« 動画―草なぎ君の記者会見 | トップページ | うつろひ菊 »

たけしさん、国分太一さんに提出した文付枝(ふみつけえだ)

PhotoPhoto_5 

「たけしのニッポンのミカタ!」で

放映された文付枝たち。桜襲(さくらがさね)の

文付枝(ふみつけえだ)三種。

(クリックすると大きくなります)

都合、三回作りました。苦労したのは

植物を買い求めること(梅を出したかったのですが

もう終わっていました)、和紙を結ぶこと、そして、

色で「白色」を出すことでした。桜襲がなぜ

緑系、もしくは青系なのかわかりました。

普通の白を重ねても茶色系になってしまうんです。

昔の桜は白。下地に色をひかないとはっきり

写らない白。微妙な色です。

まんなかは紅系(蘇芳に近い)+白色の桜襲。

下はひねり文風。

Photo_3

★榊の文付枝(クリックすると大きくなります)

スタジオ収録の前日。夜中にテレビ局の方が

取りに来てくださいました。とても熱意ある

方々でした。

でも、花は生花、そして切ったの

でより命が短く・・・・・・。水も付けられず(和紙が駄目になるので)

大変でした。

意外なことに、当日、榊の文付枝が枯れてしまった、

という連絡が携帯に。御息所の怨霊でせうか。

神様の植物、おごそかな榊に付けられた

手紙。その格式ばった文付枝のなかに、光源氏と六条御息所の

哀しみがそっとこぼれ落ちているようです。

→『王朝の恋の手紙たち』

Photo_4

★山吹の文付枝

クリックすると大きくなります。

山吹は花びらが散ってしまうので没となりました。

だから花びらをくるんだのでせうか。→言はで思ふぞ(『枕草子』)

三月収録なので人文学部最後(最期)の大仕事。

花屋さんを何軒もまわり、和紙を買い求め・・・・・・。

『蜻蛉日記』(かげろうにっき)の書陵部本(しょりょうぶぼん)

も映りました!「こころ」と「ころ」で問題になるところ。

すごくきれいに映りました。現代語訳も大きく映りました。道綱母、見てますか―。

『蜻蛉日記』、あまり読まれず、ごめん・・・・・・。

| |

« 動画―草なぎ君の記者会見 | トップページ | うつろひ菊 »

学問・資格」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たけしさん、国分太一さんに提出した文付枝(ふみつけえだ):

« 動画―草なぎ君の記者会見 | トップページ | うつろひ菊 »