだし。

配信しても本が売れるわけではなし。

労力だけが大変すぎる。

| | | コメント (0)

きょうは、

きょうは断捨離

なのだ。

大変なのだ。

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️


| | | コメント (0)

★第十一回目大河ドラマを100倍楽しむ方法(ポストまとめ)


★第十一回目大河ドラマを100倍楽しむ方法

★無料配信のはじまり
はじまり~
ようこそ、平安時代へ!

■あくまでも北の方にこだわるまひろ、それはできないと言い張る道長。二人の間には身分の差、というよりも価値観の差が溝のようにどんよりと広まっています。哀しすぎる二人の仲……。

■任官がないと大変。有名なのは『枕草子』に出てくるお話でしたね。除目に司(つかさ)得ぬ人の家。「すさまじきもの」の段。今年は駄目だった、と知ると集まっていた人が、一人減り、二人減り。♯光る君へ

■父の為時、伯父の為頼などは花山側だったのでがっくりな状態になります。♯光る君へ

■道長は頼忠に譲位を知らせたのです。公任は頼忠のむすこ。

■詩経は中国最古の詩集ですね。毛詩→詩経のテキストの一つ。♯光る君へ

■とうとう一条天皇が位につきましたね。寛和二年(九八六年)六月二十三日。詮子は七月五日に皇太后になります。七月二十二日、即位の儀。兼家従一位、道隆従二位。
道長は二十三日に従五位上。道綱は従四位下。みんな出世ですね。♯光る君へ

■一条天皇がつけているのは践祚(せんそ=天皇の継承)の時の宝冠ですね。大日如来のかぶりものと似てますかね。♯光る君へ

■高御座(たかみくら)は即位や朝賀などの際に用いられた天皇の座ですね。八角形が特徴。まるで宮殿のようです。♯光る君へ

■直廬はおやすみする所の部屋でした。ただし、摂関は十世紀あたりから内裏の直廬で仕事をするようになりました。♯光る君へ

■当時の為時の漢詩には「家はふるく門しづかにしてただ蓬のみ長(た)けたり」があります。(『本朝麗藻』下巻)。家はボロボロ。わびしい漢詩ですね。♯光る君へ

■はっきりと意見を言う倫子。この凜然とした姿。それは、後の道長をもり立てた政治家としての倫子の姿を彷彿とさせますよね。♯光る君へ

■実際に娘が父親の任官運動したかどうか、これは微妙。あまり例がないかもしれませんね。♯光る君へ
■兼家は為時の裏切りを怒ってます。ただこの時より約十年前(九七七年)に右大将から治部卿におとされた時、兼家本人も任官運動してるんですよ。それも歌によってなんです。長歌という長い形式の歌で訴えました。(『拾遺和歌集』五七四番)♯光る君へ

■ドラマとちょっと違うよ。兼家の歌人としての姿はこちらをどうぞ!♯光る君へ
https://kadobun.jp/serialstory/oucyojiten/

■兼家の任官要望長歌は誰に出されたか。なんとドラマでは仲の悪い円融天皇でした。円融は「一月(ひとつき)待て」と言ったけれど兼家は「しばらくの間だけでも耐えられないで命をおとすようになったら」(しばしばかりの命たへずは)などという訴えの句を入れた歌を贈ってます。ドラマと違って弱々しい兼家でした(『拾遺和歌集』五七五番)。♯光る君へ

■宣孝に対して妾になるのはいやだ、とまひろは言ってます。ただ結婚した時には宣孝には妻がいました。だから紫式部は正妻ではないですね。正妻でないと妾になるのかどうか。「妻の一人」という言い方もあり。♯光る君へ

■正妻でなくとも結婚(披露宴、三日夜の餅、親の了解が条件)はします。そして、妾は召人(愛人)も指します。妾の定義は難し。#光る君へ

■正妻は一人なのか、これも難しい問題ですね。今も諸説あります。一夫多妻とするのは服藤早苗さんでしょうか。妻は一人とするのは工藤重矩さんですね。正妻は順番で最初に結婚した人である、とか子どもの数が多い人、とか様々。♯光る君へ

■妾は、どのような立場なのか。財産権がない、とかいろいろな説があります。時姫は兼家の正妻ですが、道綱母の敗者復活(繰り上げ当選)も可能性がありました。(上巻末あたりまでは)♯光る君へ

■道綱母の家の屏風は歌が貼ってありますね。そこに歌が見えます。屏風歌が貼ってあります。屏風歌は身分が低い人が頼まれる、などと言われますが、『蜻蛉日記』のなかでは、かなり詳細に歌をあげていて、誇らしげな様子が書かれています。♯光る君へ

■道綱は道長と仲が良く、道長が道綱に気を遣っている様子が『御堂関白記』のなかによく出てきますよ。道綱メンタル強く明るいのね。♯光る君へ

■「君や来む我や行かむのいさよひにまきの板戸もささず寝にけり」(あなたが来てくれるのか、私が行くのか、そんなことでためらっているうちに、真木の板戸(量質の木材で作った板の戸)を閉めないで寝てしまったのね)(『古今和歌集』六九六)
有名な歌ですね。♯光る君へ

■東宮・居貞(いやさだ)親王は後の三条天皇。兼家と時姫の娘・超子の子ども。超子は変な亡くなり方でしたね。天元五年(九八二年)急死。庚申待(こうしんまち)の明け方、脇息に寄りかかったまま亡くなります。庚申については『ビギナーズクラシックス拾遺和歌集』の四五一番を参照して下さいね。これは自然死?それとも……。♯光る君へ

■生首、動物の死骸など。穢(けがれ)のあるものが置かれていることがありました。穢に触れた人は外には行けません。穢が他の人に移るからですね。この状態を物忌みと言いました。鳴滝籠りの時に兼家は物忌み中だったので、道綱母をお寺の中まで追いかけてはいけなかったのです(『蜻蛉日記』中巻)。♯光る君へ

■花山院の熊野巡歴は有名ですね。♯光る君へ

■定子さまだ!♯光る君へ
嗚呼、道兼はやはり呼ばれない。評価依存の道兼。兼家はどうやって道兼をコントロールするのかな。♯光る君へ

■道長の歌
命やは何ぞは露のあだものを逢ふにし換へばをしからなくに
(『古今和歌集』「恋二」六一五、紀友則)
→命なんて何になりましょう。それは露のようにはかないもの。だからあなたと逢うことと交換しても、ちっとも惜しくはないのです。#光る君へ

■紫式部の漢詩
途に迷ふこと 其れいまだ遠からず
今の是にして昨(さく)の非(ひ)なるを覚(さと)る
(道を誤ったが、まだ引き返せる。今が正しく昨日までが間違いだったと気が付く)
(陶淵明「帰去来の辞」)

■一家のために働く主婦、これを家刀自(いえとじ)といいました。よく出てくるのは『伊勢物語』ですね。有名な花橘の段。『源氏物語』の「帚木」にも出てきたかな。そう、忙しくて髪の毛を耳にはさむ家刀自が出てきます。あとは『更級日記』。ただ『更級日記』には家刀自という言葉は出て来ない。主婦として働く様子が出てきます。♯光る君へ

■なんでまひろは妾じゃいや、妾は駄目。と言うのかな。そう、もうおわかりですね。『尊卑分脈』のなかで「御堂関白妾」(御堂関白は道長のこと)と書かれていて、それが二人の関係を示す証拠としていつも上がっているから。だから妾にこだわるんだわね。♯光る君へ

■どう考えてもまひろが正妻になることは無理ですよね。哀しいかな身分が違う。♯光る君へ

■この時代は超えられない壁、身分の壁が高く高くそびえてたのですね。
■道長はまひろの家に通うことは考えてませんね。自分のそばに置くわけです。すると召人(愛人)でしょうか。道長は通うことすら考えてない。ということは『和泉式部日記』はとんでもない作品なんですね。東宮候補が受領の娘に通う話だからね。♯光る君へ

■やけのやんぱちになった道長は倫子さまと結婚するのでしょうか。#光る君へ

■一条天皇の冠は冕冠(べんかん)。冠の上に長方形の冕板を付け,前後に各12の玉を貫いた旒(りゅう)を垂らす。キラキラしていて豪華絢爛でしたね。


★今週の参考文献#光る君へ
■『紫式部伝』(上原作和、勉誠社)■『律令制度と日本古代の婚姻・家族に関する研究』(胡潔、風間書房)■『蜻蛉日記の表現と和歌』(川村裕子、笠間書院) ■『大日本史料第二編之一 一条天皇』(東京大學史料編纂所)■『「源氏物語」の時代を生きた女性たち』(服藤早苗、NHK出版新書)■『源氏物語の結婚 - 平安朝の婚姻制度と恋愛譚』(工藤重矩、中公新書)

| | | コメント (0)

夜になったら

よるに

なったら

寒く

なってきた。

| | | コメント (0)

疲れてトロトロ

疲れて

トロトロでしたね。

今から買物に行くかな。

伊勢丹行くかな。

一応、ざっと印刷してチェックしました。

はやくしないと大変だ。

 

| | | コメント (0)

さすがに疲れ

さすがに

疲れ


| | | コメント (0)

角川連載四回目(角川サイト、かどぶん)

 

角川連載四回目

兼家についてです。

兼家の歌人としての面を

書きました。

よろしくどうぞ!

https://kadobun.jp/serialstory/oucyojiten/entry-88381.html

| | | コメント (0)

眠いね

眠くなってきましたね。

 

| | | コメント (0)

源氏物語を聴く

Photo_20240317112801

| | | コメント (0)

同窓会

今日は土岐善麿講座並びに

同窓会でした。

あたたかくて良かったです。

Photo_20240316223701

漢文の先生・楊 昆鵬先生と(同窓会にて)
いろいろと教えていただいております。

いつもありがとう存じます。

| | | コメント (0)

源氏物語を聴く

Dsc_11022

| | | コメント (0)

到着

とうちゃく

Dsc_1101

| | | コメント (0)

今日はあたたかいですね

今日はあたたかいですね。

新秋津。

花粉が……。


| | | コメント (0)

西国分寺

にしこくぶんじ

経由三鷹行き。

武蔵野の端から端まで。

ですね。


| | | コメント (0)

三月二十一日(木曜日)読売新聞夕刊

だそうです。

どうかな。

ずれるかな。

 

| | | コメント (0)

ようやく返信あり

ようやく

返信あり。

出張が一週間に十日ありますかね。

学生の忌引きのようですね。

と言いそうになってやめとく。

 

| | | コメント (0)

校正終わった

校正終わった。

咳がとまらないね。

トローチだ。

| | | コメント (0)

書道の先生からのプレゼント

Photo_20240315093001

蕪村のお菓子ですね。

ホワイトデーのプレゼント。

書道の先生からでした。

本当はもう一つあって、筆置き。

これは良いですね。

| | | コメント (0)

ヘンな論文

という題名の本がはやってました。

わたしは

ヘンな論文のヘンな日本語

という本を書こっかな。

→失言

| | | コメント (0)

★入試に出た日記文学(日記文学興信所調べ=川村による)

★入試に出た日記文学(日記文学興信所調べ=川村による)

■2008年
★★★青山学院大―文(2/14)
→『蜻蛉日記』上巻
母親が亡くなる悲しい場面。
→『蜻蛉日記1』〔四〇〕段
■2008年 
★★★大東文化大学
→『蜻蛉日記』下巻
※蜻蛉日記下巻だ!ヤッター。
火事の所ですね。道綱活躍。
→『蜻蛉日記2』〔一五三〕段
■2008年 
★★★中央大学法学部(法律)国語三
※ゆするつきだ!いい場面ですね。
→『蜻蛉日記1』〔五四〕段

■2007年
★★★日大文理学部
★『蜻蛉日記』上巻
※兼家が病気になるドラマチックな箇所ですね。
→『蜻蛉日記1』〔五〇〕段
■2007年 
★首都大学東京
→『蜻蛉日記』中巻
※あまがへる!鳴滝から戻った所。
→『蜻蛉日記1』〔一三七〕段

■2006年
★岡山大学(文、法、経済、医、教育)・・・・・・『蜻蛉日記』中巻
→鳴滝に籠もる寸前の所だ。ドラマチックな所ですね。
★同志社大学(文、商)・・・・・・『蜻蛉日記』下巻
下巻で六十点満点だ!ヤッタね合格だ。
→『蜻蛉日記』Ⅱの二〇六段(現代語訳254頁)
★関西大学(商学部)・・・・・・2006『蜻蛉日記』中巻
→『蜻蛉日記』の中巻だ。鳴滝籠(なるたきごも)りだ!
やっぱり物詣(ものもう)で関係の出題多いね。
→『蜻蛉日記』Ⅰの一一七段(現代語訳423頁)

■2002年
★★★宇都宮大学
→『蜻蛉日記』上巻
※「嘆きつつ」の所だ
うつろひ菊最高!

■2001年
★★★千葉大学 - 法経(法、経済、総合政策),文(行動科,史、日本文化、国際言語文化)
★『蜻蛉日記』上巻
→兼家が病気になる所。
ドラマチックな場面ですね。

■『和泉式部日記』
……・関西学院大学経済学部(2007)

立命館大学[法学部、産業社会学部、国際関係学部、政策科学部、文学部、経済学部、経営学部、映像学部](2007)

■『更級日記』
……國學院大學(2008)
……2008年 明治学院大学(二月四日実施)
■現代文に登場した『更級日記』
……2008年 中央大学商学部(2008年2月13日)

 

| | | コメント (0)

連絡弱者

不機嫌の原因。最近つらつら思うけど、連絡上、私はかなり下位分類に置かれてる。普通連絡あるのにね、という場合でも忘れられてる。忙しいなんて言い訳だ。上位には連絡するくせにね。

連絡弱者だ。いつでもひまだと思われてる。

ふざけるなよ。

勝手にやってよ。

 

 

| | | コメント (0)

現代語訳

現代語訳を

ばかにしては

いけない。

| | | コメント (0)

ぜんぜん

ぜんぜん

繋がらないのだ。

ニフティね。


| | | コメント (0)

3月7日発行の読売KODOMO新聞

3月7日発行の読売KODOMO新聞

童心社の本をあげていただきました。

読めるように、というのは感激ですね。

ルビが大変でございました。

時間制限が三時間。😢😢😢😢

Photo_20240314154101

| | | コメント (0)

ビギナーズ和泉式部日記が十刷りに。

当初、伊勢か和泉か、と言われ、

和泉にしました。

本当は伊勢の方が売れると思ったのですが……。

やはり専門の和泉式部日記にいたしました。

十刷りになって良かったです。

ありがとうございます(泣)。

Photo_20240314153001

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

病院検査ですね。


| | | コメント (0)

明日は検査

あしたは、

検査。

糖尿病ね。

朝早いのね🐱


| | | コメント (0)

資料忘れ

資料忘れ。

最近はものわすれひどいね。

今日はジムに行って、時間がないからまたね、

と言ったわけです。次の美容院を忘れていた。

なんだかな。

Coco

寒すぎるのでね。

もう帰る。

資料もないことだし。

 

| | | コメント (0)

よれよれ状態は

このよれよれ状態は

糖尿病の薬のせいですね。

眠いね。

ドロドロ。

でもね

明日は検査なのね。

それが終わったらガツガツ食べよう。

| | | コメント (0)

論文おくる

硯と几帳の位置を使って紫式部と道長の関係を示唆した、という論文を送りました。依頼ですね。召人の身分は下で可哀想~、なんていう見解は現在古くなっております。それにしても硯に「硯箱」という注釈がないのは超不思議。

| | | コメント (0)

ビギナーズ・クラシックスが一冊も出てないころの紹介文

ビギナーズ・クラシックスが一冊も出てないころの紹介文(「本の旅人」角川書店2001年8月)。

文庫になる企画から参加していたので書いたのね。

まさか、まさか、こんなにヒットするとは!!ありがたいですね。

それにつけても、なんだか自分が年寄になった気分、というか

実質年寄なのかな。頭の中はまだ大学院生ですが。

新人なのでよろしくね。

Hon_20240313072401

 

| | | コメント (0)

また風ですか

また風ですか?

寒いね。


| | | コメント (0)

断捨離の後

断捨離の後、手が痒いよ。

薬買うね。


| | | コメント (0)

髪の毛切る

髪の毛切る。

目にはいる。


| | | コメント (0)

今日も

きょうもさむい。

さむい。

さむい。

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

こちらはね。

前々から見られるわけではない。

無料配信です。


| | | コメント (0)

どーも

Dsc_1080

どーも

| | | コメント (0)

ネコ

Dsc_10822

| | | コメント (0)

断捨離

論集の原稿を出したので

時間ができた。断捨離だ。

一日でやったのね。手が痒いね。

疲れますね。喫茶店で寝てます。

最近、古い時代の本をポストするのは

そういうことなんですね。

Photo_20240312133801

| | | コメント (0)

ハヤクハヤク

とろい。

ハヤクハヤク。


| | | コメント (0)

病院到着

ハヤクハヤク。

あとは💊か。

| | | コメント (0)

寒いので

寒いので不機嫌な

シルビィちゃんでした。

Dsc_10752


| | | コメント (0)

今日は病院

今日は病院。

ハヤクハヤク

の薬屋ですね。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

断捨離終わりガックリ。

手が痒いよ。


| | | コメント (0)

渋谷で

渋谷。

交番でハチ公どこですか。

と聞いたら、となりに居た。

| | | コメント (0)

★おすすめ本―『レディ・ムラサキのティーパーティ』(毬矢まりえ、森山恵、講談社)

Hon_20240311203001

おすすめ本

★おすすめ本―『レディ・ムラサキのティーパーティ』(毬矢まりえ、森山恵、講談社)。
異なる文化からの刺戟が翻訳にもたらす様子がよくわかります。翻訳研究ではなく、翻訳のどこで苦しむのか、その様子が美しく繊細な文体で書かれています。一日十時間机に向かう!源氏物語の力がひしひしと伝わってくるような御本。おすすめ!

| | | コメント (0)

反応なしだ、捨てるかな。

Photo_20240311130201

ツイッターでは無視された。

うけない。捨てるかな。

| | | コメント (1)

大変だ

たいへんだ。

連絡忘れ。


| | | コメント (0)

病院行った。

病院行った。

検査結果を聞きに来るのが

遅い、と叱られる。

咳の医者は午後にするかな。

断捨離の続きね。


| | | コメント (0)

無料配信

むりょう

配信しても

本は売れないな。


| | | コメント (0)

★第十回目大河ドラマを100倍楽しむ方法(ポストまとめ)

★第十回目大河ドラマを100倍楽しむ方法(ポストまとめ)

■丑(午前二時)から寅(午前四時)#光る君へ

■『大鏡』には安倍晴明は出てきますが、実際はどうなのかな。#光る君へ

■花山天皇の出家事件九八六年六月二十三日、花山天皇は藤原道兼にだまされて内裏を脱出し、元慶寺に入って出家しました。懐仁親王を即位させようとする右大臣藤原兼家の陰謀。花山天皇を連れ出したのは道兼(+巌久)。道兼は評価依存だから父のいいなり。天皇が出家すると自分は立ち去りました。道隆と道綱は剣璽(けんじ=天皇位を象徴する剣と勾玉)を梅壺に運びました。#光る君へ

■兼家の深謀遠慮。道隆と道長の役割分担。#光る君へ

■ボロや→末摘花邸か。#光る君へ

■道長の歌
●思ふには忍ぶることぞ負けにける色には出でじと
思ひしものを(『古今和歌集』「恋一」五〇三、読み人しらず)
→あの人を思う気持ち。それを堪え忍ぶ心が負けてしまいました。表には出したくないと思っていたのに……。#光る君へ

■この手紙は、中世になって、かなりはやる縹(はなだ)の薄様(うすよう)ですね。#光る君へ

■紫式部の漢詩
既に自ら心を以て形役(けいえき=精神が肉体に支配されること)と為す 奚(なんぞ)惆悵(ちゅうちょう)として独(ひと)り悲しむ(陶淵明 帰去来辞)
(自分の心は身体の犠牲となっているのだから、くよくよとして悲しんでどうするのか。諸説有)#光る君へ

■道長の歌
●死ぬる命生きもやするとこころみに玉の緒ばかりあはむと言はなむ
(『古今和歌集』「恋二」五六八、藤原興風)
→死にそうな私の命。それが生き返らないかと試したいのです。そのためにわずかな間だけでも逢おう、と言ってほしい……。#光る君へ

■道長の歌
●命やは何ぞは露のあだものを逢ふにし換へばをしからなくに
(『古今和歌集』「恋二」六一五、紀友則)
→命なんて何になりましょう。それは露のようにはかないもの。だからあなたと逢うことと交換しても、ちっとも惜しくはないのです。#光る君へ

■道長の歌は『古今和歌集』の部立からすると「恋一」「恋二」という恋の初期であることがわかりますね。このように時系列で並んでいるのが勅撰集の特徴です。歌を作るときとか、調べるのが超便利。道長が使った歌は「命」が特徴になってますね。
#光る君へ

■行成の言葉→『古今和歌集』の仮名序です。→やまと歌は、人の心を種(たね)として万の言の葉とぞなれりける。歌は人の心が根本。そこから言葉が生まれるのです。
漢詩は志(『詩経』によるか)(諸説有)。#光る君へ

■まひろの漢詩は哲学的。歌でも心と身の相克が。「ものの数にも入らない心。だからそんな心に身を任せることができません。でもしょせん、こんな身の上に従って流されてしまうのは心だったのです」(数ならぬ心に身をばまかせねど身にしたがふは心なりけり)(『紫式部集』五四)心と身。卵が先か鶏が先か。紫式部の家集は難しい歌が多いです。#光る君へ

■道長の漢詩
我れまた君に相見んことを欲す。
(あなたに再び逢いたい)
わかりやすいですね。#光る君へ

■夕顔の衣は紅の衣。「わが御紅の御衣の着られたりつるなど」(夕顔)#光る君へ

■強い。まひろ。強い。都で見つめ続けるまひろ。#光る君へ

■社会の壁、身分の壁。この世で出逢ってはいけなかった二人。
――リフレインが叫んでる――#光る君へ

■源明子。父はあの源高明。安和の変で流された人。母は愛宮といわれています。愛宮は『蜻蛉日記』にも登場します。「「帥殿(そちどの)の北の方、尼になりたまひにけり」と聞くにも、いとあはれに思う奉(たてまつ)る」(『蜻蛉日記』)とあるので尼になった様子。また順番としては詮子に養われていた明子の方が先に道長と結婚したという説あり。#光る君へ

■「道長さまが雅信さまの婿になってから、襪の型を取りに使いを寄こしたので」というような詞書を持つ歌が『拾遺和歌集』(四九八)に。作者は愛宮(明子の母)となってますが、作者を明子とする説もあります。どっちにせよ明子と結婚した時期の方が早い。襪は足袋。その型が明子のもとにあったのですね。#光る君へ

■『扶桑略記』(蔵人左少弁藤原道兼・僧巌久、二人陪従す、縫殿の陣を出て、元慶寺に参る)や『一代要紀』、そして『百錬抄』には道兼と巌久が書かれています。巌久も花山天皇をそそのかしていた僧の一人。花山天皇は、いつもひとり、ひとりぼっち。誰も守ってくれない。#光る君へ

■花山院御製→「世の中をはかないものと思うにつけてもまず思い出すのは貴女のことなのです」(世の中をはかなき物と思ふにもまつ思ひ出づる君にもあるかな)「世を捨てようと思っていたころ、諟子(ていし)(頼忠の娘、公任の姉妹、花山の女御)のもとにお送りになった歌」(『玉葉和歌集』一五五一)(諸説有)#光る君へ

■道綱は転んでますが、本当は運動神経抜群、そしてメンタルもだいぶ強い。また強くなるように育てられました。それについては講座でお話ししますね。よろしくね。#光る君へ
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/011ap97ktfm31.html

■後から来た義懐と惟成は出家しますが、遅い、遅すぎる。(古語で「遅」は間に合わなかった時に使用)「門を遅くあけければ」(『拾遺和歌集』九一二、道綱母)、「遅かりし由良之助」(『仮名手本忠臣蔵』)「遅かりし原稿」(違)#光る君へ

■花山が退位する直前の歌合は九八六年六月十日、道長二十一歳の時の歌「あなたの御代に会った阿武隈川。その川は水が澄んでいるので、水底には万代の姿が映ってます」(君が世にあぶくま川の水清み底にぞ見ゆる万代の影)。曾禰好忠と勝負で「勝」。レフリーは義懐!そして花山の御代の持ち上げ歌!十三日後に花山出家。無常。#光る君へ

………………
★今週の参考文献#光る君へ
■『紫式部伝』(上原作和、勉誠社)■『花山院の生涯』(今井源衛、桜楓社)■『平安朝歌合大成二』(萩谷朴、同朋舎)■『安倍晴明の一千年』(田中貴子、法蔵館文庫)■『大日本史料第一編之二十四 花山天皇』(東京大學史料編纂所)■『新版 蜻蛉日記I(上巻・中巻)現代語訳付き』・『新版 蜻蛉日記Ⅱ(下巻)現代語訳付き』(川村裕子、角川ソフィア文庫、KADOKAWA、二〇〇三年)

★【大河ドラマを100倍楽しむ 王朝辞典 】今回は人物ではなくライフ・オブ・平安! 平安女子のメイク&ドレスセットは何分ぐらい?えーっ!!  #光る君へ
https://kadobun.jp/serialstory/oucyojiten/entry-87766.html

 

| | | コメント (0)

さすがに疲れて

さすがに疲れて

本の整理までは

いかないな。

おやすみね。

 

| | | コメント (0)

今日は肩を動かしました

今日は肩を動かしました。

あとは調べ物ね。

少しね。

 

| | | コメント (0)

ゲラ捨て

 

Kousei

ゲラ捨て。

意外と少ないな。

妹によると途中で

一回捨ててるよ、

ということでした。

 

| | | コメント (0)

掃除、掃除ですね。

咳が止まらない、

花粉症がひどい。

ということで、

掃除をしなければ。

業者を呼んで大々的にするのだ。

だんしゃりなので。

その前に全部出さないとね。

これ、体力いるんだわ。

まず日程をきめようね。

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

寒い。

いつまでも寒い。


| | | コメント (0)

須原屋本店於ガラスケース

Photo_20240309162501

| | | コメント (0)

咳がとまらん

雪の日に

買物に走ったり

速達出したり

したので

咳が止まらない。

病院行ったよ。

 

| | | コメント (0)

書道の方、雅号があるので変換難しいね。

文房四宝については『文房四宝』(宇野幸村、平凡社カラー新書、平凡社、一九八〇年)、『硯の文化誌』 (北畠雙耳・北畠五鼎、目の眼ライブラリー A1新書、里文出版、一九九八年)、 『源氏物語とかな書道』(駒井鵞静、雄山閣、一九八八年)など参照。

| | | コメント (0)

少しは誉められた糖尿

少しは誉められた糖尿。

きりがない。

来週の水曜日にも行くのであった。

 

| | | コメント (0)

今日のおすすめ本―『本を売る技術』(矢部潤子、本の雑誌社)

おすすめ本

Photo_20240309131301

本への愛情に満ちた本。

今日のおすすめ本―『本を売る技術』(矢部潤子、本の雑誌社)。

本好きの人すべてにすすめたい。本屋さんの努力に涙涙涙。

「毎日平台を入れ替える」「入れたら売る責任がある」

「書店員は棚に癒される」「今入荷した状態に整える」

(新潮文庫のスピンは毎日全部もとにもどす)……。すごい。

自分の本が3冊目からなぜ天地逆になっているのかわかった。

スリップ(ひらひらしてる短冊)の意味も。

この本をお金のため、とか言う人は本を愛する資格なし。

家のなかにいて「本は売れない」などと言うことなかれ。

★書いたら売る責任がある

商売という一言で一括りにして馬鹿にしてはならない。

そんな学問は不要。不要論です。

| | | コメント (0)

論集は530頁以上

論集は530頁はゆうに超えました。

もう少しお待ちくださいませ。

三日で七本の論文まとめ、

なんとかクリアーいたしました。

今は推薦者の先生のところに行ってます。

一番大変な仕事が終わってほっとしております。

論文はまとめるのが大変ですね。

今日は病院に行って咳止めを

もらってきました。

 

| | | コメント (0)

詩経

これはすごいおすすめ本。ビギナーズの詩経と楚辞。最初は詩経が古今集と対極になる、という文章を読んでびっくりしたのね。それで調べたの。ビギナーズ詩経の最初、解説のなかに仮名序が出てきて、びっくり。でもね、対極ではないよね。このビギナーズとてもわかりやすい。ただ表紙が可哀想。

Photo_20240308210701

| | | コメント (0)

富士美術館

富士美術館

Photo_20240308204401

寒い。たくさん見ましたね。

 

| | | コメント (0)

せんす

Photo_20240308114701

泣く子もだまる車争いのセンス。

発表時に使う。

質問があったら

パチパチ鳴らすのだ。

| | | コメント (0)

不適切にもほどがある!

不適切にもほどがある!
→原稿提出の時期

| | | コメント (0)

お菓子ね

Dsc_10622

| | | コメント (0)

一番

一番大変な

しごとおわり。

二十五の論文まとめ。

三月に送ってくるなよ。

十二月締切で。

まとめる時間が二日かよ。

まとめる人の身になってよ。

締切一ヶ月過ぎたら、

切らないとね。

ご放念下さいませ。


| | | コメント (0)

終る

二十四本

論文まとめ

終る。


| | | コメント (0)

かんべん

3月に送ってこられると

こまる。

しんじがたい。

十二月十五日〆切。

これからまとめるんだよ!

まとめる人の立場に

たってほしいな。

ドミノ倒しを防げないよ。

 

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

寒すぎ。

いいかげん

暖かく

なれ。


| | | コメント (0)

大変だ

たいへんだ。

書道の宿題だ。


| | | コメント (0)

今日は富士美術館にいきました

今日は富士美術館に

行きました。

かなり遠かったです。

ひー。

武蔵野の端から端までですね。

 

| | | コメント (0)

知らない駅

しらない

駅だから

途中で

降りた。

降りる必要はなかったのだ。

武蔵野の端から端まで。


| | | コメント (0)

世の中の人は

よのなかのひとは

夕霧が好きらしい。

言葉にデレカシーのないやつだ。

ふーん。


| | | コメント (0)

アレルギー

あれるぎーかな。

一行目の文字が

いつも

でてきませんね。


| | | コメント (0)

おはようございます✨

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

今日はおでかけです。

寒いですね。


| | | コメント (0)

少し

すこし

予習でもするかな。


| | | コメント (0)

寒い

さむい。

なんで夕霧?

信じがたい。

エー。


| | | コメント (0)

3月5日発売号のAERA with kids

3月5日発売号のAERA with kidsに『平安時代の古典と文化』(童心社)が紹介されてます。古典を子供たちにつなぐ活動の一つです。ご賛同いただきますれば、幸甚でございます(泣)

Aaaa

| | | コメント (0)

くしゃみが

くしゃみが

止まらない。


| | | コメント (0)

本オウケイ

ほん

オウケイ

記事に

なってました。


| | | コメント (0)

本屋さん

ほんやさん。

病院。

それより

昼ご飯。


| | | コメント (0)

薬だ

くすりだ。

ハヤクハヤク。

遅いな。

| | | コメント (0)

ハヤクハヤク

れいじょうめーる。

まとめメール。

須原や。

写真とお礼。


| | | コメント (0)

病院到着

病院到着。

寒い。

寒い。

| | | コメント (0)

おはようございます

おはようございます。

今日は病院ですが、

その前にひとつまとめましょうね。

まだまだ寒いです。

 

| | | コメント (0)

論文

論文読んだよ。

また予習ね。

大河のね。


| | | コメント (0)

諸説乱立

諸説乱立

なぜ道長は自分のせい、と思ったのか?

1、道長がお金を渡したので「ひと思いにやってくれ」という意味と受け取った。

2、道長のような年下風情がお金で人を動かせると思っているのが憎かった。何か復讐しようと思った。

3、道長の渡したお金が少なかった。

| | | コメント (0)

なぜ道長は自分のせいだと思ったか。

【諸説乱立】
1、道長がお金を渡したので「ひと思いにやってくれ」という意味と受け取った。
2、道長のような年下風情がお金で人を動かせると思っているのが憎かった。何か復讐しようと思った。
3、道長の渡したお金が少なかった。

| | | コメント (0)

第九回目大河ドラマを100倍楽しむ方法(ポストまとめ)

★第九回目大河ドラマを100倍楽しむ方法(ポストまとめ)

■ようこそ! 平安時代にいらっしゃいませ!!

http://www.kariginu.jp/
のフリー素材より。
無料配信のはじまり~ 今日は……。

■ドラマのなかの灯台がきれいですね。高坏灯台(たかつきとうだい)でしょうか。やや低いのね。平安の照明器具です。上に置いてある紙燭(しそく)がきれいな光を放ってますね。直火です。だから火事が多かったのですね。#光る君

■赤染と穆子(ぼくし)(石野真子)はバチバチですね。赤染はモテモテなので穆子が疑ってもしょうがないかな。夫の匡衡(まさひら)はいつも心配してます。『匡衡集』に出てきますね。#光る君

■兼家の一芝居打った様子。すごいね。「一族意識」はよく『蜻蛉日記』にも出てきますよね。そして加担していく道兼の様子。よくできてますね。そうか。DVは芝居。兼家からの評価依存。それで道兼の承認欲求は満たされたのでしょうか。まだまだ使われそう。長男道隆はちょっと影が薄くなってきたかな。#光る君

■兼家の権謀術数。近しい人からだますわけね。#光る君

■調伏もやらせ。ただ、それだけオーバーによりまし(よりましは霊がついた人。霊はよしこでした)が暴れてましたね。「調伏がうまくいかないので、人に笑われないよう、修験者が一生懸命祈ってるのはひどく苦しそう」(『枕草子』「苦しげなるもの」)と出てきます。調伏もうまくいかないのね。なおここにでてくる「人に笑われる」は平安の恥モードのなかでも最も忌避される恥。#光る君

■兼家と陰陽師は結託します。いかにもありそうですね。『蜻蛉日記』のなかにも陰陽師が出てきますが、「たたむ月に死ぬべし」とかすごいことを言ってます。でも死ななかった。道綱母は例によって「幸いがある人は命が短いけどね」などと言ってます(『蜻蛉日記』下巻)。#光る君へ

■なつかしき平安京エイリアンにも出てきた検非違使(けびいし)。有名なのは『栄花物語』の「みはてぬゆめ」。為尊親王(和泉式部の恋人)が御簾(みす)の帽額(御簾の上の部分)が破れているのを見て「検非違使の捜索で破れたような御簾のへりだな」と言った話でしょうか。検非違使は乱暴だったのね。#光る君へ

■卯の刻は午前六時から七時ぐらい。#光る君へ

■鳥辺野は、東山区京都市東山区中央部から南方に広がる原野。葬送の地。火葬が多い鳥辺野。みんな鳥辺野の煙をじっとみつめていたのです。帰ってこない人の面影を抱きながら。#光る君へ

■鳥辺野で有名な歌は『更級日記』のなかで行成さまの娘が書いた「鳥辺山谷の煙の燃え立たばはかなく見えし我としらなむ」(『拾遺集』詠み人知らず、一三二四)ですね。孝標女はこれをお習字のお手本にしてました。ところがこの歌のように行成の娘は亡くなってしまったのです。そして、この女子の生まれ変わりが、あの上品な猫ちゃん。#光る君へ

■ここら辺、源氏の夕顔を思い出しますね。悲惨。夕顔はなにがしの院で物怪に襲われます。そして亡くなってしまうのでした。遺骸は惟光が東山に運びます。光源氏はたまらなくなって、夕顔の遺骸のある鳥辺野に行きます。帰りはつらすぎて馬にもちゃんと乗っていられない状態。死別のつらさに狼狽する源氏。せつなすぎる。#光る君へ

■紫式部の伯父さん(為頼)の代表歌「この世に生きてて欲しい、と思う人ほど、どうしてこんなにたくさん亡くなってしまうんだ!どうしてなんだ!」(人をこそあらましかばと思ふ人亡きが多くもおもほゆるかな)。絶唱。平安人も死別の悲しみのなかで苦しんでいました。この闇のような苦しみに終わりはあるのでしょうか。直秀……。#光る君へ

■花山天皇出家しそう。かの義懐(よしちか)の家で詠んだ長能(ながとう)(道綱母の弟)の哀しくもむなしい歌があります。「我身にかえて、分別もなく、花の散るのを惜しんだのですね。生きていれば、これから来る春もあるというのに」でも「これから来る春」は来なかった。いったいどんな気持ちで花山院はこのつらすぎる歌を選んだのでしょうか。→『ビギナーズクラシックス拾遺和歌集』の二三頁参照。#光る君へ

■惟規は大学寮に入ります。この時代の唯一の大学ですね。入るのも入ってからも大変。ですので惟規はダメンズではない。大学寮は試験が多いのね。それに受からないと最終的に役人にはなれない。夕霧が有名ですね。源氏は大学寮に入る必要のない夕霧を大学寮に入れてしまいます。源氏のスパルタ教育。可哀想な浅葱色。#光る君へ

| | | コメント (0)

無料配信

■ようこそ! 平安時代にいらっしゃいませ!!

Wellcome2-1 

http://www.kariginu.jp/

のフリー素材より。

 

 

| | | コメント (0)

★【大河ドラマを100倍楽しむ 王朝辞典 】

★【大河ドラマを100倍楽しむ 王朝辞典 】

今回は人物ではなくライフ・オブ・平安! 

平安女子のメイク&ドレスセットは何分ぐらい?えーっ!!  #光る君へ

https://kadobun.jp/serialstory/oucyojiten/entry-87766.html

 

| | | コメント (0)

さらしな

さらしな見るね。

| | | コメント (0)

さらしな

さらしな

ちえっく

すること。


| | | コメント (0)

自分の本

自分の本

入れること。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

メール

さらしな確認。

ビギナを出す。


| | | コメント (0)

そうか

Photo_20240301202901

 

| | | コメント (0)

おすすめ本―『谷崎源氏の基礎的研究』(大津直子、武蔵野書院)

大著。

谷崎源氏と時代の波。

谷崎のエネルギーがのりうつってますね。

ツイッターでは社会学者や翻訳の大家が

いいねをつけてくれました。

このような広がりは大切なことだと思います。

Photo_20240302192601

| | | コメント (0)

いつもツイッターばかりに

いつも

ツイッターばかりに

なりますね。

写真が入らないのね。

 

| | | コメント (0)

昔、畏れ多くも早稲田の入試問題に採用された。

畏れ多くも早稲田の入試問題に採用された。

■2007年度早稲田大学商学部九月入試→川村裕子「貴族生活と物語」(『和歌と貴族の世界』所収、塙書房、2007年)この本、和歌文からの依頼。平野先生、小川剛生さん、浅田さんたちとご一緒。そうか、論文って融合問題になるんだ。さすが早稲田!

あらららららら、大和で書いてますね。

 

| | | コメント (0)

最近のおすすめ本

★おすすめ本――『古典教育をオーバーホールする』(菊野雅之、文学通信)。今だからこそ読みたい本。古典教育を歴史的に捉え、また教材研究についても詳述。教育史と教材論が噛み合って厚みのある音色を響かせています。特に第二部の教材研究は研究の糸口を示唆して有益。明快な思考を下敷きとするすがすがしい文体が胸を打つ。
菊野先生はこの間の早稲田シンポの主催者です!

★おすすめ本――『傷だらけの光源氏』(大塚ひかり、辰巳出版)。『源氏物語』の登場人物。そこに描かれるリアルな姿を追求。特に夕顔の音の描写、大君の貧乏の様子、末摘花が描かれた理由などがすばらしい。源氏を読み込んでいる筆者の目線は新しく、そして詳細!おすすめです!! 

| | | コメント (0)

ツイッターで受けた記事

【今日の失態】メイクがあると聞いて、ギラギラになるかな、と思ったら「今のお化粧をおさえめにさせていただきます」と言われました!うっ。いつも化粧すごいのだ。近江の心地なむしける。

これがすごく受けてます。

メイクでは、

ツケマツケビッチザワノフスカヤにしていただけるかと思ってました。

和田アキ子さんみたいにね。

今、はやらないのかな。

ザワノフスカヤ。

| | | コメント (0)

今日は

きょうは、

校正一つ。

郵便物二つのみ。

お手紙書いた。

あと、本の感想書いた。


| | | コメント (0)

揺れ

こんなに揺れて

ダイジョブか。

ひどすぎ

| | | コメント (0)

三月だ

さんがつだ。


| | | コメント (0)

失言

テレビ局に送った資料。→ご質問にこたえて。

自分の発言の削除要求も出しましたね。

★後妻打ちについては
→(『平安貴族の結婚・愛情・性愛』 増田繁夫/著 青簡舎 2009.10)
(八七頁~九四頁)が詳細でした。
→なお、増田さんは『蜻蛉日記』も出してますがこれはやや難。時姫をうわなりうちにするのはちょっと難しいかも。

ただ結論は正しいと思います。
→「多妻制社会においては、こうした妻たちの対抗意識は日常的なものであった。妻たちは、一般によくいわれるように、夫の「愛情」といったあやふやなものを第一に求めていたわけではなかった。自己の妻としての地位は、そのままに社会の構成員としての自己のアイデンティティを示すものであったから、何よりも自己の社会的地位としての「妻の座」こそが第一義の関心事だったのである」

……うわなりうちの用例……
■寛弘七年二月十八日(『権記』)
→『史料纂集 権記』(二三四頁)
■長和元年二月二十五日(『御堂関白記』)
→『大日本古記録 御堂関白記』中(一四〇頁)

輔親、なにやってんの?これ、拾遺集歌人の輔親ね。よほど変なことしたか、妻にした蔵命婦の人格がきつかったか。二回のうわなりうちの元凶ですかね。この蔵命婦はお産婆さんとして有名(『「源氏物語」の時代を生きた女性たち』(服藤早苗、NHK出版、八八頁)でした。彰子の出産にもたちあって、道長のむすめたちの出産にもたちあっているということです。

だからあなどれない。一般普及はあなどれない。

失言するところでしたね。

 

| | | コメント (0)

« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »