そうか

Photo_20240301202901


| | | コメント (0)

おすすめ本―『谷崎源氏の基礎的研究』(大津直子、武蔵野書院)

大著。

谷崎源氏と時代の波。

谷崎のエネルギーがのりうつってますね。

ツイッターでは社会学者や翻訳の大家が

いいねをつけてくれました。

このような広がりは大切なことだと思います。

Photo_20240302192601

| | | コメント (0)

いつもツイッターばかりに

いつも

ツイッターばかりに

なりますね。

写真が入らないのね。

 

| | | コメント (0)

昔、畏れ多くも早稲田の入試問題に採用された。

畏れ多くも早稲田の入試問題に採用された。

■2007年度早稲田大学商学部九月入試→川村裕子「貴族生活と物語」(『和歌と貴族の世界』所収、塙書房、2007年)この本、和歌文からの依頼。平野先生、小川剛生さん、浅田さんたちとご一緒。そうか、論文って融合問題になるんだ。さすが早稲田!

あらららららら、大和で書いてますね。

 

| | | コメント (0)

最近のおすすめ本

★おすすめ本――『古典教育をオーバーホールする』(菊野雅之、文学通信)。今だからこそ読みたい本。古典教育を歴史的に捉え、また教材研究についても詳述。教育史と教材論が噛み合って厚みのある音色を響かせています。特に第二部の教材研究は研究の糸口を示唆して有益。明快な思考を下敷きとするすがすがしい文体が胸を打つ。
菊野先生はこの間の早稲田シンポの主催者です!

★おすすめ本――『傷だらけの光源氏』(大塚ひかり、辰巳出版)。『源氏物語』の登場人物。そこに描かれるリアルな姿を追求。特に夕顔の音の描写、大君の貧乏の様子、末摘花が描かれた理由などがすばらしい。源氏を読み込んでいる筆者の目線は新しく、そして詳細!おすすめです!! 

| | | コメント (0)

ツイッターで受けた記事

【今日の失態】メイクがあると聞いて、ギラギラになるかな、と思ったら「今のお化粧をおさえめにさせていただきます」と言われました!うっ。いつも化粧すごいのだ。近江の心地なむしける。

これがすごく受けてます。

メイクでは、

ツケマツケビッチザワノフスカヤにしていただけるかと思ってました。

和田アキ子さんみたいにね。

今、はやらないのかな。

ザワノフスカヤ。

| | | コメント (0)

今日は

きょうは、

校正一つ。

郵便物二つのみ。

お手紙書いた。

あと、本の感想書いた。


| | | コメント (0)

揺れ

こんなに揺れて

ダイジョブか。

ひどすぎ

| | | コメント (0)

三月だ

さんがつだ。


| | | コメント (0)

失言

テレビ局に送った資料。→ご質問にこたえて。

自分の発言の削除要求も出しましたね。

★後妻打ちについては
→(『平安貴族の結婚・愛情・性愛』 増田繁夫/著 青簡舎 2009.10)
(八七頁~九四頁)が詳細でした。
→なお、増田さんは『蜻蛉日記』も出してますがこれはやや難。時姫をうわなりうちにするのはちょっと難しいかも。

ただ結論は正しいと思います。
→「多妻制社会においては、こうした妻たちの対抗意識は日常的なものであった。妻たちは、一般によくいわれるように、夫の「愛情」といったあやふやなものを第一に求めていたわけではなかった。自己の妻としての地位は、そのままに社会の構成員としての自己のアイデンティティを示すものであったから、何よりも自己の社会的地位としての「妻の座」こそが第一義の関心事だったのである」

……うわなりうちの用例……
■寛弘七年二月十八日(『権記』)
→『史料纂集 権記』(二三四頁)
■長和元年二月二十五日(『御堂関白記』)
→『大日本古記録 御堂関白記』中(一四〇頁)

輔親、なにやってんの?これ、拾遺集歌人の輔親ね。よほど変なことしたか、妻にした蔵命婦の人格がきつかったか。二回のうわなりうちの元凶ですかね。この蔵命婦はお産婆さんとして有名(『「源氏物語」の時代を生きた女性たち』(服藤早苗、NHK出版、八八頁)でした。彰子の出産にもたちあって、道長のむすめたちの出産にもたちあっているということです。

だからあなどれない。一般普及はあなどれない。

失言するところでしたね。

 

| | | コメント (0)

国営放送 部屋

Photo_20240229215601

| | | コメント (0)

鍵国営放送

Photo_20240229215401 

鍵鍵鍵鍵鍵

| | | コメント (0)

いやー疲れたぴ

疲れましたね。

はらはらどきどき。

暗記はできないからね。

まあまあ、受け答えはできたかな。

おおおおお、すごい。

委細後日ね。

隣の部屋に100分で名著の人がいた。

| | | コメント (0)

国営放送NHK

Dsc_10472

遅いな✨

NHK

にお呼ばれしました。

疲れたピ。

 

 

| | | コメント (0)

縁語につきまして

縁語の特徴は重層性と統一感。同じ種類の言葉は+ではなくかけ算で
頭のなかに残ります。ビギクラ拾遺和歌集の「はじめに」(3~4頁)。
→華麗な平安のハーモニー/きらめくメロディ/和歌のリズム/オルゴール
/キラキラ響く王朝の音色
→1頁半を音楽の縁語で書いてみました。大変でした。1頁半で

一ヶ月かかりました。

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

今日ははやいのね。

ビックイベントあります。

👀‼️何かな?

お楽しみにね🐱

| | | コメント (0)

さむいじゃないか

さむいじゃないか。

ピューピューでしたね。

ジムにも行ったよ。

あとは伊勢丹ね。

夕飯買いましたよ。

今日はともだちの講座を聴くんだ。

| | | コメント (0)

グラタン

グラタン。

Dsc_10432

@SOMETHING。

校正来たね。はやく帰ろ。

 

 

 

| | | コメント (0)

メガネ

メガネ直そうね。

腕がとれそう。

ちょこっとカーブスに

行った。

よれよれ。


| | | コメント (0)

シャワー

shower

 

| | | コメント (0)

字が溶けた論文

Dsc_10422

字が溶けた論文。

何とかするね。

 

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

靴。

| | | コメント (0)

おお、

おおお、原稿が集まった。

すごい。

すごくないか。


| | | コメント (0)

靴や

くつや

さんに

行きますね。

足痛い。


| | | コメント (0)

病院行きましたよ

今日は病院の日でしたね。

寒かったね。

明日もはやいね。

明日は水曜日だ。

 

| | | コメント (0)

バタバタ

バタバタ終わりました。

今日はかぜがひどくて

ころびました。

こわいよ。

| | | コメント (0)

風でころんだのね

かぜで

ころんだのね

| | | コメント (0)

転びそう

かぜで

転びそう。

怖い。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

お腹空いた。

| | | コメント (0)

なかなか

なかなか

大変でしたね。

市役所ね。



| | | コメント (0)

なかなか

なかなか

大変でしたね、

市役所ね。



| | | コメント (0)

6刷りになりました!

Skm_c250i24022621360

| | | コメント (0)

最終通達

論集の玉稿はいかがでしょうか。実は現在頁数の割り振りをしております。三月からは製本の段階になります。みなさま校了に入りました。というわけで、御進捗状況で、もしも二月末日までの御原稿が難しい場合は、すいませんが、玉稿の方をご放念下さいませ。大変失礼なことを申し上げて、申し訳ございません。十二月十五日〆切りで、だいぶ日にちがたってしまいました。こちらの窮状をお察し下さいますれば、幸甚でございます。川村 裕子

| | | コメント (0)

なんでなんで

きのうの

生協の夕飯と

変わらない値段。

ランチプレート。


| | | コメント (0)

Tripart_0001_burst20240226122857152_cove

蓮の箸置き。

はちすのつゆとわれぞ

けぬべき

何のために兼家は

蓮のみを持ってきたか。

諸説乱立。


| | | コメント (0)

花山天皇の歌

★哀しくもせつない花山天皇の歌。#光る君へ「世間の人々よりつらい思いを抱えているからだろうか。雁の涙が私の袖をびっしょりと濡らし続けているのは」(なべて世の人より物を思へばや雁の涙の袖に露けき)(弘徽殿の女御が亡くなった秋、雁が鳴いているのをお聞きになって→『続千載和歌集』二二一八)寛和元年七月十八日弘徽殿没。

| | | コメント (0)

花山帝

かざん帝

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

寒いかな。

シャワー。


| | | コメント (0)

まだくるか道兼は悪い奴

まだくるか

道兼は悪い奴。

実在とドラマは違う。

ばかか。

| | | コメント (0)

第八回目大河ドラマを100倍楽しむ方法(ポストまとめ)

第八回大河


■道長には弓がつきものですね。大鏡を思い出しますか。道綱も負けそうなチームを
優勝にみちびくほど弓が上手。勝負運のメンタルが強い一族ですね。#光る君へ

■えっ紫式部が御簾上げるの?サービス。#光る君へ

■雅信パパは倫子さまを本当は一条天皇の所に入れたかったんですね。でも、倫子さまは打毬(だきゅう)の時に道長に一目惚れですかね。柏木の逆バージョンかな。小麻呂を抱いたまま立ってる倫子。#光る君へ

■赤染は賢母かもしれないが良妻ではありませんね。モテモテ。道綱とも噂になってます。#光る君へ

■倫子(黒木華)さまはチークが他の人よりも濃いですねえ。赤い。お肌もツヤツヤ。健康的に見えますね。四十四歳の時に最後の出産、そして九十歳で大往生!おめでとう!
#光る君へ

■倫子と道長を応援したのが倫子ママの穆子(ぼくし)(石野真子)といわれています。穆子は朝忠(あさただ)という有名な歌人の娘でした。朝忠は百人一首に入っている(「逢ふことの絶えてしなくはなかなかに人をも身をも恨みざらまし」)(『拾遺和歌集』恋一、六七八)が有名ですね。#光る君へ→「朝忠達の交遊―延喜九年(九○九)~天慶九年(九四六)―」(川村裕子、和歌文学研究五十、一九八五年四月)

■病気の時の読経。物怪がついて病気になると思われてました。物怪調伏。憑坐(よりまし)に霊をうつしました。ここでは弘徽殿女御でした。花山の寵愛を受けた女子。
紐女子ですね。
#光る君へ

■兼家は病気でしょうか。実際は本年九八六年の十月十日には円融院の大井川の行幸に参加してますね。「兼家参仕」(『日本紀略』)。ここでは詩や歌が詠まれました(『百錬抄』「賦詩詠歌」)。→『蜻蛉日記の表現と和歌』(川村裕子、笠間書院、二四九頁)#光る君へ

■強いぞ詮子。自立した。#光る君へ

■藤原惟規は馬鹿ではありません。和歌はすごく上手。#光る君へ
→『惟規集評釈』(池田和臣・徳武陽子、青簡舎、二〇一七年)参照。

■道兼はDVを受けていたのか。評価依存とDV。現代社会の重い問題が投影されていますね。シナリオは文学。#光る君へ

■またまひろの家がボロボロ→築地に注目#光る君へ
こういう細部にまで心遣いが。ぼろぼろといえば
伊勢物語ですね。

■あー、道兼が来た。#光る君へ

■がまんして琵琶を弾くまひろ。琵琶は四絃といわれています。撥は水牛の角(つの)または黄楊(つげ)で作ったということです。琵琶では、無名の琵琶が有名かな。名器といわれている琵琶で『枕草子』に出てきますね。#光る君へ

■あと、琵琶で有名なのは、正倉院の螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)
ですね。らでんの輝きがステキですね。#光る君へ
https://www.kunaicho.go.jp/kids/shosoin/houmotu.html

■道兼は兼家にコントロールされている。コントロールされた人は他人をコントロールしようとする。そして、他人が自分の思い通りにならないと切れる。偶然を偶然と書かないのがドラマツルギーの鉄則ですね。

■琵琶で口説くのはダンディ資通。『更級日記』。「あの時雨の降る夜のような時に、ぜひ知っている限りの琵琶の曲を全部弾いてお聞かせしたいのです」この人、さらちゃんが結婚してから日記に出てきます。なぜかな。なぜだろう。考えてみてね。
#光る君へ

■琵琶で、はずせないのは『源氏物語』の橋姫巻。薫が二人の姉妹をチラ見します。そこで堅物の薫が恋におちるのでした。「内側の姫君は、一人は柱に少し隠れていて、琵琶を前に置いて撥を手でもてあそびながら坐っていました」→撥で月をまねく、と言ったのは大君(諸説有)。琵琶の撥ですね。箏(そうのこと=今のお琴)に前かがみになっているのが中君(諸説有)。→『はじめての王朝文化辞典』の370頁を見てね。#光る君へ

★今週の参考文献#光る君へ

■『紫式部伝』(上原作和、勉誠社)■『御堂関白集全釈』(平野由紀子、風間書房)■『平安朝歌合大成二』(萩谷朴、同朋舎)■『大日本史料第一編之二十四 花山天皇』(東京大學史料編纂所)■朝忠は穆子(石野真子)の父「朝忠達の交遊―延喜九年(九○九)~天慶九年(九四六)―」(川村裕子、和歌文学研究五十、一九八五年四月)■『ビギナーズクラシックス拾遺和歌集』(川村裕子、角川ソフィア文庫)■『はじめての王朝文化辞典』(川村裕子、角川ソフィア文庫)■『惟規集評釈』(池田和臣・徳武陽子、青簡舎)■『蜻蛉日記の表現と和歌』(川村裕子、笠間書院)

| | | コメント (0)

琵琶

https://artexhibition.jp/topics/news/20240220-AEJ1877750/

琵琶ですね。

| | | コメント (0)

読むべき本

よむべき本

今日の購入本。『往生要集入門』(石田瑞麿、講談社学術文庫)二月出版。往生要集は九八五年成立。今の大河と同年。花山院、年号、栄花物語にチェックをつけるべし。

| | | コメント (0)

今日は

きょうは

💤ね😭😭

眠いね

ダウン。


| | | コメント (0)

美容院

これから

ズームですね。


| | | コメント (0)

ツイッターの住所

https://twitter.com/kagekageko

ツイッターの住所です。

眠いね。

| | | コメント (0)

ブログが

ブログが変。

写真が入らないね。

だからツイッターになるのね。

 

| | | コメント (0)

桜の

さくらの

ボールペン。

校正終わるたんびに

何か買う。

破産だ。

 

Dsc_10382

| | | コメント (0)

これはなんとも

Mikado

帝のいる香炉峰。

珍しい絵ですね。

童心社の仕事でみつけました。

めずらしいですね。

| | | コメント (0)

今日は隣町に行った

今日は隣町に行きました。

ううう、寒くなりました。

歩いたよーん。

一万二千歩でした。

大宮三省堂すごい。隣町のことを悪く言えない。

Photo_20240224175901

| | | コメント (0)

後輩が

立教の後輩が日記文学を研究したい、

ということで送ってくれました。

うれしいですね!

 

 

Photo_20240224095401

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

論文まとめかな。

どうかな。


| | | コメント (0)

今日二つめの原稿だした

大至急だした。

あしたからまた

論文まとめか人物書きね。

どこからかな。

 

| | | コメント (0)

寒いね

ほしのに

行きました。

寒いね。


| | | コメント (0)

終わったと思ったら

論文一つ終わったと思ったら

再校が来た。最高。

注が多い論文は嫌いだ、

といいつつ注が多いな。

注は最後の最後まで本文から

出してはいけない。

絶対に順番がぐちゃぐちゃになるのでね。

 

| | | コメント (0)

さくら

Dsc_10302

写真が大きいかな。


| | | コメント (0)

講座

Photo_20240223084501

これは終わったかな。


| | | コメント (0)

お菓子

Dsc_1027

星乃珈琲。

お菓子です。


| | | コメント (0)

今日は一つ

今日は一つ

何とかですね。

終わらせたいですね。


| | | コメント (0)

雨だと

雨だときついかな。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

大宮に行けるかな。

靴ね。


| | | コメント (0)

今日は一つだけ提出

今日は一つだけ提出でした。

寒いね。

| | | コメント (0)

昔のシルビィたち

 

 

Mari_20240222211401

ちいさいころのまりとシルビィ。

まりの方が疲れてますね。

今は一日中シルビィがまりを

さがして鳴いてます。

まりは空に旅立ったのね。

 

| | | コメント (0)

寒いけど

さむいけど

外にでました。

暖房で空気が

悪くなりますね。


| | | コメント (0)

失言しないようにね。

しつげん

しないようにね。

後、半分書くこと。

これは音楽のことですね。

といっても楽器の

ことではないです。


| | | コメント (0)

成績つけ

せいせきつけ

遅れる夢見る。

もうないんだ。

よかったー。


| | | コメント (0)

最近は

さいきんは

ツイッターばかりで

ブログ少ないね。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

寒いね。

今日は誕生日でしたね。

やることたくさんですね。


| | | コメント (0)

誕生日だ

Screenshot_20240222082533

誕生日だ。

| | | コメント (0)

昨日は

きのうは、

暖かい。

今日は

寒いね。


| | | コメント (0)

こわすぎドコモショップ

こわすぎ

ドコモショップ。

充電器下さい、とスマホを見せながら言ったら「何の充電器ですか」と聞かれた。言い返そうと思って顔を見たら目が完全に死んでいた。こわいので出てきた。

| | | コメント (0)

寒すぎる。

寒すぎる。

買物行こう。

寒いね。

どれもって行こうかね。

 

| | | コメント (0)

道長

道長の年齢。


| | | コメント (0)

あれ

あれ。

原稿が集まってない。

れれれ。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

ともかく二つまとめましょう。

| | | コメント (0)

すごく暑いね

あしたは寒いとか。

いやですね😭

Dsc_1027

写真が大きいかな。

星乃珈琲ですね。

 

| | | コメント (0)

紀伊國屋

きのくにや

行くこと。

写真ね。


| | | コメント (0)

忘れ物が

わすれものが

ほんとひどい。


| | | コメント (0)

ドライヤー

ドライヤー買うか。

さがすジカンナイヨ。

ウオークマンもどこかいった。

お腹空いた。

| | | コメント (0)

病院到着

病院到着!

暖かい。

忘れ物した。


| | | コメント (0)

最近は

最近は

ツイッターの

方が

多いね。

| | | コメント (0)

意見

蜻蛉日記で

意見された。

良い度胸だね。

ツイッター。

| | | コメント (0)

岩波ベストテン

Eee_20240219102401

岩波ベストテンです。

三冊並びました。ありがとうございます(泣)。

 

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️

ゴミ出し。

ハヤクハヤク。


| | | コメント (0)

予測がつかない予習

予測がつかない予習は

大変ですね。

一週間また大変だ。

| | | コメント (0)

二回目連載。カドブン。道綱です。

https://kadobun.jp/serialstory/oucyojiten/

カドブン 

連載二回目でした。

ツイッター書いていて忘れた。

 

| | | コメント (0)

★第七回目大河ドラマを100倍楽しむ方法(ポストまとめ)

★第七回目大河ドラマを100倍楽しむ方法(ポストまとめ)


■若い頃、道長はいつも矢を背負ってますが、これは武官姿ですね。おいかけ(顔の左右、ひらひら)が目立ちますね。武官姿がステキなのは『源氏物語』の鬚黒でした。
#光る君へ

■「やなぐい」というのは、矢を入れて背に負う武具です。扇みたいに広がって矢が一本一本見える感じ。矢の数は三十本ぐらいといわれています。(★『衛府官装束抄』)(★『衛府官装束抄』『続群書類従』第十一輯下 公事部装束部、996頁)
#光る君へ

■道長は弓矢で有名。『大鏡』に次々と矢をあてた話が出てきますね。→これについては『平安男子の元気な!生活』を見てね。道綱も矢が超得意。兼家さまの息子たちは弓矢が強かったのかな。弓はすぐに勝敗がつくから大変ですね。#光る君へ

■宿直というのは今のしゅくちょく。午前中は上日(じょうじつ)といいました。これが一か月に二十日以上。そして昼から引き続き「宿直」とよばれるものがあったんですよ。宿直は、今と同じ、泊まりの勤務。上日(じょうじつ)が一月(ひとつき)に二十日以上、宿直付きのワンセットは七日といわれているんです。ブラックですね。
#光る君へ

■気の弱い兼家さま。まるで『蜻蛉日記』に出てくる病気の時のようですね。(『蜻蛉日記』上巻、兼家三十八歳、道綱母三十一歳)この時は帰る道綱母をじっと見てましたね。#光る君へ

■兼家さまは道綱母の家に引き取った養女と詮子。二人を一緒に成人式させよう、と言ってます(『蜻蛉日記』下巻)。これってすごいことですね。養女は詮子さまと同格扱い。もちろん「妃がね」。でもね。養女は×だったのです。#光る君へ

■実資が道綱のことを悪くいう言い始め「僅かに名字を書き、一、二を知らざる者なり」は九九七年七月五日。でも実は、この日、道綱は大納言になって実資は中納言のまま。やつあたり。「一文不通」はもっと後(一〇一九年)です。寛仁三年(一〇一九年)六月十五日の記事です。なぜか「一文不通」ばかり書かれる。#光る君へ

■実資の蹴鞠は予告ですか。#光る君へ

■王朝の手紙は文使いがはこぶので、どこかに行ってしまうことが多いのでした。
#光る君へ

■邪魔しちゃった。#光る君へ

■花山天皇は為時のことを信頼しています(『花山院の生涯』)
#光る君へ

■斉信と清少納言ですね。#光る君へ

■打毬(だきゅう)は、二組に分れて、庭上に投げられた球を、馬上で打つわけですね。相手の陣地に入れた方が勝ち。ペルシャ起源。「まりうち」とも。また五月に開催されたという説もあります(一月という説も)。四人舞の打毬楽の方が有名かな。鞠をうつしぐさがあります。#光る君へ

■(新)みつけた!打毬の記録→九八六年六月六日の記録が時代的にとても近い。花山帝の御代なので。「打毬二番」(『日本紀略』)。円融院が仁和寺で主催した競馬の時。道長がいた確率は高い。この十七日後の二十三日「天皇密々出禁中」。花山出家。#光る君へ

■雨夜の品定め。『源氏物語』の帚木にでてくるボーイズトークですね。式部丞(しきぶのじょう)の話。ここでは博士の娘が出てきます。その女性は「漢文を書き上げる」と書いてあり、これは褒め言葉となってます。最後のにんにく(薬の匂い)の話はみんなが「ウッソー」(そらごと)と言ったのでした。#光る君へ

■まひろは4Fから自分の悪口を聞いてしまうのでした。これは源氏取りですね。
また猫が出てくるのもね。蹴鞠の時にでてくるのは有名。#光る君へ

■「雨夜の品定め」は『為信集(ためのぶしゅう)』にもちらっと出てきます。この家集はまひろの殺された母のお父さん、つまりまひろのおじいちゃんの家集と言われてます。だから『為信集』が源氏物語に影響を与えた、という説が強いです。ただ最近為信別人説も出てきたみたいですよ。和歌の研究はミステリアス!#光る君へ

■実資さま、これ以上道綱の悪口を言ったら、これを文春砲に送りますよ。
衣の数を数えているなどという言い訳は通じない!
敦成親王五十日の祝いの宴会(『紫式部日記絵詞』)

 

| | | コメント (0)

最近は

最近はツイッターの

方が多くなりました。

写真がね。

入らないのね。

大きすぎて。


| | | コメント (0)

今日の

今日の仕事

登場人物の整理。

大変だ~。

ぐちゃぐちゃになって

ますね。

 

| | | コメント (0)

★たらればさんのおすすめ本に平安男子!が

★たらればさんのおすすめ本に平安男子!が

朝日新聞withnews編集長水野梓さんがまとめた記事です。
なお、書名をクリックするとアマゾンに飛びます。
おすすめ本のトップにあげていただきました!ありがたいです!
たらればさんは最近「波」(新潮)にも角川のサイトにも
書評を書いていらっしゃいます。


https://withnews.jp/article/f0240218000qq000000000000000W02c10501qq000026632A

■大河ドラマ「光る君へ」深掘りしたい人へ たらればさんのおすすめ本

★そこで、「もっと源氏物語や当時のことを知りたい!」と思う人へ、おすすめの本を紹介してもらいました。

平安時代の貴族の生活から深掘りしたいのであれば、国文学者の川村裕子さんの『平安男子の元気な!生活』(岩波ジュニア新書)がおすすめとのこと。

藤原行成の1日を通して、この時代の公家の人たちのライフカルチャーが平易に分かりやすく紹介されています。

「彼らが何時ぐらいに起きていたか、どういう食事をとっていたか、なぜああいう服を着ているのか、ドラマの細かいことにも目線が行き届くようになりますよ。とっても分かりやすい副読本です」とおすすめします。

平安男子の元気な!生活(岩波ジュニア新書)

★そしてインタビューアー水野梓さんの言葉として
(水野さんは朝日新聞withnews編集長)

★大河ドラマ「#光る君へ」たらればさん
@tarareba722
スペース採録記事。
今週は、よりドラマを楽しめる「おすすめ本」を紹介してもらいました
わたしはまず「平安男子の元気な!生活」「紫式部と王朝文化のモノを読み解く」を読もうと思ってます

 

| | | コメント (0)

プリントつくり。

プリントつくりかな。

紫の新説さがす。


| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

おはようございます☀️🙋‍♀️❗️


| | | コメント (0)

捨てる神あれば

捨てる神あれば

拾う神あり。

ですね。

 

| | | コメント (0)

校正提出

校正提出。

今ごはんだよ。

夜は打ち合わせ。


| | | コメント (0)

声が

声が大きい人たち、

帰ったかな。

と思ったら隣がうるさい。

⚡️👂️⚡️


| | | コメント (0)

にぎやか

こーひーかん

にぎやか。

Horizon_0001_burst20240217152709809_cove

写真が大きいかな。


| | | コメント (0)

校正二つ目おわり

校正二つ目おわり。

あとは論文読みですね。

あと校正を書き込みね。

 

| | | コメント (0)

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます

☀️🙋‍♀️❗️おはようございます。

校正しないとね。


| | | コメント (0)

シンポの失言シリーズ

フリガナふるのは大変なんですよ。

川村さん、フリガナふってばかじゃないの、

といつも言われるけどね。(失言)ぶっぶー。

| | | コメント (0)

ブログが書けないのは 写真が入らないせい

ブログは写真が入らない。

書きにくいね。

ちっ。

| | | コメント (0)

いやなこともあったけど

今日はいやなこともあったけど

まあまあですね。

もう打合せは限界か。

どうだろか。

 

| | | コメント (0)

«ここから呼び出し