« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月

国営放送 部屋

Photo_20240229215601

| | | コメント (0)

鍵国営放送

Photo_20240229215401 

鍵鍵鍵鍵鍵

| | | コメント (0)

いやー疲れたぴ

疲れましたね。

はらはらどきどき。

暗記はできないからね。

まあまあ、受け答えはできたかな。

おおおおお、すごい。

委細後日ね。

隣の部屋に100分で名著の人がいた。

| | | コメント (0)

国営放送NHK

Dsc_10472

遅いな✨

NHK

にお呼ばれしました。

疲れたピ。

 

 

| | | コメント (0)

縁語につきまして

縁語の特徴は重層性と統一感。同じ種類の言葉は+ではなくかけ算で
頭のなかに残ります。ビギクラ拾遺和歌集の「はじめに」(3~4頁)。
→華麗な平安のハーモニー/きらめくメロディ/和歌のリズム/オルゴール
/キラキラ響く王朝の音色
→1頁半を音楽の縁語で書いてみました。大変でした。1頁半で

一ヶ月かかりました。

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

今日ははやいのね。

ビックイベントあります。

👀‼️何かな?

お楽しみにね🐱

| | | コメント (0)

さむいじゃないか

さむいじゃないか。

ピューピューでしたね。

ジムにも行ったよ。

あとは伊勢丹ね。

夕飯買いましたよ。

今日はともだちの講座を聴くんだ。

| | | コメント (0)

グラタン

グラタン。

Dsc_10432

@SOMETHING。

校正来たね。はやく帰ろ。

 

 

 

| | | コメント (0)

メガネ

メガネ直そうね。

腕がとれそう。

ちょこっとカーブスに

行った。

よれよれ。


| | | コメント (0)

シャワー

shower

 

| | | コメント (0)

字が溶けた論文

Dsc_10422

字が溶けた論文。

何とかするね。

 

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

靴。

| | | コメント (0)

おお、

おおお、原稿が集まった。

すごい。

すごくないか。


| | | コメント (0)

靴や

くつや

さんに

行きますね。

足痛い。


| | | コメント (0)

病院行きましたよ

今日は病院の日でしたね。

寒かったね。

明日もはやいね。

明日は水曜日だ。

 

| | | コメント (0)

バタバタ

バタバタ終わりました。

今日はかぜがひどくて

ころびました。

こわいよ。

| | | コメント (0)

風でころんだのね

かぜで

ころんだのね

| | | コメント (0)

転びそう

かぜで

転びそう。

怖い。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

お腹空いた。

| | | コメント (0)

なかなか

なかなか

大変でしたね。

市役所ね。



| | | コメント (0)

なかなか

なかなか

大変でしたね、

市役所ね。



| | | コメント (0)

6刷りになりました!

Skm_c250i24022621360

| | | コメント (0)

最終通達

論集の玉稿はいかがでしょうか。実は現在頁数の割り振りをしております。三月からは製本の段階になります。みなさま校了に入りました。というわけで、御進捗状況で、もしも二月末日までの御原稿が難しい場合は、すいませんが、玉稿の方をご放念下さいませ。大変失礼なことを申し上げて、申し訳ございません。十二月十五日〆切りで、だいぶ日にちがたってしまいました。こちらの窮状をお察し下さいますれば、幸甚でございます。川村 裕子

| | | コメント (0)

なんでなんで

きのうの

生協の夕飯と

変わらない値段。

ランチプレート。


| | | コメント (0)

Tripart_0001_burst20240226122857152_cove

蓮の箸置き。

はちすのつゆとわれぞ

けぬべき

何のために兼家は

蓮のみを持ってきたか。

諸説乱立。


| | | コメント (0)

花山天皇の歌

★哀しくもせつない花山天皇の歌。#光る君へ「世間の人々よりつらい思いを抱えているからだろうか。雁の涙が私の袖をびっしょりと濡らし続けているのは」(なべて世の人より物を思へばや雁の涙の袖に露けき)(弘徽殿の女御が亡くなった秋、雁が鳴いているのをお聞きになって→『続千載和歌集』二二一八)寛和元年七月十八日弘徽殿没。

| | | コメント (0)

花山帝

かざん帝

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

寒いかな。

シャワー。


| | | コメント (0)

まだくるか道兼は悪い奴

まだくるか

道兼は悪い奴。

実在とドラマは違う。

ばかか。

| | | コメント (0)

第八回目大河ドラマを100倍楽しむ方法(ポストまとめ)

第八回大河


■道長には弓がつきものですね。大鏡を思い出しますか。道綱も負けそうなチームを
優勝にみちびくほど弓が上手。勝負運のメンタルが強い一族ですね。#光る君へ

■えっ紫式部が御簾上げるの?サービス。#光る君へ

■雅信パパは倫子さまを本当は一条天皇の所に入れたかったんですね。でも、倫子さまは打毬(だきゅう)の時に道長に一目惚れですかね。柏木の逆バージョンかな。小麻呂を抱いたまま立ってる倫子。#光る君へ

■赤染は賢母かもしれないが良妻ではありませんね。モテモテ。道綱とも噂になってます。#光る君へ

■倫子(黒木華)さまはチークが他の人よりも濃いですねえ。赤い。お肌もツヤツヤ。健康的に見えますね。四十四歳の時に最後の出産、そして九十歳で大往生!おめでとう!
#光る君へ

■倫子と道長を応援したのが倫子ママの穆子(ぼくし)(石野真子)といわれています。穆子は朝忠(あさただ)という有名な歌人の娘でした。朝忠は百人一首に入っている(「逢ふことの絶えてしなくはなかなかに人をも身をも恨みざらまし」)(『拾遺和歌集』恋一、六七八)が有名ですね。#光る君へ→「朝忠達の交遊―延喜九年(九○九)~天慶九年(九四六)―」(川村裕子、和歌文学研究五十、一九八五年四月)

■病気の時の読経。物怪がついて病気になると思われてました。物怪調伏。憑坐(よりまし)に霊をうつしました。ここでは弘徽殿女御でした。花山の寵愛を受けた女子。
紐女子ですね。
#光る君へ

■兼家は病気でしょうか。実際は本年九八六年の十月十日には円融院の大井川の行幸に参加してますね。「兼家参仕」(『日本紀略』)。ここでは詩や歌が詠まれました(『百錬抄』「賦詩詠歌」)。→『蜻蛉日記の表現と和歌』(川村裕子、笠間書院、二四九頁)#光る君へ

■強いぞ詮子。自立した。#光る君へ

■藤原惟規は馬鹿ではありません。和歌はすごく上手。#光る君へ
→『惟規集評釈』(池田和臣・徳武陽子、青簡舎、二〇一七年)参照。

■道兼はDVを受けていたのか。評価依存とDV。現代社会の重い問題が投影されていますね。シナリオは文学。#光る君へ

■またまひろの家がボロボロ→築地に注目#光る君へ
こういう細部にまで心遣いが。ぼろぼろといえば
伊勢物語ですね。

■あー、道兼が来た。#光る君へ

■がまんして琵琶を弾くまひろ。琵琶は四絃といわれています。撥は水牛の角(つの)または黄楊(つげ)で作ったということです。琵琶では、無名の琵琶が有名かな。名器といわれている琵琶で『枕草子』に出てきますね。#光る君へ

■あと、琵琶で有名なのは、正倉院の螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)
ですね。らでんの輝きがステキですね。#光る君へ
https://www.kunaicho.go.jp/kids/shosoin/houmotu.html

■道兼は兼家にコントロールされている。コントロールされた人は他人をコントロールしようとする。そして、他人が自分の思い通りにならないと切れる。偶然を偶然と書かないのがドラマツルギーの鉄則ですね。

■琵琶で口説くのはダンディ資通。『更級日記』。「あの時雨の降る夜のような時に、ぜひ知っている限りの琵琶の曲を全部弾いてお聞かせしたいのです」この人、さらちゃんが結婚してから日記に出てきます。なぜかな。なぜだろう。考えてみてね。
#光る君へ

■琵琶で、はずせないのは『源氏物語』の橋姫巻。薫が二人の姉妹をチラ見します。そこで堅物の薫が恋におちるのでした。「内側の姫君は、一人は柱に少し隠れていて、琵琶を前に置いて撥を手でもてあそびながら坐っていました」→撥で月をまねく、と言ったのは大君(諸説有)。琵琶の撥ですね。箏(そうのこと=今のお琴)に前かがみになっているのが中君(諸説有)。→『はじめての王朝文化辞典』の370頁を見てね。#光る君へ

★今週の参考文献#光る君へ

■『紫式部伝』(上原作和、勉誠社)■『御堂関白集全釈』(平野由紀子、風間書房)■『平安朝歌合大成二』(萩谷朴、同朋舎)■『大日本史料第一編之二十四 花山天皇』(東京大學史料編纂所)■朝忠は穆子(石野真子)の父「朝忠達の交遊―延喜九年(九○九)~天慶九年(九四六)―」(川村裕子、和歌文学研究五十、一九八五年四月)■『ビギナーズクラシックス拾遺和歌集』(川村裕子、角川ソフィア文庫)■『はじめての王朝文化辞典』(川村裕子、角川ソフィア文庫)■『惟規集評釈』(池田和臣・徳武陽子、青簡舎)■『蜻蛉日記の表現と和歌』(川村裕子、笠間書院)

| | | コメント (0)

琵琶

https://artexhibition.jp/topics/news/20240220-AEJ1877750/

琵琶ですね。

| | | コメント (0)

読むべき本

よむべき本

今日の購入本。『往生要集入門』(石田瑞麿、講談社学術文庫)二月出版。往生要集は九八五年成立。今の大河と同年。花山院、年号、栄花物語にチェックをつけるべし。

| | | コメント (0)

今日は

きょうは

💤ね😭😭

眠いね

ダウン。


| | | コメント (0)

美容院

これから

ズームですね。


| | | コメント (0)

ツイッターの住所

https://twitter.com/kagekageko

ツイッターの住所です。

眠いね。

| | | コメント (0)

ブログが

ブログが変。

写真が入らないね。

だからツイッターになるのね。

 

| | | コメント (0)

桜の

さくらの

ボールペン。

校正終わるたんびに

何か買う。

破産だ。

 

Dsc_10382

| | | コメント (0)

これはなんとも

Mikado

帝のいる香炉峰。

珍しい絵ですね。

童心社の仕事でみつけました。

めずらしいですね。

| | | コメント (0)

今日は隣町に行った

今日は隣町に行きました。

ううう、寒くなりました。

歩いたよーん。

一万二千歩でした。

大宮三省堂すごい。隣町のことを悪く言えない。

Photo_20240224175901

| | | コメント (0)

後輩が

立教の後輩が日記文学を研究したい、

ということで送ってくれました。

うれしいですね!

 

 

Photo_20240224095401

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

論文まとめかな。

どうかな。


| | | コメント (0)

今日二つめの原稿だした

大至急だした。

あしたからまた

論文まとめか人物書きね。

どこからかな。

 

| | | コメント (0)

寒いね

ほしのに

行きました。

寒いね。


| | | コメント (0)

終わったと思ったら

論文一つ終わったと思ったら

再校が来た。最高。

注が多い論文は嫌いだ、

といいつつ注が多いな。

注は最後の最後まで本文から

出してはいけない。

絶対に順番がぐちゃぐちゃになるのでね。

 

| | | コメント (0)

さくら

Dsc_10302

写真が大きいかな。


| | | コメント (0)

講座

Photo_20240223084501

これは終わったかな。


| | | コメント (0)

お菓子

Dsc_1027

星乃珈琲。

お菓子です。


| | | コメント (0)

今日は一つ

今日は一つ

何とかですね。

終わらせたいですね。


| | | コメント (0)

雨だと

雨だときついかな。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

大宮に行けるかな。

靴ね。


| | | コメント (0)

今日は一つだけ提出

今日は一つだけ提出でした。

寒いね。

| | | コメント (0)

昔のシルビィたち

 

 

Mari_20240222211401

ちいさいころのまりとシルビィ。

まりの方が疲れてますね。

今は一日中シルビィがまりを

さがして鳴いてます。

まりは空に旅立ったのね。

 

| | | コメント (0)

寒いけど

さむいけど

外にでました。

暖房で空気が

悪くなりますね。


| | | コメント (0)

失言しないようにね。

しつげん

しないようにね。

後、半分書くこと。

これは音楽のことですね。

といっても楽器の

ことではないです。


| | | コメント (0)

成績つけ

せいせきつけ

遅れる夢見る。

もうないんだ。

よかったー。


| | | コメント (0)

最近は

さいきんは

ツイッターばかりで

ブログ少ないね。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

寒いね。

今日は誕生日でしたね。

やることたくさんですね。


| | | コメント (0)

誕生日だ

Screenshot_20240222082533

誕生日だ。

| | | コメント (0)

昨日は

きのうは、

暖かい。

今日は

寒いね。


| | | コメント (0)

こわすぎドコモショップ

こわすぎ

ドコモショップ。

充電器下さい、とスマホを見せながら言ったら「何の充電器ですか」と聞かれた。言い返そうと思って顔を見たら目が完全に死んでいた。こわいので出てきた。

| | | コメント (0)

寒すぎる。

寒すぎる。

買物行こう。

寒いね。

どれもって行こうかね。

 

| | | コメント (0)

道長

道長の年齢。


| | | コメント (0)

あれ

あれ。

原稿が集まってない。

れれれ。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

ともかく二つまとめましょう。

| | | コメント (0)

すごく暑いね

あしたは寒いとか。

いやですね😭

Dsc_1027

写真が大きいかな。

星乃珈琲ですね。

 

| | | コメント (0)

紀伊國屋

きのくにや

行くこと。

写真ね。


| | | コメント (0)

忘れ物が

わすれものが

ほんとひどい。


| | | コメント (0)

ドライヤー

ドライヤー買うか。

さがすジカンナイヨ。

ウオークマンもどこかいった。

お腹空いた。

| | | コメント (0)

病院到着

病院到着!

暖かい。

忘れ物した。


| | | コメント (0)

最近は

最近は

ツイッターの

方が

多いね。

| | | コメント (0)

意見

蜻蛉日記で

意見された。

良い度胸だね。

ツイッター。

| | | コメント (0)

岩波ベストテン

Eee_20240219102401

岩波ベストテンです。

三冊並びました。ありがとうございます(泣)。

 

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

ゴミ出し。

ハヤクハヤク。


| | | コメント (0)

予測がつかない予習

予測がつかない予習は

大変ですね。

一週間また大変だ。

| | | コメント (0)

二回目連載。カドブン。道綱です。

https://kadobun.jp/serialstory/oucyojiten/

カドブン 

連載二回目でした。

ツイッター書いていて忘れた。

 

| | | コメント (0)

★第七回目大河ドラマを100倍楽しむ方法(ポストまとめ)

★第七回目大河ドラマを100倍楽しむ方法(ポストまとめ)


■若い頃、道長はいつも矢を背負ってますが、これは武官姿ですね。おいかけ(顔の左右、ひらひら)が目立ちますね。武官姿がステキなのは『源氏物語』の鬚黒でした。
#光る君へ

■「やなぐい」というのは、矢を入れて背に負う武具です。扇みたいに広がって矢が一本一本見える感じ。矢の数は三十本ぐらいといわれています。(★『衛府官装束抄』)(★『衛府官装束抄』『続群書類従』第十一輯下 公事部装束部、996頁)
#光る君へ

■道長は弓矢で有名。『大鏡』に次々と矢をあてた話が出てきますね。→これについては『平安男子の元気な!生活』を見てね。道綱も矢が超得意。兼家さまの息子たちは弓矢が強かったのかな。弓はすぐに勝敗がつくから大変ですね。#光る君へ

■宿直というのは今のしゅくちょく。午前中は上日(じょうじつ)といいました。これが一か月に二十日以上。そして昼から引き続き「宿直」とよばれるものがあったんですよ。宿直は、今と同じ、泊まりの勤務。上日(じょうじつ)が一月(ひとつき)に二十日以上、宿直付きのワンセットは七日といわれているんです。ブラックですね。
#光る君へ

■気の弱い兼家さま。まるで『蜻蛉日記』に出てくる病気の時のようですね。(『蜻蛉日記』上巻、兼家三十八歳、道綱母三十一歳)この時は帰る道綱母をじっと見てましたね。#光る君へ

■兼家さまは道綱母の家に引き取った養女と詮子。二人を一緒に成人式させよう、と言ってます(『蜻蛉日記』下巻)。これってすごいことですね。養女は詮子さまと同格扱い。もちろん「妃がね」。でもね。養女は×だったのです。#光る君へ

■実資が道綱のことを悪くいう言い始め「僅かに名字を書き、一、二を知らざる者なり」は九九七年七月五日。でも実は、この日、道綱は大納言になって実資は中納言のまま。やつあたり。「一文不通」はもっと後(一〇一九年)です。寛仁三年(一〇一九年)六月十五日の記事です。なぜか「一文不通」ばかり書かれる。#光る君へ

■実資の蹴鞠は予告ですか。#光る君へ

■王朝の手紙は文使いがはこぶので、どこかに行ってしまうことが多いのでした。
#光る君へ

■邪魔しちゃった。#光る君へ

■花山天皇は為時のことを信頼しています(『花山院の生涯』)
#光る君へ

■斉信と清少納言ですね。#光る君へ

■打毬(だきゅう)は、二組に分れて、庭上に投げられた球を、馬上で打つわけですね。相手の陣地に入れた方が勝ち。ペルシャ起源。「まりうち」とも。また五月に開催されたという説もあります(一月という説も)。四人舞の打毬楽の方が有名かな。鞠をうつしぐさがあります。#光る君へ

■(新)みつけた!打毬の記録→九八六年六月六日の記録が時代的にとても近い。花山帝の御代なので。「打毬二番」(『日本紀略』)。円融院が仁和寺で主催した競馬の時。道長がいた確率は高い。この十七日後の二十三日「天皇密々出禁中」。花山出家。#光る君へ

■雨夜の品定め。『源氏物語』の帚木にでてくるボーイズトークですね。式部丞(しきぶのじょう)の話。ここでは博士の娘が出てきます。その女性は「漢文を書き上げる」と書いてあり、これは褒め言葉となってます。最後のにんにく(薬の匂い)の話はみんなが「ウッソー」(そらごと)と言ったのでした。#光る君へ

■まひろは4Fから自分の悪口を聞いてしまうのでした。これは源氏取りですね。
また猫が出てくるのもね。蹴鞠の時にでてくるのは有名。#光る君へ

■「雨夜の品定め」は『為信集(ためのぶしゅう)』にもちらっと出てきます。この家集はまひろの殺された母のお父さん、つまりまひろのおじいちゃんの家集と言われてます。だから『為信集』が源氏物語に影響を与えた、という説が強いです。ただ最近為信別人説も出てきたみたいですよ。和歌の研究はミステリアス!#光る君へ

■実資さま、これ以上道綱の悪口を言ったら、これを文春砲に送りますよ。
衣の数を数えているなどという言い訳は通じない!
敦成親王五十日の祝いの宴会(『紫式部日記絵詞』)

 

| | | コメント (0)

最近は

最近はツイッターの

方が多くなりました。

写真がね。

入らないのね。

大きすぎて。


| | | コメント (0)

今日の

今日の仕事

登場人物の整理。

大変だ~。

ぐちゃぐちゃになって

ますね。

 

| | | コメント (0)

★たらればさんのおすすめ本に平安男子!が

★たらればさんのおすすめ本に平安男子!が

朝日新聞withnews編集長水野梓さんがまとめた記事です。
なお、書名をクリックするとアマゾンに飛びます。
おすすめ本のトップにあげていただきました!ありがたいです!
たらればさんは最近「波」(新潮)にも角川のサイトにも
書評を書いていらっしゃいます。


https://withnews.jp/article/f0240218000qq000000000000000W02c10501qq000026632A

■大河ドラマ「光る君へ」深掘りしたい人へ たらればさんのおすすめ本

★そこで、「もっと源氏物語や当時のことを知りたい!」と思う人へ、おすすめの本を紹介してもらいました。

平安時代の貴族の生活から深掘りしたいのであれば、国文学者の川村裕子さんの『平安男子の元気な!生活』(岩波ジュニア新書)がおすすめとのこと。

藤原行成の1日を通して、この時代の公家の人たちのライフカルチャーが平易に分かりやすく紹介されています。

「彼らが何時ぐらいに起きていたか、どういう食事をとっていたか、なぜああいう服を着ているのか、ドラマの細かいことにも目線が行き届くようになりますよ。とっても分かりやすい副読本です」とおすすめします。

平安男子の元気な!生活(岩波ジュニア新書)

★そしてインタビューアー水野梓さんの言葉として
(水野さんは朝日新聞withnews編集長)

★大河ドラマ「#光る君へ」たらればさん
@tarareba722
スペース採録記事。
今週は、よりドラマを楽しめる「おすすめ本」を紹介してもらいました
わたしはまず「平安男子の元気な!生活」「紫式部と王朝文化のモノを読み解く」を読もうと思ってます

 

| | | コメント (0)

プリントつくり。

プリントつくりかな。

紫の新説さがす。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️


| | | コメント (0)

捨てる神あれば

捨てる神あれば

拾う神あり。

ですね。

 

| | | コメント (0)

校正提出

校正提出。

今ごはんだよ。

夜は打ち合わせ。


| | | コメント (0)

声が

声が大きい人たち、

帰ったかな。

と思ったら隣がうるさい。

⚡️👂️⚡️


| | | コメント (0)

にぎやか

こーひーかん

にぎやか。

Horizon_0001_burst20240217152709809_cove

写真が大きいかな。


| | | コメント (0)

校正二つ目おわり

校正二つ目おわり。

あとは論文読みですね。

あと校正を書き込みね。

 

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます。

校正しないとね。


| | | コメント (0)

シンポの失言シリーズ

フリガナふるのは大変なんですよ。

川村さん、フリガナふってばかじゃないの、

といつも言われるけどね。(失言)ぶっぶー。

| | | コメント (0)

ブログが書けないのは 写真が入らないせい

ブログは写真が入らない。

書きにくいね。

ちっ。

| | | コメント (0)

いやなこともあったけど

今日はいやなこともあったけど

まあまあですね。

もう打合せは限界か。

どうだろか。

 

| | | コメント (0)

ここから呼び出し

Dsc_1019

写真が大きいかな。

| | | コメント (0)

花山朝の打毬の記事

花山朝の打毬の記事みつけ!

二年間だからね。

ただ索引のない資料でみつけました。

ひー。大変でございました。

やったね。

来週の実況放送の時に

書きますね。

 

| | | コメント (0)

早稲田のシンポジウム視聴できます!貼りました。

早稲田のシンポジウム、菊野先生が編集して下さいました!

https://youtu.be/N_TG1Mcq2NI?si=2H40E2RrpzXViuaa

 

 

| | | コメント (0)

校正一つ出したよ

校正一つ出したよ。

あと一つ。

今日はジムに行こう。

夕方から書道ですね🐱


| | | コメント (0)

出藍

出藍の学生。

ゼミの学生。

筑波の院に行った学生。

日本文学に論文載ってた✨

Photo_20240215092701

すごいです。

 

| | | コメント (0)

ゼミの学生だった子の論文、日本文学にのる!

Photo_20240215092701

そうですか。源氏物語、源氏釈なんですね。

おお、すごいね。

出藍!!

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

今日は書道ですね🐱


| | | コメント (0)

今日は

今日は講座が刺激的。

兼家のおうち唐物尽くし。

面白い!

| | | コメント (0)

明日は打毬をさまざまですね。あと校正ね。

明日は打毬をさまざまですね。

あとは校正ね。

 

| | | コメント (0)

筑波の大学院へ

病気だったので知らなかったけど、ゼミの学生が筑波の大学院に受かってました!

私は私大出身なので、ほんとの出藍!出藍!出藍!

すごいです良かったね。感激です!

| | | コメント (0)

校正一つ終わって

校正一つ終わって

ボロボロ。

もう一つありますね。

二、三日あいたから、

十一月〆切りの原稿

書いてたら、二つがいっぺんにきた。

最近仕事の手順がぐちゃぐちゃ。

 

| | | コメント (0)

意識低すぎ

⭐️「現代よりも当時は女性の初潮が遅かった?」という疑問が生じているのですが、川村先生はどうお考えでしょうか?

公開質問。恥ずかしいと思わないのね。何を根拠に。意識低すぎ。単なるイチャモン。

| | | コメント (0)

うわー

うわー

校正が二つ入る。

ひー。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️


| | | コメント (0)

校正刷りを

今日は疲れて

校正刷りを切ることすら

できませんでした。

切るための定規は

買いました。

 

| | | コメント (0)

でもね。

でもね。

わかりみがはやすぎるのも困るね。

今度は源氏取りですね。

家集を二つ眺めましょうかね。

 

| | | コメント (0)

睡眠不足で

今日は睡眠不足で

ダウンでした。

そうなのね。

暖かい一日でしたね。

 

| | | コメント (0)

読者

りんし関係。

倫子関係。

一番読者が多いかも。

眠いね。

😵💤⤵️

| | | コメント (0)

今日はぼんやり

今日はぼんやり

してますね。

昨日朝方起きてたからね。

ぼんやりしよう。

頭は使わないのね。


| | | コメント (0)

変なお願い

変なお願い。

おすすめ本にしてくれ、

と言うものの、本は送らず、

アマゾンの古書で買え、

と言われた。

ひどすぎる。

いろんな人がいますね。

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

二度寝でしたね。


| | | コメント (0)

眠いのでしょう

めが

ドロリ目。

眠い

| | | コメント (0)

明日は打ち合わせ

明日は打ち合わせ。

ひー。

不言実行。

何もしない人ほど

あーだこーだ

言ってます。

→こんなことを言うから嫌われる。

清少納言の心地なむしける。

 

| | | コメント (0)

道長の詠んだ漢詩みつけ

道長の詠んだ漢詩は『白氏文集』
■「菊のお酒が杯に満ちている。でもいったい誰とこれを飲むのだろうか。
宮廷の菊の花を手にいっぱい持って、ただ一人、君をしのぶ。
君をしのびながら、菊の花のそばに立って、一日中、君の「菊花」の詩を口ずさんでいる」

(新釈漢文大系 第九十九巻 白氏文集(三)一〇九頁)
★漢字の羅列から道長の想いがこぼれ落ちています。まひろへの想いが声とともに哀しく響きます。せつない…。せつなすぎる…。

白氏文集多すぎる。さがすの大変。

Vvvvv

| | | コメント (0)

校正がきましたね。

Photo_20240212134501

| | | コメント (0)

昨日の行成の漢詩

昨日の行成の漢詩、どこかで見た。論文のなか。白居易。ひえー。日本漢詩文を調べても出てこないわけだ。
■「春別」と「春の別れ」―伊勢物語第七十七段の問題点―(山本登朗、國文學(関西大学)2007-03-01)
●おまけの俳諧→秋「月下独酌 月見ばや紫式部妻にして〈蚊足〉」→これおもしろいね。

Hhhhhhh

| | | コメント (0)

昨日のブログ訪問者数

これからね。

来週の予習ですかね。

それより旧全集の付箋紙を

なんとかね。

全部用例挙げるのは無理。

まとめよう。

これは依頼論文ですね。

■昨日のブログ訪問者数→152人

クリック数→349

→まあまあですかね。失言シリーズが入らないと

クリック数が増えないね。

| | | コメント (0)

★バズリ記事33.8万件の表示

■倫子さまは超健康。だから彰子・妍子・威子(いし)・嬉子(きし)を産みました。当時の出産は「母子ともに健康」が五〇パーセント切ります。無事だった倫子さまは超健康。そのうえ、はやくに亡くなった嬉子以外は、なんとすべて入内。また最後の出産が四十四歳!そして九十歳で大往生!#光る君へ
33.8万
件の表示
ポストのエンゲージメントを表示
929→リポスト
4,888→いいね
→これ、だいぶ本に書いてきたんだけどね。
川村裕子@『平安のステキな!女性作家たち』岩波ジュニア新書、『ビギクラ拾遺和歌集』角川ソフィア文庫

| | | コメント (0)

倫子

倫子の

長寿と

高年齢出産

が受けてます


| | | コメント (0)

★第六回目大河ドラマを100倍楽しむ方法(ポストまとめ)

★第六回目大河ドラマを100倍楽しむ方法(ポストまとめ)

■蜻蛉日記だ!!「嘆きながら、たった独りで寝てる夜。その夜があけるまでの時間がどんなに長くどんなにつらいか、あなたにはわからないわよね。戸をあけるのも待てないあなたなんかに……」(嘆きつつ一人寝る夜のあくる間はいかに久しきものとかは知る)といつもより、きちんと書いて、色が変わった美しい菊に手紙を付けて届けました。→うつろひ菊  (『蜻蛉日記(かげろうにっき)』上巻)

■まひろの言うとおり。『蜻蛉日記』序文に書いてあります。「天下の人の品たかきや、と問はむためしにもせよかし」→「この上もなく高い身分の人との結婚、それはいったいどのような生活なのかしら、と尋ねる人がいたら、そんな時の答えの一例にしていただきたいと思います」→この心理小説が後の源氏物語に大きな影響を与えたのでした。

■私も欲しい!!!『蜻蛉日記』の写本。見たい!!!。江戸時代のものが最も良い写本と言われているのね。見たい見たい見たい見たい。平安時代の写本。そうか。もう流布していたのか。986ごろ?

■うつろひ菊の論文初校でごんす。タイムリー。

■『蜻蛉日記』はダンディ兼家が書かせた、とする説もあります。道綱母はトロフィーワイフだからね。

■歴史の本など見ていると、なぜか兼家は道綱母の家に来ていないことになってますが、これをお読み下さい。兼家の出勤表。実はね。兼家さまはかなり頻繁に来ておりますのよ。★「蜻蛉日記の一研究―兼家の行状を中心に―」日本女子大学紀要:文学部 1955-02(上村悦子)

■道綱母は、姪っ子の代作してます。(『蜻蛉日記巻末家集』二八九番)その代作歌は、な、な、なんと花山寵臣の義懐(よしちか)にあてたものでした。つまり姪っ子の所に義懐が通ってたのね。えっ、義懐と兼家は敵対関係では?違う。実はみーんな親戚。(『蜻蛉日記巻末家集』二八九番)

■若い人たちを集めて漢詩の会。さすが道隆さま。道隆さまの奥様は漢文得意ファミリーの一人です。そう、漢文女子なのね。

■惟規はちゃんと働いてますよ。ダメンズじゃないよ。「『楽府』二巻 先日、二巻を献ず。『坤元録詩』二巻・『詩合』一巻・『其の日記』一巻・『後撰集』五巻 先日、進る所、八巻。『村上御記』の天徳四年夏の巻等を書く。惟規に付して奏せしむ」(『権記』寛弘七年(1010年)六月十九日)→惟規ね。大切なものを運んでます。後撰集か。『其の日記』ってなに?

■道隆の奥さんは高階貴子といいました。この人は「真名などいとよく書きければ」(『栄花物語』)とあります。漢文女子。伊周、隆家、そして定子の母です。有名な歌は『百人一首』にも入っている「忘れじの行く末まではかたければ今日をかぎりの命ともがな」(忘れない、とおっしゃる将来。その将来はあてにならないので、今日一日を最後の命としたいものです)。かなり強い歌ですよね。道隆が彼女の家に通いはじめた頃の歌。この人の漢文女子の素養は定子に引き継がれました。

■そう、平安貴族は対立してもドンパチやらない。漢詩の会で若い人たちの気持ちをぐっとつかむ。風流な会で心をつかむのですね。これぞ平安人の「みやび」。ドンパチしない、というところで『源氏物語』の「絵合」を思い出したあなたは平安沼の住人。

■そうか、探韻ではなくお題ですね。どんな題があるかな、というと
「木葉、落ちて舞ふがごとし」(権記、長保二年(1000年)九月二十四日)
「晴るる後、山川清し」(権記、長保五年(1003年)五月二十七日)

■でもね、対立してても実はみーんな親戚。ダンディ兼家のお兄ちゃん(伊尹)の子どもが義懐なんですよ。なんと花山ベッタリの義懐くんは、実は兼家さまの甥っ子なんだ!みーんな親戚。.

■清少納言は父親の元輔は超えられないと思ってました。特に歌ね。元輔は和歌の名人。『後撰集』という勅撰集を選びました。『紫式部日記』には彰子が内裏にもどる時のプレゼントとして道長が二つ(『元輔集』『後撰集』)を渡した時の話が出てきます(ほかにもあるけど)。紫式部はどんな気持ちで清少納言パパの家集を見ていたのでしょうか。そしてどんな気持ちでそれを記したのでしょう。

■やはり漢詩といったら藤原斉信(ただのぶ)様。清少納言と仲良し。彼は声が超ステキ。斉信様の必殺技は、その場にぴったりと合ったキャッチーな漢詩をかっこよく詠み上げることでした。そうです。「声に出して詠む漢詩」です。有名なのは道隆の法事の時に「月秋と期して身いづくか」「月は秋になるとまた照るけれど、その月をほめた人は、いったいどこへ行ってしまったんだろう」と朗詠した話。清少納言と定子は斉信さまのこの行動に超興奮!(『枕草子』一二九段「故殿の御ために、月ごとの十月」)

■斉信さまは清少納言に告白します。でも清少納言はうまくかわしました。「お友だちでいましょうね」などと野暮なことは言わなかったのね。斉信を傷つけないように横に話をずらしながら口説きをかわした。さすが清少納言!→詳細は『平安男子の元気な!生活』一一三頁をどうぞ。

■道隆は実は冗談が好きなほがらかな性格。この冗談好きは父の兼家に通じてますね。兼家はいつも猿楽語(さるごうごと)=冗談を飛ばしてました(『蜻蛉日記』)。
ただ『蜻蛉日記』に出てくる道隆は(上巻、中巻)かなりかっこよく書かれてます。特に中巻。鳴滝に籠もった道綱母を連れ戻すために来た道隆は、高欄によりかかって、とてもステキ。

■道隆のなかで有名な話は、お酒が好きだったこと。ある時、飲み過ぎて牛車のなかで寝てしまいました。とうとう一緒にいた弟の道長が起こしにきます。すると、きちんとした姿で車から降りて来ました。すごいね。でも道隆はお酒の飲み過ぎでしょうか、糖尿病で亡くなったのでした。

■『御堂関白集』には道長の歌があまり載ってないけど、道長周辺の女性たちの歌は多いのね。それ読むと道長が周りの女性たち――穆子、倫子、彰子たちをはじめとする女性たち――にすごく愛されていることがわかります。女性運が良い道長。おっとりしていたので、癒やし系男子だったのね。今だってギラギラ男子は嫌われるものね。

■倫子さまは超健康。だから彰子(しょうし)・妍子(けんし)・威子(いし)・嬉子(きし)を産みました。当時の出産は「母子ともに健康」が五〇パーセント切ります。無事だった倫子さまは超健康。そのうえ、はやくに亡くなった嬉子以外は、なんとすべて入内(天皇の妻)。また、最後の出産が四十四歳!そして九十歳で大往生!

■道長と倫子の結婚は詮子や穆子の力ですね。雅信さまは倫子を一条帝にいれたかったのではないかな。穆子が説き伏せたかな。

■詮子が強くなりました。この変貌ぶりがすごい。

★むかし、男、伊勢の斎(さいぐう)宮に、内の御使ひにてまゐれりければ、かの宮
にすきごといひける女、わたくしごとにて、
ちはやぶる神の斎(いがき)垣も越えぬべし大宮人の見まくほしさに
男、
恋しくは来ても見よかしちはやぶる神のいさむる道ならなくに

 

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

割りと寒い。

| | | コメント (0)

薬を

薬を買いに行こう。

予習終わり。

大河ももう少しね。


| | | コメント (0)

寒いね

二月山寒少有春

| | | コメント (0)

★兼家の出勤表

歴史の本など見ていると兼家は道綱母の家に
来ていないことになってますが、これを
お読み下さい。兼家の出勤表。かなり頻繁に
来ております。
★「蜻蛉日記の一研究―兼家の行状を中心に―」
日本女子大学紀要:文学部 1955-02
上村悦子

| | | コメント (0)

私怨を

私怨を削ろう。

すこしだけ。

論文からね。

これはもう少し後。

今日は校正で疲れましたね。

 

| | | コメント (0)

ようやく

ようやく一つゲラ入れる。

そしたら、ゲラ送ったという別件が。

原稿の調査と文科会の予習と

大河の予想ですね。

原稿調査はもう少しおきましょう。ヨレヨレ。



| | | コメント (0)

兼盛

平兼盛。

大歌人ですね。

赤染が娘とは思えないね。


| | | コメント (0)

方向転換

今、ちよっと方向転換。

調査をおやすみして

ゲラを見ますね。

 

| | | コメント (0)

へたな反抗

へたな反抗すると

仕事がなくなりますね。

 

| | | コメント (0)

お昼

お昼を

どうするかな✨


| | | コメント (0)

なくしもの

調べ物は今調べたいものが出て来ないで他のものが目に付く。それで他のもののメモは必ずなくす。→約半世紀のなやみ。情けなきこと限りなし。メモはブログかツイッターにあげとくね。■打毬の道具については『枕草子』一三八段参照のこと。■双六に熱中して終わらないのは『枕草子』一三九段参照のこと。

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

寒いですね🐱

| | | コメント (0)

寒いな

寒いな。

⛄️🎅🎁✨だからね。

冬だからね。

明日の計画。

 

| | | コメント (0)

今日は

今日は大変。

美容院にも行きました。

原稿は半分終了いたしましたね。

伊勢丹には行きませんでした。

 

| | | コメント (0)

★おすすめ本―『平安前期物語と和歌史―現実世界と物語世界を越境する和歌―』(高橋秀子、武蔵野書院)

★おすすめ本―『平安前期物語と和歌史―現実世界と物語世界を越境する和歌―』(高橋秀子、武蔵野書院)。お茶大の非常勤をしてた時、とびきり文章が上手な子がいました。私は授業中その子の文章を全部読み上げたのです。それが高橋さん。ずいぶんと大成されましたね。感無量。うれしいです。

Photo_20240210001901

| | | コメント (0)

あと半分は残ったね

あと半分は残ったね。

論文の清書ね。

枕は入れないでいいかな。

 

| | | コメント (0)

今日はずっと

今日はずっと

打合せでした。

小道具を理解すると

大河がわかるようになる、

というお話でした。

 

| | | コメント (0)

水をさすやつ

という話で盛り上がりました。

いるんだよな。

こういう人ね。

 

| | | コメント (0)

まとめ

今日は疲れてたかな。

ジム、喫茶店、下書き

書道でした。

ざざっと下書きできました。


| | | コメント (0)

下書き@珈琲館

Photo_20240208172901

ジムに行かなければね。

でも三時からだからね。

珈琲館でぐちゃぐちゃ下書き

終了いたしました。

 

| | | コメント (0)

陵王?

Photo_20240208172701

左側陵王ですかね。

中清が得意な舞ですね。

中清は道綱母の甥っ子です。

 

| | | コメント (0)

須原屋格上げ

地下から玄関横に

格上げ。

大河本ですね。

@須原屋本店

Photo_20240208172601

| | | コメント (0)

アカデミックライティング

アカデミックライティングは、難解に書くことではない。

ここらへん、 誤解ありますね

(失言)。

| | | コメント (0)

ジム行こうとしたら

ジム行こうとしたら、

三時からでした。

珈琲館に来ました。


| | | コメント (0)

パサージュ

パサージュ

講座。

ありがとうございました。

立教の後輩にも会えました✨


| | | コメント (0)

夜中に論文構想を思いつく

論文構想を

夜中に

思いつきました。

また、はじめに、は書き直し。

いつもそうですね。

論文のはじめに、は書き直し。

半世紀近く同じ事をしてますね。

我は何なり。

→これ『蜻蛉日記』の歌によく出てきます。

 

| | | コメント (0)

部屋がきたないな。

元輔の予習をしなけれ

ばね。

もとすけね。

かわいそー。

 

| | | コメント (0)

半分終わり。

論文は半分終わり。

少し資料を追加すること。

全部あげるのは大変だ。

かなり私怨めいた論文ですね。

まあ『蜻蛉日記』だからね。

私怨ですよね。

仕方ない。

| | | コメント (0)

一冊だけで

一冊だけでわかったことを

いう人がいて困るね。

れきしおたくめ。

 

| | | コメント (0)

お風呂

お風呂

はいったよ。

寒いね🐱

モトスケダ

忘れてた。


| | | コメント (0)

歴ヲタ

歴ヲタは

困りますね。

名前の読み方ばかり

絡む馬鹿。

わかるわけないよね。


| | | コメント (0)

明日のセッティング

明日のセッティング

クリーニング店に。

不二家のペコちゃんのような

衣装ですね。

寒いね。

あああ、書道の宿題だ。

 

| | | コメント (0)

トロい

トロい薬屋。

後にするかな。


| | | コメント (0)

病院

やっと

病院に来ました。

⛄️は溶けてますね🐱


| | | コメント (0)

アマゾン

Screenshot_20240206004401

岩波ジュニア新書のランキング

だそうです。

たらればさんのおかげですね。

ただ、男子本、四~五日なのね。

もうないのね。

 

| | | コメント (0)

古典文学研究

Screenshot_20240206003715

ありがとう

ございます✨🎉✨

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

❄️❄️❄️

いやだな。

⛄️ユキ。


| | | コメント (0)

資料集め

資料集めが

なかなか大変。


| | | コメント (0)

あっ、伊勢丹

伊勢丹だ。

えぬえちけいだ。

今日も行ったね。


| | | コメント (0)

取材入る

本年は取材入るね。

勝負の年ですね。

あとは余生だ。

| | | コメント (0)

すごい雪

すごい雪でした。

雪のためのコートを

洗濯屋に取りに行く。

雪の中をね。

本末転倒。

言語道断。

| | | コメント (0)

やはり集めよう

やはり資料を集めよう。

どうするかな。

腕がとれそうだな。

生協行こう。

 

| | | コメント (0)

花山朝の斉信の詩会

花山朝の斉信の詩会

みつからない。

来週の大河に出るようだけど。

うう。

 

| | | コメント (0)

雪のなかを

雪のなかを歩いて

雪のためのコートを

取りに行きました。

伊勢丹ね。

ついでに夕飯も買ってきました。

ううう。寒いな。

 

| | | コメント (0)

東京新聞夕刊二〇二四年二月三日

Photo_20240205102001

せっかくの平安ブームが出版業界だけでなく、教育現場も

巻き込む大きなうねりになってほしい。

| | | コメント (0)

おはようございます

おはようございます。

今日はコンピュータから

ですね。

雪降るかな。

| | | コメント (0)

岩波ベストテン

岩波ベストテン

ありがとうございます(涙)

Photo_20240205090801

| | | コメント (0)

今日は

きょうは

大河で興奮でしたね。

新聞社との、メールのやり取りもありました。

明日は資料集めかな。

パサージュの講座終わりね。

予習ね。

雪だったらどうするか。


| | | コメント (0)

また一週間

また一週間予習の日々。

すずりばこもね。

| | | コメント (0)

資料増やすかな

やはり硯箱の

資料増やすかな。

前半部をもう少しね。

空間の位相ね。

 

| | | コメント (0)

★第五回目大河ドラマを100倍楽しむ方法(ポストまとめ)

★第五回目大河ドラマを100倍楽しむ方法(ポストまとめ)
★一週間くらいかけて下書きを書きます。六時からの放送を見ながら調査校正、構成をします。本番では場面に合わせてかきためた記事をアップしていきます。

■角川サイト(カドブン)で連載(大河ドラマを100倍楽しむ王朝辞典)はじめます!二週間に一度の割合で、和歌を使った人物紹介やライフ・オブ・平安について語りますね。平安人の「心の音色」を聴いていただけたらうれしいです(泣)。
(訂正)道兼自身が亡くなった時の歌にしても。→「。」を「、」。すいません。
https://kadobun.jp/serialstory/oucyojiten/entry-86050.html

■道綱母は、『蜻蛉日記』を書いたことで有名。『大鏡(おおかがみ)』には「とても和歌の上手な人」(「きはめたる和歌の上手」)と書いてあります。また「本朝三美人のうちの一人」。他の二人は誰かな。ソフィア文庫のⅡに書いてありますよ。他の二人を書く本は他にないよ。

■『蜻蛉日記』は二十一年間の日記なんです。公開前提の日記形式というのが不思議なところ。物語ではないんです。だから臨場感があふれてます。兼家に伝わらない言葉を書き続けました。言葉で心が伝わるか、これが『源氏物語』の本質に大きな影響を与えています。

■紫式部は『蜻蛉日記』を読んでいます。紫式部の親友に弁の宰相の君がいます(『紫式部日記』の中で昼寝している美しい人)。この人は道綱母の孫です。

■『蜻蛉日記』が暗いと思ったり愚痴ばかりと思ったら、この人の計画にはまってますよ。道綱母は「伝わらない言葉」を書きたかったのです。ここは道綱の活躍を見て感激している場面でしょうか。道綱は弓矢が得意な、それも本番が得意なスポーツ少年でした。道綱十六歳。九七〇年。『蜻蛉日記』中巻。

■調伏。憑きものがついたのですね。水を入れているこのたらいは角盥(つのだらい)でしょうか。左右に取っ手がついているのが特徴ですね。(松崎天神縁起)#光る君へ

■公任(きんとう)さまと斉信(なりのぶ)さまがバチバチですね。公任さまの父上は声が小さい頼忠(よりただ)さまです。頼忠さまは歌人。なんと紫式部の伯父さん・為頼(ためより)は頼忠さまの歌会によく出てます。

■字が上手な行成(ゆきなり)さまが代筆した手紙なら、みんな欲しい!ですね。『枕草子』のなかには行成さまの手紙を取ってしまう定子さまなどが出てきますよね(一二七段〈餅餤が出てくる所〉、一三〇段〈夜をこめての段〉)。#光る君へ

■道綱というとダメンズという人もいるけど実資の言葉からですね。「わずかに自分の名字だけは書けるけど、それ以外は一も二も知らない人物である」(『小右記』九九七年七月五日)(僅かに名字を書き、一、二を知らざる者なり)。この日道綱は大納言になり、実資は中納言のまま。だから実資の「やつあたり」です。

■道綱は弓でビシバシ当てて、ついに勝ってしまったのです。弓の様子が刻一刻と道綱母の所にもたらされます。負けなかったので舞も披露(『蜻蛉日記』中巻)。絵は珍しい納蘇利の童舞の姿です。童舞の絵はほとんどありません。

■そして道綱は、舞がすばらしかったので、な、な、なんと円融天皇からご褒美として衣(「紅染単衣」)を貰ったのですよ。この話は『日本紀略』(九七〇年三月十五日)という歴史書にも書かれているのでした。すごい名誉。やったね!道綱!

■実は、兼家の一族というのは舞の一族だったのです(『九暦(きゅうれき)』九五七年十一月二十七日、『御堂関白記』一〇〇七年三月九日)。だから、兼家はこの道綱の栄光を一族の名誉として心から喜んでくれたのでした。道綱母もいつものグズグズとは違い、「うれしきこと、ものに似ず」という歓喜に包まれました。

■義懐は道綱母の弟・藤原長能(ながとう)と散る花を惜しみました(『拾遺和歌集』五四)。「我が身にかえて、分別もなく、花の散るのを惜しんだのですね。生きていれば、これから来る春もあるというのに」(身にかへてあやなく花を惜しむかな生けらばのちの春もこそあれ)でも、義懐たちには「のちの春」はやって来なかったのです。花山天皇の御代は二年足らずでした。花山院はどんな気持ちでこの歌を選んだのでしょうか。

| | | コメント (0)

蜻蛉日記がトレンドに!!

蜻蛉日記がトレンドに!!

おおおおおおおおお。

よかったね。道綱母。

Photo_20240204212501

| | | コメント (0)

早稲田のシンポ東京新聞夕刊2月3日「コンパス」に記事となる!

この間の早稲田のシンポ、東京新聞夕刊2月3日「コンパス」に記事と
なる!二〇一八年改定の学習指導要領にも触れ古文軽視を指摘。
「せっかくの平安ブームが出版業界だけでなく、教育現場も巻き込む大きなうねりになってほしい」と締めくくる。こういうことは学会内でのシンポも有効だが、なるべく外に向けて発信することが肝要と愚考する(失言)。

Photo_20240204160701

 

| | | コメント (0)

紙?(失言)

Kami

最近

アマゾンで

紙類

頼むと

どうなるか。

たくさんたのんでないのに、

すごく遅いのね。

いやな予感。

オイルショックか。

失言。

| | | コメント (0)

彰子(失言)

Photo_20240204140901

彰子は昔から人気ありましたよ。

失言。

 

| | | コメント (0)

角川サイト(カドブン)で連載はじめます!

■角川サイト(カドブン)で連載(大河ドラマを100倍楽しむ王朝辞典)はじめます!二週間に一度の割合で、和歌を使った人物紹介やライフ・オブ・平安について語りますね。平安人の「心の音色」を聴いていただけたらうれしいです(泣)。
(訂正)道兼自身が亡くなった時の歌にしても。→「。」を「、」。すいません。
https://kadobun.jp/serialstory/oucyojiten/entry-86050.html

 

 

| | | コメント (0)

半分終わった

半分終わった。

論文ね。ほっとした。

あとは宣伝文、今日の予習と

和泉の予習ね。

パジャマを着替えましょう。

 

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

5時頃バタバタ。


| | | コメント (0)

今日は睡眠不足で

きょうは、

睡眠不足で

クラクラ。

💫😵🌀


| | | コメント (0)

今日は

今日は嬉しい

ニュースが。

良かったね🐱


| | | コメント (0)

印刷は

印刷は明日ね。

プリンターが

動くかな。

🖨️やはり有線の方が……。


| | | コメント (0)

すごいですね

航空業界って

男性社会ですよね。

よくそこで頑張り抜きましたね。

すごいね。

| | | コメント (0)

日本航空、女性の新社長は活水出身!

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240117/k10014324321000.html

日本航空女性の新社長は活水出身!

さきほど武蔵野大学の先生に教えていただきました。

うれしいですね。女性で社長。すごいです!!

なつかしき活水、オランダ坂の上、海の見える研究室でした。

 

 

| | | コメント (0)

目がかゆい

目がかゆい。

おかしい。


| | | コメント (0)

トロいな。

とろい。

トロい。

ようやく来ましたね。

恵方巻き。


Dsc_09822_20240203140901

| | | コメント (0)

睡眠不足

ゴミ出しがはやく

睡眠不足。


| | | コメント (0)

特定記録?不愉快

まいなんばー

なんて誰が考えた。

特定記録。郵便局に行けだと。

郵便局に行けなくて五か所の学会

費を滞納してるんだぞ(威張るな)。

| | | コメント (0)

トロい

生協に恵方巻き

たのんだのに

まだ来てない。

トロい。

トロすぎる。

| | | コメント (0)

間に合わない

間に合わない。

腕が取れそうですね。

寒いな。

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

眠い。

ゴミ出しだ。


| | | コメント (0)

とろとろ

とろとろ

眠った。

採点やら何やら

雑務の夢見る。

それがないのは

いいなー。

でも太る。

カーブスでしかられた。

太りすぎね。

| | | コメント (0)

紙が不足

アマゾンに

頼むと

紙類が

なかなか来ないよ。

いよいよ

オイルショックか。


| | | コメント (0)

予告から

予告から。

やはり

舞いの話。

どうするか。


| | | コメント (0)

今のところ

今のところ

人物と

論文ですね。

一章(三分の二)

が終わるまでは

論文集中かな。

あっ、

大河の予習ですね。


| | | コメント (0)

あと十名

あと

十名は

書いとかないと。

誰にするかな。

| | | コメント (0)

部屋が

へやが

ようやく

暖かく

なってきた。


| | | コメント (0)

明日は

あしたは

というか

今日は

何を

するかな。


| | | コメント (0)

ドライヤー

ドライヤーを

さがすこと。


| | | コメント (0)

何もしない

なにも

しない

やつらが

ガタガタ

言っては

困りますね。


| | | コメント (0)

来週は

らいしゅうは

雪らしい。

困りましたね。


| | | コメント (0)

論文の

論文のはじめは

最後にぐちゃぐちゃ

になりますね。

| | | コメント (0)

今日は論文九枚のみ

今日は論文9枚のみ。

寒いからな。

寒いと上昇志向がなくなるね。

携帯のカバーはないそうです。

古い形なのね。

 

| | | コメント (0)

失言

アナール学派は、歴史のなかの出来事や人物に収斂することなく、

生活全般を視野の対象とする歴史学の方法。

ただなかなか文学分野では評価されにくい現状がある。

ぶっぶー。失言。

| | | コメント (0)

病院行くので薄着寒すぎ

病院行くので薄着

だったですね。

寒すぎ。

途中、伊勢丹で買って

着替えるのであった。

それでも寒いよん。

カーブスにも行った。

寒すぎ。

| | | コメント (0)

13日以降

13日以降

検査結果。


| | | コメント (0)

携帯の

携帯のカバー

を買いに行く。

寒いね。


| | | コメント (0)

クリーニング

クリーニング終わり。

病院。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

クリーニング

病院ですね。

| | | コメント (0)

眠い

ねむいね。

一行目が漢字にならないのよね。


| | | コメント (0)

今度

今度

大河登場人物ベストテン

やろっかな。

| | | コメント (0)

出したよ

こうせい

出したよ。


| | | コメント (0)

大変

たいへん。

携帯で見たら

資料だけ。

私の原稿ゲラがない。

あちこち当たり散らす。

ひえー。

コンピューターのメールには入っていた。

謝ったら、

明日の朝までにゲラを

戻して、と言われました。

どひゃー!

| | | コメント (0)

データベース

データベース

なかなか難しいね。

川村裕子

眠い。


| | | コメント (0)

データベースが

データベースが

なかなか

できないね。

幾種類かのデータに分けること。

 

| | | コメント (0)

三越のハネ

三越は和服屋さんでした。

和服が売れるのは七五三。

それで「越」のハネは七つ、五つ、三つ

になってます。

筆で書く文字、つまり変体仮名を

知っていればこのような

企業秘密もわかるのだ。

古典不要論をぶっとばせ!

Photo_20240201112201

 

| | | コメント (0)

打球?猫?品定め?

今週は源氏取りがあるのか?

どうだろうか。

| | | コメント (0)

倫子の歌がみつからない

倫子の歌がみつからない。

ひー。

困った時の『御堂関白集』。

| | | コメント (0)

取材おわり

取材終わりました。

あとは、硯の用例ですね。

 

| | | コメント (0)

memo

  • コートを伊勢丹に取りに行くこと。
  • 打球
  • 『蜻蛉日記』硯の用例
  • 道綱の舞
  • 日本紀略……済
  • カーブスに行くこと。
  • 薬を飲むこと。

 

| | | コメント (0)

あと四人

あと四人メモ。

書いて送る。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

にほんきりゃく。

蜻蛉硯まとめ。

打球。

今日は取材ですね。


| | | コメント (0)

限度額

限度額

申請書を

市役所に取りに行く。

昼はバイキングでした。

食べ過ぎ。

もどってから調べもの。

それから糖尿病の検査

でした。

夜はツイッター。

明日は取材はいります。


| | | コメント (0)

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »