« 眠いね | トップページ | 奇跡的順位 »

『ビギナーズ・クラシックス拾遺和歌集』のこだわり。川村裕子


『ビギナーズ・クラシックス拾遺和歌集』のこだわり。川村裕子

1、和歌の詠作事情や歌人についての説明は極力少なくすること。
それよりも、その歌の「どこがおもしろいか」を伝えること。
→語彙力がないと伝えられない。
そのため、言葉集めから始めました。大変でございました。
→自分で自分の首を絞めました。

2、引歌、参考歌を訳ナシのまま羅列しない。
→引歌、参考歌が原文のままわかれば、なにも『拾遺和歌集』の注釈や現代語訳を
つける必要はないです。
→説明のなかの散文と和歌にすべて訳を付けることになりました。
大変でございました。
→自分で自分の首を絞めました。

3、なるべく説明を和歌だけではなく散文の例に飛ばすこと。
→辞書ではわからない言葉のイメージを伝えるため。
→これは影響関係指定、詠作年次指定のためではありません。時代の持ってるイメージの抽出です。
→そのためなるべくみんなが知っている普遍性のある作品を使います。
→ジャパンナレッジなどで言葉だけ引くのは不可。
→ひたすら作品の頁をめくることになりました。
大変でございました。
→自分で自分の首を絞めました。

| |

« 眠いね | トップページ | 奇跡的順位 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 眠いね | トップページ | 奇跡的順位 »